楠木正成探索1

日曜日は、大阪府唯一の村・千早赤阪村に楠木正成探索に行って来ました。
原付二種ツーリングクラブでこの近所に行く企画がされたので、昼食だけおじゃま虫しようと計画しました。
ヨットのグループも京都西山でイベントが計画されており、午後からそちらに向かおうと盛り沢山にしました。

ところが原付二種ツーリングがポシャってしまいました。
でも僕は決行です。
当初、南河内から京都までの長距離移動があり、高速道路が楽なCB400SBで行く予定でしたが、雨予報なので通勤リード110にしました。
高速利用なしでも、70kmだから南河内12時出発したら14時に京都西山に着くのではないかな?との計画です。

5時過ぎ起床・5:30出発しましたが、地図を取りに戻りロスしました。
曇りでの出発でしたが、途中で小雨が降って来ました。
GPSも積みましたが、結局1日中リアボックスで寝ていました。
地図・道標・野生の勘頼りです。

r13を南下、R43を東進、天王寺通過後そのままR25に変身。
平野でR309に右折し南下、7:12堺市美原区のコンビニでおにぎり2個+いろはすみかん1本購入。
富田林のPL塔はランドマークだな。
「道の駅かなん」通過し、あと後少しです。
「道の駅ちはやあかさか」の道標が出て来だし一安心しました。
難なく道の駅に到着。

郷土の英雄・楠木正成の館跡に建てられた千早赤阪村郷土資料館に隣接したこじんまりした道の駅でした。
ちょっとした高台になっており、さすがに良い場所に館を建てています。
歴史好きの僕の頭の中は、既に太平記の世界です。

「参加するかも?」と言ってたTさんはいません。
まあ雨だしキャンセルでしょうね。
コンビニで買ったおにぎりを食べながら地図を見て、次の行動計画を練ります。

ずっと小雨だったので、プロテクターメッシュ上下の上にワークマンカッパ・長靴・オーバーレイングローブで来ましたが蒸し暑い。
フロントスクリーンのお陰で胸に雨が当たらないので、カッパのファスナーを開けられて身体はマシですが、手が暑すぎます。
外からは濡れないのに、汗でグローブがしっとり濡れ脱ぎづらいです。
ツーリング用で買い完璧防水が気に入り通勤用にホンダオーバーレイングローブを買い増しましたが、夏場は要らんね。
ここでオーバーグローブは秋までお蔵入り決定です。
その後は、メッシュグローブだけで走りましたが、雨で濡れてもかえって気持ちがいいです。

隣の「くすのきホール」前に、楠木正成の生涯がタイルになって屋外展示されています。
太平記の記述と少々違うところがありますが、地元で伝わる言い伝えも加味されているのでしょう。
こういうとこが現地に行くとわかります。
教科書歴史より地元言い伝えの方が内から見た真実に忠実だと思います。
教科書歴史は、その後の為政者が文字に遺した物に大きく左右されるものね。
誰でも文字に残せる今の時代だって、立場によって同じ出来事の見方は大きく違います。

8時になったので出発です。
まず目の前になった「楠公産湯の井戸」見学。
鎧を来た武者案山子さんが守っています。
20120701Chihaya020s
楠公にあやかろうと、「元気な男の子をお願いします」と手を合わせました。
続いて「楠公誕生地」見学。
周りの緑の棚田を激写。
20120701Chihaya032s

バイクに乗り、「建水分神社」を目指します。
後醍醐天皇の鎌倉幕府打倒蜂起に呼応した楠木正成さんが戦勝祈願したのがここです。
楠家の氏神様で、菊水の紋の水はこの神社の守護を表すらしい。
道の駅の案内板で頭に入れた道で向かうと「奉建塔」というのが目に入った。
早速寄り道です。

バイクを置いて小高い丘に登ります。
徳島県人の楠木正成信奉者の個人を発起人に、地元有志・全国の児童生徒の浄財を集めて、楠木正成没後600年を記念し、昭和12年起工・15年完成したらしい。
太平洋戦争前の天皇中心国家時代で、後醍醐天皇一途で戦死し、子の正行・正儀も衰退一途の南朝一途で滅んだ楠家の忠君は、戦時色の濃いこの時代の民衆の心を天皇に集める絶好の題材です。
時代を感じます。

徒歩散策の道標に従って、「建水分神社」に向かいます。
棚田に咲く紫陽花がとても綺麗。
農作業のおばさんに神社の場所を聞くと、「ここ降りたら見えてるよ」
しか~し迷いました。
目を引く土壁の家を激写して歩いていると満足しちゃってバイクに戻りました。
20120701Chihaya040s
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千早赤阪村立郷土資料館

楠木正成に関しては、以前、島本町立歴史文化資料館のときに触れました。 本日は、まさにその根拠地というべき、千早赤阪村の郷土資料館を訪れてみました。 撮影できたのは、入口のこれだけです。 内部は、1階が正成やこの地方の歴史に関する展示で、2階が古い農耕具などの民俗資料の展示です。 あまり印象に残るようなものでもありませんでした。 楠木正成生誕地に、郷土資料館と、く...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ようこそ、南河内へ。(^O^)

 私の住居は、まさしくその周辺です。
っと、言いますか、それよりは少し北側なんですが、聖徳太子と楠木正成に挟まれた地域に住んでます。(^。^)

 いやぁ~、日曜日は家でゴロゴロしてましたので、知っていれば駆けつけたんですが、でも、確かにこの日の天気は凄まじかったですね。

 特にお昼を過ぎてからの雨は激しかったのですけど、午前中にまわられたのは不幸中の幸い?でした。(´д`)

 また、季節が良くなった頃にでも、一度ご一緒したいですね。

No title

こんばんは~
日曜日、雨の中行かれましたか。
私は、最近は日帰りがほとんどで、雨の中走ることが少ないので、雨カッパ以外の装備は持っていません。
ロングツーリングに行きだすと雨用のフル装備が必要になりますか?


道の駅「ちはやあかさか」の近辺に楠木公ゆかりの所がイロイロあるんですねー。
のりまきさんに案内してもらったら楽しそうですねー。

No title

Kidさん
ここら辺はいいとこですね。R309はたまに通るので、楠木正成の本拠地がこの辺とは知っていたのですが、改めて回り怪しげな素晴らしさに魅せられました。
午後から雨が凄かったのですか、午前中に回れてラッキーでした。
去年お誘いいただいた時は都合がつきませんでしたが、ご一緒したいです。

まんとさん
雨の日のカッパ以外のフル装備と言っても、ワークマン安全長靴とレインオーバーグローブだけです。この時期オーバーグローブは却って暑いので、長靴を履けばOKかと思います。
久しぶりに「太平記」を読み、それに影響されて「楠木正成」を読んだので、今はかなり詳しいです。来年になれば元の木阿弥でしょう。案内というより、まんとさんのバイクツーリングにくっついて移動したら、別の視点を体験できて面白そうだなと思います。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR