8/1・早朝歴史サイクリング・宝塚小浜 1/2

4:30に目が覚めましたが、なんとなく天気がいまいちそうで早朝バイクに出かけず、もう一つ明るくなるのを待ちました。
5時前になると、しっかりした曇り空が確認できましたが、すぐに雨が落ちてくる感じもありません。
お尻にクッションジェルの入ったサイクルパンツを履きジャージを上から履きます。
上半身はサイクルジャージ、靴はマウンテンバイク用ビンディングシューズといういつものサイクルスタイルになって、GIANT DEFY2を玄関から出します。

目的地は、宝塚の小浜地区です。
有馬街道・西宮街道の宿場街で、何度か歴史探索訪問しているのですが、「首地蔵」というのがあるらしく、それを見に行くついでに虱潰し探索しようとの算段です。

隣町なので、自転車距離です。
交通量の多い県道や国道はつまらないので、裏道・散歩道を縫って伊丹・鴻池に進みます。
鴻池横を西進し、天王寺川土手を北上して中国道側道のR176に乗りました。

鴻池は鴻池財閥発祥の地で、中国山陰の雄・尼子氏の家老・山中鹿之助の末が鴻池と姓を変え住み着き、日本で始めて清酒製造を始めました。
それまでは、にごり酒でした。
酒造業で財を成し、天下の台所・大坂に本拠を移し、両替商や廻船問屋など商売を広げて行きました。
その記念碑が当時よりかなり小さくなった鴻池の辺りに立っているということだが、2度探索しても見つけられずにいます。

R176を500mほど走って、5:33「小浜」到着です。
「小浜宿」は、一向宗寺院を中心にした環濠集落で、山科本願寺・石山本願寺同様、城と見まごう固い守備を誇った軍事施設でもあったそうです。
当時、「総構の城」として日本最大と言われた荒木村重の有岡城同様、北・西・南に天然の堀である川が流れる地形を利用し、町ぐるみ城内にした都市国家であった。
護岸はコンクリートで固められているが、今でもその川が残り、道路や家で削られた地形ではあるが、十分な比高が残り、攻めるのが難儀しそうな雰囲気がプンプンする。

「小浜宿」は、観光資源化され、生活道路がカラー舗装され、各所に歴史説明板が設置されている。
坂を登り「南門跡」から宿場町内に侵入しました。
散髪屋さんの看板も灯籠風です。
20130801KohamaS008s
「皇大神社」に参拝。
古い石道標が素敵です。
「西宮街道」「京伏見街道」「本妙寺」「首地蔵」「いわし坂」などの案内板が親切に立っています。
神社境内に高い扉の倉庫があり、だんじりが保存されているようです。
秋祭りで出番が来るのかな?本日の小浜宿拝観料をチャリンし、ついでに我が家の今までの幸せを感謝し手を合わせます。

開けたとこから宝塚市街地が一望出来ます。
20130801KohamaS017s
こう見ると平屋が一般的だった当時は、相当に十分な比高があったと一目瞭然です。
すぐに北側の谷に着きました。
20130801KohamaS018s
ここは更に十分な絶壁の比高があり、こちら側からの攻めは無理そうです。

ここに小浜宿案内板があり、しっかりと各施設の位置を頭に入れます。
小浜宿の中心・倉橋町~小浜工房館~小浜宿資料館~市場町を巡りました。
朝早い時間なので、もちろん閉館です。

復元された高札が数種類上げられています。
伊丹まで荷物壱駄・八拾文などの料金表。
きりしたん令として、ばてれんの訴人・銀五百枚という懸賞金も書かれています。
20130801KohamaS034s
火付札・・・火をつける者知らば早々に申し出る事、ご褒美くださるべきこと。
面白いな。

京伏見街道が東から、西宮街道が南から来て、有馬街道が西に登って行く要衝で、太閤秀吉さんも有馬温泉に行くときは泊まったのでしょう。
20130801KohamaS037s
いくつか寺に寄りましたが、門が閉まり中を拝見出来ません。
唯一「毫摂寺」だけが開いていました。
このお寺は、一向宗のお寺で、ここを中心に寺内町が発達し宿場町となりました。
大屋根がさすがに立派です。
とても綺麗な西洋建築の宝物館かと思える建物があり、何かなと近寄ると納骨堂でした。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宝塚市立小浜宿資料館

宝塚市の小浜(こはま)地域は、宿場町として栄えたところです。 本日は、昔の面影の残る、町並みをウロウロしてみました。 宝塚市立小浜宿資料館では、小浜の歴史資料展が行われていました。 館内はそれほど広くありません。 入館は無料です。 昔のものがいろいろ展示されてました。 4月には、小浜宿桜まつりが開かれ、パ...

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR