6/18・父の日プレゼントと地震

次男のお嫁さんから荷物が届いたと家内が持ってきてくれました。
何かな?と開けたら、「父の日プレゼント」でした。
TOHO CINEMASのシネマカードでした。
家内と映画デートを良くするので、確実に使う・・・有り難い。

息子たちは「母の日プレゼント」をよく贈ってくれましたが、「父の日」に関しては「盆栽」とかギャグみたいなものをたまにもらう程度でした。
ところがお嫁さんたちは律儀に、母の日のおまけのような日にもかかわらずプレゼントしてくれます。
着るものが多く、日頃よく着させてもらっています。

数日前に届いた長男お嫁さんからのLINEで、りょうくん5才の幼稚園での「父の日」パーティーに長男が出向いてはしゃいでいる写真が載っており、「父の日」は日本だけじゃないんだと知りました。

-----
朝8時前、阪神淡路大震災を思い出させる激しい縦揺れの地震がありました。
家が壊れないよう願いながら身体を固め次の横揺れに備えましたが、横揺れ無しで終わりました。
「お父さん大丈夫?本落ちてない?」と階下から家内の声が飛んできます。
「本落ちて来なかった~」。
阪神淡路の時は、横揺れで本棚の本がガンガン落ちてきて、朝5時台だったこともありまだ布団の中だったので、布団を思いっきり被りました。

着替えながらNHKをつけると地震臨時ニュースが流れており、屋外から地震に関する拡声器の声が流れてきました。
自衛隊からのアナウンスと思っていたら、近所の公園にある公民館からのアナウンスのようでした。
日頃は無人なので、市役所からのアナウンスを流しているのでしょう。
阪神淡路の時はこんなのなかったから、その後整備されたと思われます。
即座に対応でき良いなと思いました。

職場などを見に行き、帰宅後朝食にしました。
自衛隊基地前を通りましたが、東日本や熊本の時のように災害派遣車両がどんどん出ていく気配がないので、自衛隊に救援要請が出るほどの被害は無いのでしょう。
阪神淡路の時は、真っ暗な中バイクで職場を見に行った時駅前を通ったら、自衛隊車両が既にいました。
眼の前の阪急伊丹駅の駅舎が崩れており驚きました。

あの時も北摂を震源に、群発地震が起こっており、その後あの大震災でしたが、今回も数ヶ月前から弱い地震を感じていました。
また大地震が来なければいいがなと思っていたら来ちゃいました。
震源が大阪北部ということで、てっきり北摂の能勢町だと思っていたら、高槻・茨木・枚方という京都と大阪を結ぶ淀川界隈の大動脈の近くでした。
新幹線・JR・阪急・京阪・名神高速が狭い地域にひしめき合い走っている地下10kmです。

NHK見ながら着替えている時、長男から「大きな地震があったようだけど大丈夫?」とのLINEが入りました。
アメリカにいるのにどうして知ったのか不思議です。
日本本社からの緊急連絡網で流れたんじゃないかと想像しました。

仕事場には、取引先や親戚から心配した電話が入りました。
前日の日曜日に、大学ヨット部時代のライバル校の同期のレストラン30周年記念パーティーに伺ったばかりなこともあり、彼の大阪堂島のお店の様子を聞きました。
水道管が破裂しビル内が水浸しで、ガスも止まっているとのこと。
本日は営業中止だそうです。

昼になると、自衛隊車両・特にトラックが多く出ていくように感じました。
TVでは自衛隊員が活躍している様子が映っていないので、予定通りの行動なのかもしれません。
国際情勢が怪しくなるとヘリの飛来が増えたりするので、世の中の流れ・政府の動きを敏感に感じ取れます。

我が家の被害はほぼゼロでしたが、余震を何度か感じ、なんとなくざわついた日になりました。
仕事終わり時間が近づく頃、家内から「高槻にお水を手配する・・・」なんて連絡がありました。
家内の姉の長男が高槻に住んでいるのですが、ミネラルウォーターの在庫が2L×3本だそうです。
1才のちびがいるので不安だから、こちらで手配できるか姉から電話が入ったそうです。

詳しく聞くと、本人たちは「コンビニに水がなくなった」とのんびりしているので、「あの子はのんびり屋だから~」と姉が「どうしよう、どうしよう」と慌てているようです。
「水道の水でいいでしょ。阪神の時だって水道は止まっている間、自衛隊の給水車来たから大丈夫なのに・・・。日本の水道の水飲んだらあかん赤ん坊なんていないよ」なんて言ったけど、「だって~、心配性だから~。コンビニで水がなくなっているようだからネットで注文して2日後に入るから持って行ったけると答えたの」と言う。
「ネット注文するなら、直接高槻から注文したらいいじゃん。コンビニだって、明日には入荷するよ。絶海の孤島じゃなく、高槻駅近くじゃない。じゃあ、今から持っていくわ、そうあ姉さんに言っとき」と言い通勤リード110に乗ってスーパーに水を買いに行きました。

2L×6×2を買い、足元に乗せて帰宅します。
家内はそれを見て「お水あったの?」「うん、山積みされていたよ。じゃあ行ってくるわ、お姉さん安心するでしょ」。

20時頃家を出発し、R171~中央縦貫で名神吹田ICまで走り、r14に乗りR171に出て高槻を目指します。
日頃のこの時間帯の渋滞状況はわからないけど、大渋滞していました。
スクーターの小回りを活かし、渋滞無しで駆け抜けます。

JR高槻駅前まで来て、それらしきビルを探すといくつもあります。
新築マンションの37階に住んでいるので、それ以上ある建物なんて1つだけだろうと高をくくっていました。
僕の携帯電話に甥っ子のナンバーを登録していないので姉に電話しました。
「・・ちゃん(僕)ごめんね」「いえいえ、バイクなので渋滞もなくすぐですから」。
50分でした。
甥っ子に電話して待ち合わせ、無事水を渡すことが出来ました。

「よっちゃんおじちゃんすいません」「ひろくんとこ、どのマンション?」、と甥っ子の住むマンションまでバイクを押して行きました。
「珈琲でも飲んでいってください」と誘われましたが、「いいよ、あかねちゃんも大変だし、けんとくんに手をかけてよ」って、帰路に着きました。
高槻駅前に真四角な同じ形のまるでオフィスビルのような巨大マンションが3棟建っています。
1つで何人住んでるんだ?と思うほどです。
電気止まりエレベーターが使えなくなったら大変そう。
自家発電装置を地下に持ってるのでしょうね。

甥っ子は、電車が全て止まっていたので、大阪からタクシーで帰ってきたそうです。
さっきJRが復旧したから、明日は大丈夫そうとのことでした。
そういえば、群馬県に住む本家の跡取りしてる従兄弟も、東日本大震災の時、東京から群馬までタクシーで帰ったと言ってました。
JR高槻周辺は特に地震の被害が目につかなかったけど、駅の南の方(淀川に近い方)に被害が多かったようです。

同じルートを帰ってきました。
帰宅は22:20、いつもなら寝ている時間帯なのに、家内は起きていました。
「ご苦労さま」と、お風呂のスイッチを入れてくれました。
夕食を食べ、風呂に入り夢の中の人になりました。
翌火曜日の朝まで、何度か余震がありました。
阪神淡路の時もしばらく続いたから、続くかもね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
地震怖かったですね。
私もその日、スクーターで茨木まで走っていました。
すごい混雑していましたね。
自宅のマンションはエレベーターが止まって
7階までその日3回登り降りしてヘロヘロになりました(笑)

No title

まんとさん
自宅のエレベーターが止まりましたか。
7階とはご家族皆様大変でしたね。
僕も阪神淡路の時インフラストップを経験しましたが、電話・電気は復旧が早く、水道が次でガスが最後でした。

甥っ子のマンションは37階と聞き、帰宅後家内と自家発電装置を持っているでしょうが、高層マンションは電気が止まると陸の孤島になっちゃうねと話しました。

もうエレベーターは動いていると思いますが、インフラの大切さをこういう時再認識させられますね。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR