3/24・ホームポートでヨットレース

コーチしてる大学ヨット部が、水曜日から日曜日まで、僕のホームポート新西宮ヨットハーバーに春休みを利用して遠征しています。
神戸大学と大阪大学の艇庫に分散宿泊させてもらい遠征費を助けてもらいました。
全部員が宿泊するのは無理なので、今週クラブは3つに別れ活動しています。
主力&新2回生選抜チームが西宮、スナイプ新3回生チームが江ノ島遠征、新2回生が主力の残りが地元琵琶湖です。

僕は、西宮合宿土日に参戦する母校KG主催レースのコーチングに行きます。
前日、D社同期H君が大阪大ヨット部を手伝ってるというのを思い出し、「明日行くの?僕は行くよ」とメールしてみました。
「行かない」との返信で、ちょっと残念でした。

朝ゴソゴソし、6時から出発準備を始めます。
朝ごはん食べて、通勤リード110で出発しました。
7:15「セブンイレブン」で、助六寿司とブレンディ挽きたてカフェオレを購入。

R171を西進し、7:45にYH着。
ディンギーヤードに入ると、レース艇がズラリと並んでいます。
近大・関大・社会人2艇も参加するようです。
部員と挨拶しているとキャプテンがやってきて、あ~だこ~だ。
キャプテンが乗っていたニューポートが練習中接触して傷んだそうで、神戸から艇を借りて出場するそうです。

1週間前、琵琶湖でのD社主催レースに遠征して来ていた母校コーチKくんがいました。
レース委員長をするようで、「たくさんレースをする予定なので、宜しくお願いします」とのことで、こちらこそ望むところなので、「バンバンやってよ」と頼みました。
彼のお父さんは、僕が4回生の時、高校3年生だったヨット部後輩です。
KGは当時高校と大学が一緒に練習していたので、良く知っていました。

僕は社会人になりジュニアヨットクラブを立ち上げ、数年後次男がそのクラブ員になりました。
部員を一本釣りすべく、彼のお父さんに「息子、ジュニアヨットやらんか」と声を掛けヨットを始めました。
高校生の時、世界選手権で優勝しました。
チビの時から知ってる子が社会人になり、ヨットの世界を盛り立てているのを見るのは大きな喜びです。

お世話になっている大阪大ヨット部監督さんなどがおられたので挨拶していると、8:15「京阪神ヨット大会」の開会式が始まりました。
3日間一緒に練習して、その成果をKGレースで試します。
その成績から、各校×6艇抽出して競う大会で賞状さえないローカルレースです。
開会式と言ってもブリーフィングのようなもので、大阪大の先輩に続き私も突然指名され、長男が大阪大のライフル射撃部所属だったエピソードを交え、両校への感謝の気持ちを伝えました。

8:30、KGレースの開会式です。
こちらもローカルレースなので、スキッパーズミーティングの拡大のようなブリーフィングで、コースなど簡単な取り決めをレース委員長Kくんが説明し終了。

東からの風が消え、南からの海風に変わりました。
セイルを上げ、各艇出艇して行きます。
僕は大阪大のレスキューボート「摩耶」に乗せてもらいました。
安定した海風が入るSWの風向ではなく、摩耶は上マーク設定担当なので、本部船より南の海面に大きく出して準備しますが、しばらく風待ちです。

20180324NishiP0443s.jpg ご一緒した大阪大ヨット部GM・Kさんは、僕のD社同期H君と知り合いで、時々Kさんのクルーザーに乗っているそうです。
このセーリング・クルーザーは、有名な弁護士・中坊さんがいろんな流れで購入したそうです。
一緒に組んで弁護士事務所を開いていた方が浪費家で、まとまった収入があった時、物に変えておかなければ飲み代に消えてしまうと思った中坊さんが手に入れたそうです。
でも中坊さんはヨットに乗ったことがなく、その管理運用をするようになったそうです。
その他、いろんな話をしました。

20180324NishiP0450s.jpg 同じ学連上がりヨット乗りで、長年同じヨットハーバーで学生時代を送った仲なので、学年は違えど話が弾みました。
僕の同期の大阪ヨット部員をKさんは知っており、その反対もです。
既にリタイヤされており、ヨット部GMとして手伝っているそうです。

神戸大の女子マネージャー・大阪大男子部員・うちの女子マネージャーも乗っており、なんだかんだ暇に任せ話します。
若い子と話していると、昔話ではなく、輝かしい将来への話が主になり楽しいね。
神戸女子マネさんは、文学部スペイン語学科だそうで、新4回生なので就活で語学を生かせる旅行社や航空会社を狙っているそうです。

長男のお嫁さんが航空会社なので、その流れからアメリカに一家で住んでいる話をしたら、Kさんもシカゴ勤務が長かったそうで、-20℃の生活など話がまた盛り上がりました。
「商社も語学が生かせるのに・・・」と勧めると、それはパスだそうです。

11時が近づき、SWの風が入ってきました。
本部船から指示があり、マークを設置しレース開始です。
20180324NishiP0460s.jpg 3m/sほどの風の中、レース艇が続々と風上マークを回航して行きます。
フィニッシュしたら次のレースコールがあり、良い練習になります。

20180324NishiP0463s.jpg 12:30になると、6m/sほどに風が上がり、ピークで8m/sでした。
16時にスナイプ級・第7レースがスタートし、フィニッシュ後レース艇がハーバーバックしたのは16:30を回りました。
11時から良い風が入り、ガンガンレース出来、とても良い練習になりました。

20180324NishiP0469s.jpg 470級で2回・S級で1回トップホーンを鳴らすことが出来ました。
関西水域の雄KGとレースが出来、それとの差を感じることが出来ました。
7レース総合で、470級は1・2・3とKGでしたが、その次のグループに4回生2艇が入れました。
S級は、1・2とうちが続き上出来でした。
自信を持ったでしょう。

20180324NishiP0475s.jpg 470・S級ともに3回生スキッパーは来ておらず、新2回生が各2艇参戦しました。
高校ヨット部出身スキッパーが1名ずつ出場しましたが、ヨットを始めて1年のスキッパー艇もそれに遜色なく走り、僕はとても嬉しかった。
みんな、しっかり練習出来ています。

ハーバーに上がり、大阪大GM・Kさんから「明日もおいでよ、D社H君来るよ」と誘われました。
予定では1日のみでしたが、朝家内から「2日間行ってきたらいいのに」と言われていたこともあり、明日もお世話になることにしました。
日中、H君からKさんに電話が入り、「良い風吹いてるよ」と誘っていました。

「レース艇解装~食事~470とSチームに別れ3大学合同クラス別ミーティング」というタイムスケジュールなので、解装中に時間を取ってもらい、レースで気づいたことをブリーフィングしました。
そして帰路に着きました。
帰宅後仕事をして1日お終い。

3/23・救急講習会

朝から昼過ぎまで、「救急講習会」に市内の消防署に行ってきました。

プロの救急隊員に引き継ぐまで、一般人が行う救命処置を学びに行きました。
AEDが街なかに設置させるようになり、仕事場や学校で救命方法や実際のAEDを使った実技を受ける機会が増え、何度も体験しましたが、消防署での実習が人数も少なく最も身につきます。

今回は、消防署での講習会2回目です。
前回は10年前かな。
それまでも、それ以降も仕事などの講習の一環としてAED講習を受けましたが、みっちり3時間の講習は、消防署でないと受けられません。

毎月行われていますが、今回の受講者は7人で、前回の半分ぐらいです。
AEDを体験された方が増え需要が減っているのかもしれません。
救急救命技術は進歩するので、最新のものを知りたくて再講習を受けてきました。

消防本部に着くと、ちょうど始業点検中でした。
救急車の赤色灯が回転し、消防車のエンジンがかかり隊員がせわしなく動いていました。
講習会場に入ると受付があり、電話申し込みしていたので名簿が出来ており、名前を伝えるとそれに丸をするだけでした。

テキストをいただき、席に着きます。
けたたましい緊急音の後に「只今マイクのテスト中」というアナウンスが流れました。
現場の日々の緊張感を感じました。感謝せねば・・・

20代の女性救急隊員から説明を受けました。
アシスタントは、救急救命指導者資格を持った一般の男性で、主にこのお二人が座学・実技指導してくれました。
はじめに伊丹市の救急の現状が説明されました。
2017年1年間で救急出動した件数は10032件、救急搬送したのが9032人。
その52.4%が軽症故当日帰宅されました。

前回講習では、119番へのいたずら電話・超軽症での依頼が困ることを話されたが今回はありませんでした。
少しマシになったのかな?

伊丹市は5台の救急車で回しているそうで、現場への平均到達時間は5分だそうです。
全国平均は7分ということで、その早さに驚きました。
日本は救急車依頼・搬送が無料だから、どうしても依頼が増えます。
それでも5分とは素晴らしいです。
長男が住むアメリカは、州により変わるし、保険の種類によって変わるが、緊急でない出動1回で100万単位の請求が来ることもあるそうです。
緊急なら無料だけど、そうでないなら費用が発生するという制度もアリだと思いました。

10032件/365日=27.5回/日/5台=5.5回/日/台。
1台の救急車が24時間で5.5回出動しているということです。
この講習中も、2回サイレンを鳴らし出動していました。

座学1時間後、2時間目は実技です。
要救護者の発見~安全確認~意識確認~助けを呼び119番依頼とAED持参依頼~呼吸の確認~胸骨圧迫・人工呼吸~AED到着後の一連作業~胸骨圧迫・人工呼吸のエンドレスな繰り返し。
人形とAEDを使って、指導員さんと消防隊員さんが質問を受け付けながら模範実技です。

女性救急隊員さんは広島出身で、高校生の時は原爆ドームでボランティア説明員をされており、そこでAED実技に触れたそうです。
大学で救急救命ボランティアサークル活動を続け、消防隊員になったそうです。
隊員になった後も講習を受け資格を取ったそんなベテランでも、初めて心肺停止の要救護者に相対した時はドキドキ胸が高鳴ったそうです。
一般の方だからルーティーンを忘れて当たり前、出来なくて当たり前だから、恥ずかしがらず体験していってくださいとのことでした。

2時間目は、ひたすら胸骨圧迫の実技です。
「胸が5cm(単3乾電池の長さ)凹むぐらい押さないとダメ」
「1分間に100回」が目安なので、「もっと強く」「もっと早く」と講師から声がかかります。
要介護者の真横に座り、手首を胸骨下半分に当て、もう一方の手で胸に置かれた手の指を絡め、肘を伸ばし馬乗りになる要領でガシガシ押します。

救急隊員でも要介護者の胸骨を折るのが日常茶飯事で、それぐらい強く押さないと血液を全身に送れないそうです。
骨折はいずれ治るけど、心臓が止まると血液が全身に回らず脳から回復不能になるから怖がらないで!

100回連続で押すと腕が筋肉痛です。
吐血や吐物があると出来ないし、病気感染が気になる方のしなくていいが、胸骨圧迫30回に付き2回人工呼吸します。
胸骨圧迫のみエンドレスでするより、人工呼吸2回を入れる方がリセットでき長続きするそうです。
可能なら2人以上で胸骨圧迫を交代する方が、押す力が低下せず再生効果が高いそうです。
2時間目はハードでした。

3時間目は、講習生が2人一組になり、第一発見者と119・AED役に分かれて実技です。
全員が指導員からのアドバイスを受けながら実技し終えたところで、役者交代で2クール目です。
「次はもっと具体的な実技をします。志願する方は・・・」
とのことで誰も手を挙げないので、何度か質問をしお手数掛けたので、「じゃあ私にやらせてください」と手を挙げました。
私が立つとすぐに別の男の方が「私も」。

「どっちします?」と聞かれたので、「じゃあ第一発見者役を」とよりハードな方を選びました。
こんな機会はあまりないので、少しでも体で覚えて帰らねば・・・。
隊員から出されたシチュエーションは、「ここはスポーツクラブです。あなたはそこの指導員。プールで溺れた方が出ました」。

「あ~えらいこっちゃ」。
肩を叩いて「どういたしました?」さらに肩を強く叩き「大丈夫ですか?」もっと強く声も大きく「大丈夫ですか?」。
「誰か助けてください」と手を挙げ声を張り上げます。
「はい、何でしょうか?」
「119番に電話してください。2FにAEDがあるので持ってきてください。なくても必ず帰ってきて手伝ってください」
「わかりました」。

胸の上下を見て、呼吸の有無を確かめます。
1・2・3・4・5・6「呼吸がありません。胸骨圧迫をします」ドンドンドンドン30回。
続いて額に置いた片手を鼻の穴を抑え、もう一方の手で顎を上げ気道を確保し人工呼吸2回。
胸骨圧迫ドンドンドンドン30回。

「AED持ってきました」
「使えますか」
「はいたぶん」
「ではお願いします」。

AEDの蓋を開ける同時に電源が入り、アナウンスが流れます。
「パットを貼ってください」
「体に触らないでください、心電図を図っています」
「離れてください」。

ここでアクシデント、救急隊員さんが「あなたどうしたの?」と足を揺すりに来ました。
「危ないから離れて!」と咄嗟に声が出て、腕で遮りました。
「充電中です、体から離れてください」
「危険です、離れてください!」
「点滅ボタンを押してください。体から離れてください」
「危険です、離れてください!」。
ボタン・ポン。
胸骨圧迫再開ドンドンドンドン。
「交代しましょうか?」
「はいお願いします。人工呼吸は私がします」・・・

「救急隊員です」、ここでレスキューが到着しました。
AEDのある場所を指示し良かったです。
救急隊員の立場から言うと、救急車の最も便利な着ける場所もあるので、スポーツクラブ指導員への連絡を指示していただけれとありがたいと言われました。
なるほど、確かに・・・

質問の中に、「力の入れ具合など下手だから躊躇しやすいが・・・」の答えに、「上手でなくても、しないよりずっと生存率が高くなります。心臓が止まっているので、何もしなければ血液は全く動かず、酸素が来ない細胞は死にゆくのみです。胸骨圧迫は心臓のポンプです。あなたの抑える力が弱くても、血液は動くので細胞への酸素供給が少しでも復活します。勇気を持って行動してください」。

座学で、居合わせた方が救命処置をしたら救命可能性が倍以上になると教えてもらいました。
心臓が止まって6分後で、何もせず救急隊員が駆けつけた場合で10%・それまで救急処置をしていた場合は30%。
10分後で5%と20%、20分後なら1%と5%。
救急隊員が到着後に電気ショックを行った場合の社会復帰率は19%で、住民が到着前に電気ショックを行った場合は43%です。
この差は大きいです。

「普通救命講習会修了証」を渡されお終い。朝受付で提出したこの証をしっかり見ると、平成19年11月19日伊丹市消防署長交付となっていました。
裏を見ると、再講習の記録H30.3.23伊丹市となっていました。
大学ヨット部~ジュニアヨットクラブ~大学ヨット部とコーチ業を続けているので、文部科学省のヨットコーチ資格も持っており更新しています。

AEDが登場した当初、アチコチの勉強会でこの講習を受け、何数回体験したこともありましたが、最近は減りました。
消防署での救急救命講習を、3年に1度ぐらいは受けておかねば。

3/21・スマホ・LINE・ハワイ

家内のスマホに電話番号・メールアドレスを入れました。
ガラケーでも会話する相手はお姉さん・姪・息子たち・お嫁さんたちだけなので、手作業での入力でしたがコツを掴んだ後は簡単でした。
その他は、僕の立ち回り先ぐらいで、仕事関係も少しです。

家内のスマホ最優先作業が落ち着いたので、僕のタブレットに入れたLINEで、次男お嫁さんから届いた「我が家(息子夫婦4人グループ)」への参加お誘いにOK返事をしました。
続いて、PCでもLINEを見れるように、PC用LINEをダウンロードしました。
設定も済ませ、PCとタブレットのLINEが同期しました。
これで2つの端末から同じ僕のLINEが操作できます。

作業中、僕のタブレットLINEに、お嫁さんから「お父さん、「我が家グループ」に参加できたのですね。写真送ります」とのメッセージと、この日のハワイでの写真が届きました。
20180321Hawai0025s.jpg
孫のスミレちゃん1才半はノースリーブで抜群の笑顔です。
20180321Hawai0030s.jpg  20180321Hawai0051s.jpg 20180321Hawai0055s.jpg 20180321Hawai0060s.jpg 20180321Hawai0062s.jpg 20180321Hawai0101s.jpg 20180321Hawai0106s.jpg すみれチャンは、飛行機でバスケット乗車したようです。20180321Hawai0293s.jpg  
4月からスミレちゃんは保育園デビューです。
産休が終わり職場復帰します。
次男と同じ会社なので、3人で通勤電車に乗り、会社最寄り駅近くの保育園に通園します。
しばらくすると、次男が設計してる駅隣接本社ビル内の保育園に移籍します。
次男は保育園の設計しながら、保育士の資格を取っちゃいました。
資格が取れるほどピアノが上手じゃない(2年ほど習っただけでやめちゃった)のですが、ギターでも資格が取れるようです。

「明日帰る」と書かれていたので、春分の日に帰国するようです。
ハワイは時差-19時間なのでほぼ1日違います。

家内のPCにもLINEを入れる作業に入りました。
僕ので作業した直後なので、簡単に設定できました。
スマホとの同期も簡単に出来、家内もLINEに参加した旨を僕のPC・LINEからお嫁さんに送ったら、家内のLINEに「我が家グループ」への参加招待が届きました。

その作業中に僕のタブレットがピコンと鳴り、長男お嫁さんから「我が家LINE」に「これはお父さんのタブレットLINEですか?」との質問と、「ハワイ暖かそうだね」と次男お嫁さんに対するメッセージが入りました。
「そう父のタブレットだよ」と返事したら、こうちゃん1才の写真と、りょうくん4才のアイアンデビュー動画が入りました。
LINEって動画も送れるのですね。

りょうくんは、玩具じゃなくしっかりした子供用パターを長男に買ってもらい練習していましたが、アイアンも買ってもらったようです。
長男は、近所のパブリックゴルフ場の会員になっており、昨年9月僕ら夫婦も連れて行ってもらいました。
そこの見覚えのある打ちっぱなしアイアン練習場で、りょうくんがアイアンでボールを打っています。
空振りせず、変な方向にも行かず、しっかりスイングできているようで真っ直ぐ飛んでいます。
りょうくんがポンポン打つので、長男は玉置きで忙しそう。
当然飛距離はイマイチですが、デビューにしては上出来ではないでしょうか。

次男お嫁さんから、「りょうくん、ナイスショット」のメッセージが入り、ヤシの木並木の写真と、ハワイ初日の時差ボケすみれちゃん写真が載りました。
長男お嫁さんから、「明日のプリンストンは寒波来襲で、積雪25cm予想で、長男の会社も、りょうくんのプリスクールもお休み。新潟出身の私からしたら、25cmぐらいで・・・」と書かれていました。

一連のやり取りは、日本時間3/21・10~11時でした。
プリンストン3/20・21~22時、ハワイ3/20・5~6時。
ちょうど皆が起きている時間だったようです。

寒暖の差が大きいけど、通勤途中のソメイヨシノ並木で数輪開花してた伊丹と、常夏の半袖ハワイ、そして寒波来襲のプリンストン、瞬時に情報のやり取りが出来る凄い時代になりました。
息子夫婦2組ともアメリカにいるなんてことにも隔世の感があります。

家内のスマホで、家や僕の携帯に電話を掛けたり掛けられたりし、メールも発信着信を確認し、お姉さんや姪達にスマホデビューしたことと、アドレスが変更になったことをメールで伝えました。
家内に「使えるようになったよ。あとは慣れてね」と渡しました。

しばらくしてスマホにメール着信があり、家内が「なんか来た」と僕の所に持ってきました。
姪からの了解メールで、「返信したら」と言ったけど、「いいわ」でした。

3/18・墓参り~バッテリー交換~映画

久しぶりに家内とデートです。
楽しみ~。
いつものように4時頃目を覚まし、デートプランを考えます。

「観てよかった映画ランキング」で気になった映画が2本。
以前のチェックで気になった「祈りの幕が下りる時」。
好きな阿部寛主演です。

もう一本が「坂道のアポロン」。
『病院に勤め、忙しい毎日を送る医師・西見薫(知念侑李)のデスクに飾られている1枚の写真。笑顔で写る3人の高校生。それは、10年前の夏、二度と戻らない“特別なあの頃”の写真だった……。あの夏、転校先の高校で、薫は“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に薫は不思議と惹かれていくのだった。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみで町のレコード屋の娘・迎律子(小松菜奈)と3人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。そんな切ない三角関係ながら、千太郎と二人で奏でる音楽はいつも最高だった。だがある日突然、千太郎は二人の前から姿を消してしまう……。』と紹介されており、小学館漫画賞受賞作品が原作だそうです。

映画の良し悪しは原作に大きく左右されるので、良さそう。
ジャズというところにも惹かれましたが、家内の反応はどうだろう?
そう言えば、家内との初デートは、神戸のジャズ喫茶でした。
日が暮れるとジャズバーになるだろう佇まいのお店で、初デートにしては暗かったかな。
一緒に受けていた資格試験講習会の昼ごはんだったから、近いお店という選択肢しかなく、ぶらりと入ったお店でした。

上映2週目なのに、12:20・14:50・17:30・20:10と午後からの上映しかありません。
お客さんの入りが寂しそう。
春のお彼岸期間にはいったので、お墓参りの都合もあり、全ての上映開始時間をメモし財布に入れます。

7:30頃階下におり台所を覗くと、家内の服装が整いお化粧中でした。
「どこ行くの?」
「お墓参りに行かないと・・・仏壇のお花買ってきてくれる?お墓のお花も買ってきていいよ」。
慌てて朝食を取り、身だしなみを整え、9時オープンのホームセンターに、家内のアドレスV125でお花を買いに行きます。

帰宅後、倉庫にスクーターを置き、家内が空気の入れ替えをしていた隣の実家の仏壇にお花を供えてくれます。
僕はそのお尻について行き、チーン。
戸締まりして帰宅し、朝のお勤めを済ませ、家内と車に乗って我が家のお墓に向かいます。

r12を北上しますが、いつもより交通量が多い気がします。
バイクも多く見かけます。
晴れの天気と暖かな気温に誘われ、バイカーが湧いてきたようです。

「道の駅いながわ」でお花を買おうと思ったけど、良さそうな墓花は売り切れのようです。
霊園に着き事務所で買います。
21日春分の日を挟んで今週と来週の週末は、多くのお墓参りの方が来るだろうから、職員を増やして対応しています。

お墓に上がります。
墓石左右の毎年彼岸花が咲くスペースに緑が戻っていました。
細かく薄く敷かれた玉砂利の隙間から雑草の緑が顔を見せていますが、引き抜き過ぎちゃってお墓が寂しくなったことがあったので、そのままにしておきます。

家内が花立てを洗いに行きます。
僕は墓石・墓碑に水を掛けブラシでゴシゴシ。
それを終えお線香に火を付けます。
ジェット式ライターが威力満点で、風が強い日でも簡単に点火できます。
これは優れものです。

続いて家内の実家のお墓参りです。
高速道路が混むので、朝一番にお参りに行くことが多いですが、新名神開通日なので、魔の宝塚トンネル東向き渋滞はないでしょう。
夕方までに帰宅できるだろうから、渋滞発生前でもあるし・・・

新名神開通初日を走ろうと目論みましたが、往路「川西IC」近所を通ったのに、それなりの看板が目に入らなかった。
「宝塚北SA」に出来る「スマートIC」から入ろうと、r319~r33で向かったが、SAが近づくと「3/18・15時開通」の看板が目に入った。
「はあ~、15時なのか~」。

r325~長尾山トンネル~中山経由で、「宝塚IC」から中国道に乗りました。
家内がガラケーから乗り換えたスマホであれこれやっています。
お姉さんに電話しようと思ったが、電話番号を移し替えておらず、ガラケーも持ってきていないのでわからない。
僕のガラケーに登録していあるので、それで調べスマホで電話したらいいと渡すが、面倒だと僕のガラケーから電話しました。
「今からお墓行くよ。まだ行ってないよね」と報告してる。
お花がダブっちゃうといけないから。
お姉さん夫婦は、21日に参るようです。

13:02「山陽道・三木SA」でトイレ休憩。
「切り落とし蜂蜜カステラ・360円」を買い、2人の昼食にしました。
SAでお墓に供えるお花を探しましたがありませんでした。
家内に「あ~ん」してもらい食べながら走ります。

「三木小野IC」で下車し、墓苑到着。
事務所棟に行くが、お花売ってないよ。
墓苑近くの石材店でお花を購入。

お墓の掃除をして、お線香を上げお終い。
中国道に戻り、一気に帰宅しました。

17:30上映に間に合うよう17時前に出発することにして、僕は倉庫に行き通勤リード110もバッテリー交換しました。
2008年に3700km走行中古で購入し、最初のバッテリー交換は2014年。
6年持ちましたが、今回は4年でお終いにします。
何となく弱ってきてるなと感じており、通勤車・ご近所の足として大活躍車両なので、早めの交換です。
GSユアサ党から宗旨変えし、こいつもAZバッテリーにしました。

「ATX7L-BS」3736円です。
前回が17000円だったので、大幅プライスダウンです。
増し充電していたので万全でしょう。
リード110のバッテリーは、ハンドル下・フロントカウルの中にあります。
金曜日に、取扱説明書を見ながらカウルを外すところまでやっていました。
更に取扱説明書の図を見ながら、いくつかネジを外しバッテリーを外します。
バッテリー抑え金具を外すのに難儀しましたがなんとか外せました。

新しいバッテリーを載せます。
最初の難関バッテリー抑えをはめるのに時間がかかると思っていましたが、すんなりセットでき、あとはネジ留めだけです。
ここでミスっちゃいました。
10号の六角ソケットを落としてしまいました。
バイクの下に落ちると思ったら落ちておらず、バイクを揺すってもコロンとも音がしません。
手探りしても見つからず、諦めることにしました。
走行中に勢いよく段差を越える時にでも出てくればいいかと・・・

カウルを付け、前籠を付けます。
ここで、小さなネジ2個余ることに気づきました。
「はあ~、どこのネジ~」、カウルを付けるネジと同じ大きさで、ネジが前2・後2のはずです。
外す時と2日間開いたので忘れちゃった。
前籠をセット終了後、残った2つのネジを見ながらリード110を倉庫から出し乗り出そうとした時、後ろ側の上から2番目のネジ穴が見えました。
膝の位置にあるネジも外していました。
フロントカウルには関係ないネジでしたが、フロント下のネジが見つけられず、ここが利いてると思って外したことを思い出しました。

それをセットし、自宅に戻ります。
16:30過ぎに家内とタンデムして映画館に向かいます。
新しいスマホ「SonyVAIO・PhoneA」に合うカバーを探すことを忘れていました。
映画館はショッピングセンターの最上階にあり、同じフロアにドコモがあるので、家内はケースを見に行きました。
僕はチケットを買いに行きます。

買い終えてドコモに向かおうとすると、家内がやってきました。
「どうしたの?」
「だって、店員さんが話しかけてくるもの」
「見てるだけって言えばいいじゃない」
「ちょっとしかないし、ドコモじゃないし」・・・

まだ時間があるので、下の階の「無印良品」と「100円ショップ」を覗きました。
まさか・・・100円ショップにスマホケースがあり驚きました。
アイフォン用ばかりだったけど・・・。

映画は、素晴らしいものでした。
青春映画であり、ジャズであり、文化祭があり、当然恋の物語でもあり、ビンゴでした。
一昔前は、大ヒットした「私をスキーに連れてって」でも、役者のスキーシーンは酷いもので、素人感が否めませんでしたが、最近の映画は素人目にはプロと変わらなく見せる作り込みが素晴らしいで
す。
ジャズピアノ・ドラムの速弾き・早打ちに唸っちゃいました。
エンディングに小田和正の歌声が流れてきて、ナイス!でした。

バイクを倉庫に片付け、帰宅したら20時でした。
家内が作ってくれた夕食を食べながら、「西郷どん」を見て1日が終わりました。

3/17・ヨットレース

Dフラッグが揚がり出艇。
4レース消化しました。
スナイプ級の第1レースで、3回生I君ペアが2位フィニッシュしました。
470は、母校KGスピンが上位を席巻しています。
意外にレース主催で去年全国制覇したD社が前に来ません。

レースの合間に、KGコーチボートがやってきました。
「トイレ借りていいですか?」とK君奥様、「お~もちろん、1人でいいの?」「こいつらもお願いしますわ」と監督からコーチボートに乗ってた2人の女子プレイヤーも。

20180317DoshiP0413s.jpg 「KGが席巻してるね」「それがね~、このレースの3位と6位はまだ高校生ですわ」
「今年セレで入った子達なの?レギュラー総入れ替えしなきゃ。今年も安泰だね」
「新人にこれだけは知られると、頭が痛いですわ。ピカイチセレは皆早稲田に行きますけどね」・・・
3位の子は、僕が作ったジュニアヨットクラブ出身で、高校は次男の後輩だった子のようです。
ジュニアヨットクラブから、ヨット部のあるこの中高に進学したのは次男が初めてで、その後受験する子が増え、1つの流れになっています。

しばらくして主催D社のコーチボートが寄ってきました。
「・・さん(私)お久しぶりです。今度僕が監督になりました。これからも、よろしくおねがいします」
「そうなの、こちらこそ宜しく」

20180317DoshiP0412s.jpg 彼は伊丹出身の子で、僕が先輩と一緒に市内の池で作ったジュニアヨットクラブに小3で入部し、ヨットを始めました。
そのジュニアクラブから初めてナショナルチーム入りした選手です。
ヨーロッパ選手権だったかな?その後D社に進学しヨットを続けました。
数年前までは、西宮の海で3人乗りヨットのポイントレースや全日本で競い合ったライバルです。
20180317DoshiP0442s.jpg 長くレーシングヨットの世界にいると、自然に知り合いが増えます。

4レース終了後、17:00頃ハーバーバックになりました。
ハーバーに上がった後、先に合宿所に戻りました。
女子マネ2人が夕食を作っていました。
餃子・チャーハン・つみれ汁がメニューです。
台所に入り浸って、お喋りしていました。
明るい子達なので、話していて飽きません。
向こうも僕に慣れてくれているので、気を使わず気楽に話してくれます。

18:30ミーティング。
気づいたことを話します。
軽風ではしっかり上位を走れていることを褒め、「スピンシートを垂らしながら走っている」「船の中をできるだけドライにする」など、更に上を目指すための細かな気付きを話し、更なるボートスピードアップを目指そうと話す。
ビッグフリート・レースで上位を走る鉄則を伝える。

他のOBも話し、夕食もぐもぐタイムです。
選手たちが自分の食事を持ってテーブルに付き、最後に女子マネージャーが空いてる席に付きます。
4人がけこたつテーブルに6人ぐらい座って「もぐもぐタイム」です。

僕の隣に、「トビ、アイスクリーム事件」のあかりんさんがやってきました。
キャプテンから、「全員座った?」「はい」「今日の夕食メニューは?」、夕食当番だったマネージャーさんからメニュー紹介があります。
キャプテンの「いただきます」の号令で一斉に食べ始めますが、男子選手の多くはいきなりだ台所へダッシュし、食べてもいないのにおかわりの列を作り、いきなり大盛にします。

僕は食べながらあかりんさんに、「女優さんか、モデルさんの飯豊まりえさんって知ってる?」「知りません」。
「こないだTVに出てて、顔とか仕草とか何処かで見たなと考えてて、あかりんさんい似てるとわかったんだ、似てるって言われない?」「え~」。

すぐにスマホ出して検索し出し、「え~私こんな綺麗な人じゃないです。
人生で最大に褒められました、ありがとうございます」。
「どれどれ見せて」「うん、そう言われると似てるかな~」「どれどれ・・・」と同じ席の男子選手にスマホを取られ、見比べられています。

みんなに、スマホのカバーや保護フィルムについていろいろ聞きました。
僕は保護フィルムを貼ったが、ガラスフィルムの方が分厚くて保護力があるようです。
割れてもガラス保護フィルムが破れて、本体の液晶画面は無傷になるそうです。
カバーのことも教えてもらいました。
ゴムケースのような専用ケースは、液晶画面より少し高くて、落としても画面に直接地面が当たらないようで、意外に保護力が高いのだそう。
ブック型の保護ケースについても教えてくれましたが、殆どの子はフィルム+保護ケースでブック型の子は少なかった。
どうやらフィルムを買い直した方が良さそうです。

20:10から全員で合宿所の掃除して、その後クラス別ミーティングです。
僕は掃除のタイミングで帰路に着きます。
バイク装束を着て、湖西道路~名神高速~中央縦貫道~R171で21時過ぎに帰宅しました。
家内は既に夢の中で、風呂入ってヨーグルト持って自室に上がり1日が終わりました。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR