FC2ブログ

9/24・女子インカレ最終日

レース最終日です。
4時に目覚めスマホをチェックしたが、充電されていない。
去年買ったコンビニ充電器は壊れたかな?
去年のはタブレットに使ったので、合わないのかも?

4:55「サンクス大塚海岸店」で、「多摩Ad用コンセント2.4A1598円+ブラウンモバイルシェーブ2160円+ファミコレフルーツミックス500ml100円=3858円」購入。
Pにて、車のUSBから充電するとOK。

ハーバーPに戻り、また朝のお散歩。
昨日(日曜)の夜は、今日も振替休日なのに静かでした。
やはり土曜の晩が最も盛り上がるのかな?

6:30に「ホテルAZ」に行き、またフロント食堂で待ってると、2人組がスーツケースをゴロゴロ言わせながらハーバーに向かって歩いて行きました。
「乗せてあげるよ」と声を掛けようと思ったけど・・・。

7:15AZ出発。
「8:15~ブリーフィング、9:30~第1レース、11:31以降スタートしない」のスケジューリングですが、470が4レース、S級2レースしか消化できていないので、「12:01以降スタートしない」に変更されました。

昨日同様風がなく、AP旗でスタート延期・陸上待機です。
9:30鳥の大群が編隊を組んで渡っていきます。
夏を日本で過ごした渡り鳥が帰っていくのでしょう。
朝、ジュニア上がりで親御さんと年賀状交換して親しくしている九州出身の日本経済大卒のKGコーチM君にばったり会いました。
昨日まで西宮で男子のコーチをしていて、今朝こちらに駆けつけたそうです。

KGサポートボートに乗れるかKGバースに聞きに行くと、「大丈夫ですよ」とあっさり。470トップ艇の親御さんが1組帰られたので、6人乗りの小さめのボートが親御さん観覧艇になるそうです。
マネージャー1人と家族2組だけなので、僕が部とヨットを知ってるから、マネージャーに指示を出す役目のようです。
OB会関東支部の先輩方面々とあ~だこ~だお話しました。

バースに戻ると、バウハッチを開け、水を出しています。
何度出してもスポンジはたっぷり水を含んで出てきます。
「めっちゃ、水が入ってるんですよ。何処から入ってきたんでしょう」「そうか、陸上でハッチを開けていなかったのか」

過去何度も、「レースフィニッシュ後スポンジで水を出すこと」「艇庫ではエアタンクのハッチを開けておくこと」を伝えたのだけれど、それを怠っていたようです。
デッキとボトムの継ぎ目を視覚と触覚で確かめましたが亀裂もクラックもなかったので、沈の時入ったのでしょう・・・迂闊でした。

これはコーチとしての私のミスです。
昨日のレースもドライコンディションで出させていれば、1上11位から23位まで順位を下げなかったろうし、次の27位もなかったように思う。
両方共10番は着順が良かったのではないか。「あ~失敗した」。
まさか、こんな初歩的なことを・・・

昨日同様、11時になりSWの風(2つの島と沖の半島の間の太平洋へと続く湾の開口部)が入りだし、10:50D旗。
次々に出艇して行きます。
僕は桟橋に向かいます。
時間的に1レースでしょうが、できるだけ多く全国レベルの大会を経験して欲しい。

20180924KaioS0026s.jpg
11:40スタート。
本部船寄り・2線スタートでした。
スターボで出て早めにタックは定石通り。
そのまま右海面に向かうと思いきや、何故か少し走っただけでタックし、ポート艇のスターンを切って左海面に出ていきます。
最もやってはいけないパターンのスタートで、これでは1上30番以上は望めない・・・がっくりです。

ところがです。
1上トップ回航。遠くでよく分からず、似たスピンが上がったのは視認していたが、まさかあのスタートで・・・と思い、「上がらないな~、何処行っちゃたんだろう」と見ていました。
帰着後聞いたら、ほとんどの艇が2日間右海面が良かったので右に行き、「ダメダメスタートだったので、チャレンジしてみた」とのことでした。
確かに2度目のタックをしてスターボになった時、ほとんどの艇はポートタックで走っていました。よって、スターンを交わしていったけど、左に行く艇がほとんど泣く、全艇のスターンを交わし切るのが早く、早めにフレッシュウインドを受けれたようです。

帰着後、優勝したKG選手(第1マーク2位回航)が、1艇だけ左に大きく出していた艇があり負けたとの事でした。
スタート時より少し風速が上がったので、沖からのブローで風速が上がったのでしょう。
これは1ヶ月後の全日本インカレに向けて好材料です。

KGはレース待機中もコーチボートを沖に出しており、ウインドコンディションの変化と共に、カレント・コンディション・データも取っています。
潮の流れは、陸(N)からと島(W)から強めだったそうです。
西宮の干満差が1mなのに、ここは大潮で2mあり、土日がちょうど大潮でした。
干潮11:31~満潮17:50なので、255°の風向も相まって影響したのかもしれないが、まだゆっくりな流れだからそれほど影響しなかったのかも知れない。
レースの鉄則では、「先に潮に向かえ」です。

12:04、上マークから1下へアプローチ中の470を双眼鏡で確認すると、9位を走っています。
まさか・・・「どんだけ走ってるねん。末恐ろしい2回生女子」。
20180924KaioS0029s.jpg
12:20、2上6位回航。
バウの水を抜いただけで、レベルの高いシングル順位で更に順位を上げてくるとは・・・。
スキッパーOさんは、昨日走ってて「バウが重いな~」と感じたそうです。
それでハッチを開けてみたらこの状態だったそう。
重いと感じるセンスが素晴らしいです。

最終マークも6位回航しましたが、フィニッシングラインまでのアビームランでスピンがなかなかはらまず、やっとはらんだときには7位甲南艇に風上側にオーバーラップされており、フィニッシングライン直前で抜かれてしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR