3/26・映画「チアダン」

8:15映画館に着き、「チア・ダン」のチケットを購入し劇場に入ります。
前回観た映画の予告編で、広瀬すずさん主演なので観に行きたいと思っていましたが、ロードショー終盤でやっと観に来れました。
福井県の高校リアダンス部が、全米チアダンス選手権で初優勝した実話に基づいた映画です。
これ、ニュースで見たことがあります。

大学の時、中央芝生で、応援団総部・リアリーダー部がよく練習していました。
アメリカンフットボール部の試合を応援に行くと、チアリーダーがいつも応援しており、その演技が始まると、そっちばかり観ていました。
というより、半分以上そっちを見る目的で、試合に行っていたのかも・・・
同学年に可愛い子がいて、高校のアメリカンフットボール部同級生の彼女だったけど、その子メインに見ていました。
卒業後、そいつの嫁さんになりました。

大学生になった時、アイススケート女子部員に、あの超ミニコスチュームで勧誘され、スケート部に入ろうかと考えたこともあります。
世の男性同様、ああいう衣装に超弱いです。

中学でいいなと思ってた男の子と同じ高校に進学し、彼のサッカー部の国立競技場での全国高校選手権を応援したいというのが動機で入部しましたが、この年にバトン部から変えたチアダンス部の顧問先生が熱血先生で、先輩が全員退部してしまいました。
指導に反発を覚えながら、部員が激減したり、友情で増やしたりしながら、3年生の時初めて福井県で優勝し、全国大会でも優勝し、全米選手権の出場権を得ます。

そんな体育会系チアダンス部の奮闘を描くものですが、スポ根物とは描き方が違い、コスチュームも可愛いし、広瀬すずさんはじめ出演者も可愛く、楽しく観させていただきました。
頑張りが健気で、応援したくなり、感動屋の僕の頬を何度も涙が伝いました。
星3つの秀作でした。

最後の全米選手権の予選・決勝場面を見ていて、「スポーツでハイになってる」感じがよく出ていました。
嫌々ながらテスト勉強していても、乗ってくると集中し出しハイな気分になり、1~2時間脇目も振らずに集中できる時があります。

スポーツでも同じで、辛いな~しんどいな~もう限界と思いながら、あと少しあと少しと練習を続けていると、グーンと集中してしまい、全く疲れなくなるスポーツハイの状態に突入することがあります。

僕も大学ヨット部時代に何度も体験しました。
強風・大波で体は疲れているはずなのに、グーンとレースに集中してしまい、相手艇の動きや考えていることが鮮明に見えだし、意識せずに勝手に体が動き、自艇が恐ろしく速くなる時があります。

一種のトランス状態なんだろうと思うし、「火事場の馬鹿力」もこういう状態なんだろうと想像出来ます。
僕の場合、満腹だとダメなので、朝食は取りますが、レースの合間に取る昼食はいつも抜いていました。

レースでトランス状態になると、もう負ける気がしなくなり、フィニッシュしても半トランス状態なので、次のレースでもそれが持続し、スタートを少々失敗しても「どうせトップに立てるわ」とレースを俯瞰的に、上から目線で見れるようになり、やること成すこと当たりばかりで、一旦トップに立つと2位以下との差は離れるばかりになります。

この映画を見ならが、選手達がそんなチアダンス・ハイ状態になったのではないかと想像しちゃいました。
練習を山のようにして、ヘトヘトに疲れた状態になったところに更に練習を重ねると、次の手順など頭で考えるんじゃなく、頭とは切り離された状態で身体だけが勝手に動き出し、もう音楽に合わせた自分だけのハイな世界に入り、選手みんながその状態になると、全員の演技が揃います。

可愛い女の子達の映画でしたが、スポーツを感じました。
それもあって、涙でボロボロになっちゃいました。
家内もとても良かったようです。

お客さんは女子中高生が多く、予告編中はざわついていたのに、本編上映が始まると映画に集中しちゃって、エンドロールの時でも誰一人立たず、音もせずスクリーン・ハイになったんじゃないかと思うほど、観客が一体になってる感じが伝わってきました。
シーン展開が早めで、くどく説明するような台詞がなく、若者に合わせた作り手の上手さも感じました。

朝8:30と夜18:30の2回上映というロードショー終盤ですが、お客さんはそれなりに入っており、次週も続くのではないかと思いました。


3/26・アドレスV125に、初めて台湾ユアサ

家内もお休みで、のんびりした休日を過ごしました。
うちの車キャラバンワゴンの2座席目の手動スライドウインドーのロックが利かなくなったので、前日日産に電話し、その修理で11時ぐらいに行く予定でした。
もう一つ、家内のバイクのバッテリー交換をする予定でした。
そして、前日の夜家内と約束した映画8:30上映開始を観に行きます。

いつものように朝4時に目を覚ましゴソゴソし、6時から行動開始しました。
まずは家内のバイク「アドレスV125」のバッテリー交換です。
台湾YUASAのバッテリーを、ネット購入しました。
車もバイクも皆「GSユアサ」だったのですが、昨年車を日立に変えました。
今度は、バイクバッテリーを半額の台湾製に変えてみます。

昼休みが短くなったので、昼休み中にバイクワールドに行き、交換してもらうことが出来なくなったからです。
事前充電までされているものもありますが、あえて濃硫酸別の物を購入しました。
シールドバッテリー・YTX7A-BS。
前日・土曜日の朝、説明書に従って濃硫酸を注入し、1時間反応させました。

その間家内のPCの不要メールなど要らないものを削除する作業をして、1時間経過後小さなハンマーで、バッテリーの蓋を叩いて閉めました。
すぐに初期充電しました。
土曜の夜、事前充電が出来ているのを確認し、外しておいておきました。

日曜の朝、交換作業開始です。
アドレスV125のバッテリーを外し、新しいのに載せ替えます。
作業は15分ほどで終了したので、近所を一回りします。
セル一発でエンジンが始動し、いい感じです。

朝食をして、8時になったので、アドレスV125にタンデムして映画館に向かいます。
バイクに乗る時、家内が「あれ~足の置き場がないよ。なんか足の置き場が平らだったのが丸棒になってる。お尻も変だよ。乗る所が狭いし・・・」と違和感を訴えます。
そりゃそうでしょう、いつも僕のリード110だったのだから、違って当たり前です。
違うバイクだよと話すと、「え~そうなの?」てバイクが変わったことをわかっていませんでした。
僕のは赤で、家内のはシルバーだから、一見して色でわかりそうなものなのに・・・。
自分のバイクなのに、無意識で乗ってる・・・

こんなだから、僕の「里山VTR250・ブルー」と、「招き猫CB400SB・ホワイトツートン」の区別がつかないのも当たり前です。
うちの車だって、よく間違えます。
小中学校と、ずっと学年トップの成績を重ねてきた才媛なのに、とんでもない方向音痴で、バイクや車の区別がつかないギャップが面白いです。
この人といると、飽きないな・・・

3/25・僕ら夫婦の結婚記念日問題、終戦

数日前、結婚記念日は何月何日だったのか調べました。
何故、調べるようになったかというと、イースターに結婚したからです。
イースターは、十字架にかけられたイエス・キリストが復活した日で、キリスト教国にとっては、誕生日であるクリスマス以上の大切な祝日です。

イースターに結婚式を挙げれば、世界中の多くの人が僕らの結婚記念日を祝ってくれるというナイスなことに気付いて、半年前にターゲットを絞って動き出しました。
ホテルの披露宴会場を抑え、学校の結婚式場も抑えました。
ところが、僕の中学校の宗教主事の先生(牧師さん)の日程が抑えられませんでした。
イースターという日故、ご自身の教会での行事があり無理でした。

困った僕は、中高の校長先生(牧師さん)に式を挙げてもらおうと動き、最終的に家内と2人でご自宅を訪問し、お願いしました。
商業ベースに乗れば簡単なのに何故こんな面倒なことしたかというと、オリジナリティーが好きだからです。

家内と付き合い始めた年に、2人で白馬乗鞍温泉スキー場に行ったことがありました。
ナイタースキーも全て、ロマンチックな数日間を過ごしました。
その時、泊まってた白馬乗鞍ホテルで、結婚式がありました。
ホテルの横にホテルのチャペルがあり、宿泊客も自由に結婚式に参加できます。
この時、僕らもここで式を挙げようと決めました。

ところが、家内のお父さんに反対されました。
家内のお姉さんは、旦那さんと大学のクラブで知り合いましたが、旦那さんが卒業後、学部を変えて2つ目の大学に進学したので、学生結婚でした。
旦那さんは学生で収入がないので、お姉さんが働き、家内の実家からも仕送りする生活でした。
結婚式は簡素だったので、お父さんとしては妹の結婚式は普通にしたいとの希望がありました。

「家族は良いけど、親戚などを雪いっぱいの遠いスキー場に呼べないぞ」と。
ハワイでの結婚式より近いじゃんと安易に考えていましたが、認識が甘かったです。

お父さんの気持ちはよくわかり、お父さんの反対を押し切ってまで結婚式にこだわる必要はないので、あっさり折れました。
お父さんが偉いさんなので、お父さん関係で呼ばれた方々のご祝儀額が多く、結果的に「結婚式で黒字が出た」という決算結果になって、必死で貯めた結婚資金が全て浮き、余裕で結婚生活を始められました。

僕らが学び、出会った大学のチャペルで結婚式を挙げ、タクシー飛ばして披露宴会場であるホテルに向かうという思い出に残る結婚式になりましたが、結婚記念日を「イースター」として覚えたので、『イースター=春分の日の後の最初の満月の日の後の最初の日曜日』という変動日であるので、いつが記念日なのかわからなくなってしまいました。

欧米では、「クリスマス休暇」同様「イースター休暇」があるのに、日本では話題にもなりません。
いつも忘れてしまうことになり、家内も何も言いませんので、結婚記念日を祝わない夫婦になってしまいました。
今まで2度ほど家内に聞いたことがあり、3/16との答えを得ていました。

でもね、3/16は春分の日(3/20前後1日)より前だから、イースターになりえない日です。
だから僕も、「家内も間違って覚えてる」と思って、スルーしていました。

3/15、今年は記念日を祝おうとちゃんと調べ、僕らが結婚した年のイースターは、4/6だったことがわかりました。
家内にそれを言うと、「え~そうなの~、私の記憶もいい加減ね~、でもなんか腑に落ちないな~」と言っていました。

これで一件落着だと思っていたら、第二幕がありました。
数日後、仕事から帰宅すると、「待ってました」という笑顔で、僕を座敷に手招きします。
座敷には写真アルバムと結婚式・披露宴の招待状が広げられていました。

「やっぱり、私の記憶の方が正しかったんだ~」と、アルバムを指差しました。
写真の欄外に家内の字で、コメントと共に日付3/16が書かれています。
結婚式招待状にも、3/16と印刷されています。

「あ~、僕のイースター間違いなんだ、ごめん。仕事の繁忙とリンクして素晴らしい記憶だねえ」」
どうやら、僕がイースターの牧師さんが手配できず、日程を変更したのが真実のようです。

なんと、30年以上経って、真実が判明しました。
こういう家族の記念日に対する女性の記憶は素晴らしいです。
それに対し、男の記憶なんていい加減なものです。
家内に完敗しました。

更に残念だったのは、今年の3/16が過ぎてしまっていたことです。
来年は、結婚記念日になんかしよう。

3/23・神の配剤

何気なく、父方の親戚相関図を見ていて、僕の祖母の誕生日が、明治31年1月17日だということを見つけました。
1/17はりょうくんと同じす。
今まで阪神淡路大震災と同じ日と覚えていましたが、新たな発見に仰天しました。

長男の名前は、僕の2人の祖母の名前をミックスした読みです。
僕が名付けた長男の子が、同じ誕生日だなんて・・・
こんなこともあるんだなあと、縁の深さにびっくりです。

それを前回の家族メールで「生まれた時から、ご先祖様に守られているよ」と伝えていたら、お嫁さんも驚いていました。
りょうくんは、予定日より3週間と1日早く生まれたのですが、その意味を確信したそうです。

4月の我が家の庭
椿
20170402AkutaS006s.jpg 20170402AkutaS007s.jpg ゆず
20170402AkutaS020s.jpg 

3/23・ジャマイカ

0FA264C6-AADA-49F3-81C3-48464B04D22Cs.jpg 長男のお嫁さんから、帰ってきたばかりのジャマイカでのバカンス便りが届きました。
ジャマイカはキューバの南の島で、緯度はマニラとほぼ同じです。
ニューヨークから4時間ぐらいでしょうか。

197A9DF9-62B9-4C21-A322-AA165FB44B93s.jpg ジャマイカは治安が良くないので、赤ちゃん連れということもあり滞在型リゾートライフを送ってきました。
オールインクルーシブ(全てのアクティビティー・ドリンク・ミールがフリー)のホテルに泊まり、ホテル内の施設やプール・プライベートビーチを楽しんだそうです。
思いっきり遊び・食べ・飲んで、常にお腹は満腹で、りょうくん・4才は「帰りたくない~」を連発してたそうです。

2951CB3A-1345-47BC-A264-94183A8BCF16s.jpg 滞在2日目、ホテルのプールでのんびりしていたら、そこで開催されたダンスバトルに長男が出場(ゲストの中で3人選ばれた)していたそうです。
「はあ~」と見ていたら、自己紹介で「from Japan」と言ったら盛り上がり、アップテンポな曲に合わせ「志村けん似の謎のダンス」を披露したら大盛り上がりしてしまい、優勝してしまったそうです。

337804A7-B4A0-4AB2-8CF3-EDDDE7C5D5BAs.jpg お嫁さんがビデオに撮ってくれたので、家内と一緒に楽しみました。
優勝して赤いキャップを貰っていました。
すぐ、りょうくんに被らせていたけど、いい記念になったでしょう。

506E4A6F-57D2-497C-AD0A-8728639299D6s.jpg 優勝は、地球の裏側の日本からのゲストだからお手盛りがあったのかと思いましたが、志村ブレイク・ダンスがヤンヤの喝采で、3人のダンスパフォーマンス終了後のオーディエンス拍手量で圧勝していました。
長男のブレイクダンス・パフォーマンスを終えたところで、司会者も「Oh my God」と呆れていました。
745ED734-270C-4BD2-A783-AAF566D7D6D3s.jpg オーディエンスの反応や拍手量を見ると、後半に入れたアヒルのポーズ(手でくちばしと尻尾を真似る)での後進・前進がウケたようです。
オーディエンスに拍手を求める審査の時、ステージのスタッフが、アヒルのポーズしてるし・・・

A2BD68DE-0969-4277-A514-DAB32DAC9C39s.jpg 
これで、ホテルの有名人になり、それ以降皆さんに声を掛けられるようになり、より楽しく過ごせたようです。
アジア人は長男一家だけだったようで、そちらでも目立ったようです。

A63B2E78-446B-4470-B600-76CA404D4EE9s.jpg 出場選手は、お客さんから3人選ばれた。
長男は「クラスに1人はいるやりたがり屋」さんなので、小1の運動会の選手宣誓に始まって、学級委員長・生徒会長・修学旅行実行委員長・クラブではキャプテン・・・と、いろんなことをやってきました。
CB3126A0-D29D-4722-9427-37C71B9C3EAAs.jpg どうせ手を挙げて立候補したか、司会者に当てられるようアイコンタクトを送っていたかでしょう。
おもろい奴です。

DF07E0F1-7DFC-49B5-927C-735C39891819s.jpg ダンスパフォーマンスしてる横に、ちゃっかりりょうくんが出ており、スタッフのお姉さんに手を引かれ、ステージ脇に移動させられていました。
こいつも、父親に似て目立ちたがり屋さんかもしれません。
F0B357C0-530E-4EC3-9221-1FE5C9B5A1C9s.jpg 次男の結婚式で、次男の大学ヨット部先輩・同期・後輩がステージでエールを送っている時、ちゃっかりステージに上がっていました。

76FD0216-D2F7-433B-A7C0-A7434A8650F0s.jpg 司会者の質問に対する長男の答えを復唱し、「you came from Japan」と紹介していましたが、僕には「you keep from Japan」としか聞こえませんでした。
ビデオをなんど見ても、高聞こえます。
「you keep from Japan」なんておかしな英語だなと思い、調べてもわからない。

77BCD3AC-02EC-4F76-9A6C-6D872BFB038Cs.jpg そこで、お嫁さんになんて言ってるのか聞いてみました。
「司会者に名前と、どこから?と聞かれたので、「Yuki from Japan」と答え、司会者もそれを繰り返しました」との回答です。

90B1AB57-2D07-426A-BA5F-F2345F5BF2D8s.jpg 確かに、「your name and where you from, talk me」と司会者は聞いていました。
出場者は肉声なのでよく聞き取れず、マイクを使った司会者の言葉しか聞き取れませんでした。
他の2人を、「from Frorida」と「from Pennsylvania」と出身地だけ紹介したので、長男だけ名前も紹介されたと思いませんでした。

9218E94E-A6BD-4297-9843-A517702DB4E4s.jpg お嫁さんの回答を見てから再度ビデオを見ると、確かに「Yuki from Japan」でした。
ホントの名前は、戦国武将のような日本的な名前(読み4文字)ですが、外人さんには呼びにくいので、Yukiは愛称です。

8B5C55F7-5437-4362-9C0E-7F557DCF51F8s.jpg 「Yuki」でも言いにくいのか、「Yu-Ki-」となってたから、「you keep」に聞いちゃったようです。
その場にいたら聞き取れたかもしれませんが、いつもこのスピードについていけません。
スクールイングリッシュの僕のリスニング能力は、この程度です、がっかり。

8D562D95-853E-47A5-BBD3-47EC0CF99103s.jpg こうくん・11ヶ月は、水が怖いようで、お父さんにプールに浸けられそうになると、思いっきり足を上げて拒否っていました。
これはりょうくんと同じで、りょうくんは日本でスイミングスクールに通っていた効果か、浮袋を抱えてにプールで遊んでいます。
お嫁さんは、高校時代水泳部だったので、物足りないようですが・・・

こうくんは、下の歯が生えたのは知っていましたが、上の歯も4本生えています。
次男の子すみれちゃん・7ヶ月はまだ1本も生えていないので、個人差がありますね。

プライベートビーチは穏やかだけど、外海には波が見えるので、サンゴ礁が外からの波を消波しているようです。
沖縄のビーチみたい。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR