FC2ブログ

10/21・R173天王トンネル以北開通してた

11時から「カフェの会」のBBQの日です。
家内のカレンダーに用事が書いてあったので申し込んだのですが、キャンセルになったんだって。
1人にして悪いから、BBQから帰宅後映画でも観ようかと思い、「早く帰れると思うから、映画に行く?」と提案しました。
「今から映画に行こうと思ってたの」「なに観に行くの?」
「コーヒーが冷めないうちに」「僕もそれが良いかな~と思ってたんだ。面白そうだから楽しんできてね」「うん」。

8:31、倉庫から「招き猫CB400SB」を出して出発。
長尾山トンネル~r325~r33~r319~r12~9:31我が家の墓到着。
秋のお彼岸に家内の実家のお墓のお参りはしましたが、うちの方にお参りする機会を逃してしまいました。
家内だけは参ったのですが僕がまだだったので気になっていました。
年4回のお墓参りをずっと続けていたので、もう習慣化されています。

私立巨大霊園なので墓守さんがおられ、枯れたお花は片付けてくれるし最悪の状態になりませんが、やはり両親の眠っているお墓は自分で手入れしたい。
20181021RuriS0008s.jpg
いつも咲いている彼岸花はもちろん茎だけになっていました。
隣の弟一家の墓には彼岸花の茎が2本。いつも弟の方が元気なんだよね。
これも母が真っ赤な彼岸花が嫌いだったからかな~。
お水を掛け掃除して、お線香あげてお終い。

メンテナンスの業者さんが入っており、たくさんのお花を持って墓石を掃除されていました。
更に管理費を積めば、盆正月・お彼岸のお花まで備えてくれます。
でも、お墓に子孫が来る事で、それについてくる子供が身体で先祖のことを学び、家族を国を大切にする心を育むことが出来ると思うので、なんかちょっと違うな~と思っちゃいます。

20181021RuriS0003s.jpg
雲ひとつない空でとても気持ちが良い。
ここまで、春秋装束(夏用メッシュプロテクター上下+ダイワフィッシングスーツ)で来ましたが、暑くなったのでフィッシングスーツをPで脱ぎました。

r12で西峠を越え、「後川」からr309で「篭坊温泉」。
羽束川沿いの道で気持ちが良いので、ゆっくり走ります。
交通量が少ないから好きです。
鄙びた篠山の隠れ家「篭坊温泉」を通り過ぎ、道なりにr601。
早朝走ると鹿と出会う確率の高い県道です。

「天王」交差点からR173にチェンジして北上。
南下し県道に入ればすぐ目的地の「るり渓」ですが、早すぎます。
昨年秋から土砂崩れで通行止になっていたR173「天王峠」・・・ここまで何処にもその案内が出ておらず開通しているのかな?

「天王トンネル」手前の旧道への分岐に、ローディーが3台休憩していました。
バリケードが開いており、「里山VTR250」なら突っ込んでもいいけど、CBは厳しそう。
ほぼ廃道状態だからね。
天王トンネルを抜けた所ががけ崩れ現場でした。
借り復旧しており、すぐにもう1ヶ所土砂止めされて仮復旧された箇所がありました。
今年に入ってまた崩れたからね。

福住交差点から「山陰道R372旧道」に入ります。
数日前の「NHK篠山旅」でベッキーさんが1人旅で紹介されていました。
僕はベッキーさんが好きです。
目が大きくお肌が綺麗で色白、さらにちょっとブルーアイ。
日本人にちょっとハーフっぽいところがプラスされています。
僕はお肌の綺麗な女性が好きで、今まで会った女性の中で最も綺麗だったのが家内です。

大学1回生の時一目惚れして、彼女と同じ学部に学ぶ同期ヨット部員から学部情報を得、ヨット部マネージャーが彼女と同じ英語クラスであることを知りました。
学部生活の最後4回生になり学校外の資格試験講習会で彼女と一緒になり、やっと声を掛けることが出来ました。
「一緒にお昼ご飯食べない?」

今でこそ若い子のヘアカラーが盛んですが、当時「ヘアカラーは白髪染め」の時代で、彼女の明るい髪色は目立っていました。
髪色の明るいのはタカラジェンヌぐらいでした。
色素が薄いようで色白でブラウンアイ。
「絶対ハーフかクォーター」だと思っていたので聞くと、「よく聞かれるけど純和製」との答えでした。
女子中学時代は先生に何度も注意されたそうです。
彼女を最初に家に連れて帰った時、母は「フランス人形さんみたい」とその美しさに驚いていました。
学部一の美人さんでした。

ベッキーさんはそんな外見にプラスしてとても明るいキャラクターで、「いいな」とずっと思っていました。
昨年妻子持ちミュージシャンとの不倫騒動でマスコミに叩かれTV画面から消えました。
人気者だったので、ベッキーさんの方が叩かれましたが、「男なら自分が全面に出て、女性を守り切れよ」と思いました。
家内に話すと、「そんなカッコいい男の人ばかりじゃないよ」と一蹴されましたが、たとえ自分の家庭が崩壊しようとも、そうする方がプラスに働き高感度が上がります。
ベッキーさんへのアゲインストの風を少しでも遮ったら、奥様だって頼もしく思うかも知れない。
僕には、有名人女性を表に出して逃げ回っているだけの男に見え、「カッコ悪~」としか見えなかった。
そんなこんなのベッキーさん好きで、2日連続の「ベッキーさん篠山一人旅」軌跡巡りになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR