7/31・ヤマカガシ

ネットニュース「産経新聞WEST」 『男児の毒ヘビ被害場所、伊丹の公園ではな
く宝塚の山道…友人宅でもかまれる 兵庫県警、友人の話もとに訂正』

兵庫県伊丹市に住む小学5年の男児(10)が29日、「ヤマカガシ」とみられる毒ヘビにかまれて一時意識不明となった事故について、兵庫県警伊丹署は31日、男児がヘビにかまれた場所を、伊丹市荻野の若松公園ではなく、伊丹市に隣接し、北へ約2・5キロ離れた山中にある同県宝塚市切畑長尾山の宝教寺の参道だったと訂正した。

29日に男児と一緒にいた友人に31日、事情を聴いた結果、誤りが分かったという。男児がかまれたのは30日に母親が伊丹署に連絡して判明。当初は母親の話をもとに調べを進めていた。
伊丹署によると、男児は29日、川沿いにある山道に友人とヘビを捕まえに行き、午前10時半ごろに左手の人さし指をかまれた。若松公園にはその後、血が止まらないため手を洗おうと立ち寄った。
また、男児は同日午後1時ごろにも、友人宅で、捕まえたヘビをリュックサックから取り出そうとした際に右手首をかまれたという。

当初の発表では、男児は29日夕、若松公園で友人と遊んでいたところ、ヘビに右手首をかまれたとされた。帰宅後に血が止まらなくなり、頭痛を訴えて病院に搬送。一時意識不明の重体となったが、その後意識は回復した。
ヘビは男児の友人が捕まえ、リュックサックに入れて男児の母親に渡しており、伊丹署が引き取った。
同署によると、捕獲されたヘビは体長約60センチでヤマカガシとみられる。ヤマカガシは、本州から九州にかけての水田や河川近くに生息。上あごの奥に毒牙があり、かまれると死に至ることもある。

----
当初の「伊丹市の公園でヤマカガシに噛まれた」というニュースで、現場が僕の早朝サイクリングコース沿いの公園だったので驚きました。
ヤマカガシがいても不思議ではないが、小学生が噛まれたというところにビックリした。

僕が小学生の頃は蛇も多く、毎週のようにアチコチで見つけた。
「蛇は敵」が代名詞だったので、1人の時はただ見ているだけでしたが、友達といる時はいつも退治していた。
川向うなら石を投げ、近くなら接近戦を挑む。

蛇は危険が迫るととぐろを巻きにらみ合いになる。
目を離さず、首を伸ばしても届かない距離を保つのが重要です。
でも必ず逃げ出すので、その時素早く尻尾を掴むのがコツです。
掴んだ瞬間に思いっきり振り回す。こうなると遠心力で噛めなくなり、そのまま石垣などに向かって手を離す。
石垣に当たってお陀仏という寸法です。

噛まれるリスクを負っているし、女子は絶対にしないし、男の子でも出来る勇気のあるやつは少ない。
これが面白く、友達とよくやった。
でも今は蛇も殆ど見なくなった。

側溝でアメリカザリガニを捕まえて尻尾をちぎって餌にして、近くの池でナマズを釣ったり、カエルを餌にして雷魚を釣ることもした。
カエルの口に爆竹を突っ込んで爆破させたり・・・、毛虫を捕まえ、教室の机の上に置いたり・・・今思えばとても出来ないような遊びをした。

小学校高学年になれば、興味が薄れみんなそんな遊びから卒業した。
25年前小学生だった息子たちが、そんな遊びをしているのを見たことがなく、とても上品になった。
去年、「我が家の石垣に蛇がいた、危ないから気をつけたほうが良い」と、お隣のご主人にご注進されたが、僕は危ないななんて全く思わなかった。
久しぶりに尻尾を掴んでやろうと、石垣探索したが見つけられず残念に思ったぐらいだ。

僕らみたいな小学生は絶滅したと思っていたので、このニュースを見て少し嬉しかった。血清を打って大事に至らず回復しているし・・・。

でもヤマカガシを見分けられなかったのが残念でした。
蛇に遭遇する機会が減ったからだろう。
「短い蛇には毒があり危険」
「模様が鮮やかな蛇は危険」
「長い蛇は毒がなく安全」

「蛇に噛まれたらすぐ病院に走り血清を打つ」、応急処置として「毒蛇に噛まれたら、その場所より上を紐できつく縛る」という知識をみんな持っていた。
友達にも大人にもマムシやヤマカガシの毒蛇に噛まれた人がおり、噛まれた箇所をナイフでえぐった跡を見せてくれたり、噛み跡の周りをナイフで何箇所も切り血を抜いた友達もいたからです。

それにしても、蛇を生け捕りにしてリュックに入れて家に持って帰るなんて骨のある小学生が現代におり、頼もしく思った。
でもまあ、親から叱られただろうな。
僕も何度も母親から叱られたが、翌日には忘れていた。
だって噛まれない自信があったもの。

家内にその話をすると、蛇に触ったことがないらしい。
宇宙人を見るような目で僕を見ていた。
性差ですね。

ヤマカガシを小学生が見つけ、1回目に噛まれたのが、宝塚市・切畑長尾山の宝教寺とのことで、きっとあそこだろうと地図を見ると、小学生の夏休みに友達を自転車でよく行った最明寺滝への道沿いにあるお寺でした。

最明寺滝には、不動明王がおり、昼なお暗い道と相まってちょっとした冒険道でした。
早朝に行くとカブトムシが取れるので、男の子には人気の夏休みスポットでした。
僕は午前中が勉強時間だったので参加できず、いつも午後からだけでした。
午後にはもう蜜にたかってるカブトムシは殆どおらず、朝行ける友達が羨ましかった。
でも勉強仲間もおり、そっちの点取りゲームもまた楽しかった。

名前の由来は、鎌倉幕府執権・北条時政が出家して「最明寺」を名乗り、この滝で修業したことから来ます。
10kmほどの距離に百畳岩というロッククライミングの名所があり、そこへの登山道に鎌倉峡と名づけられた場所があります。
この鎌倉の由来も、北条時政からです。

さらに山を登れば万願寺まで歩いて行けます。
途中に三洋電機社長の井植さんの別荘があります。
10年ほど前、お盆の家族ハイキングで、母親を伴って10人ほどで万願寺~三洋電機山荘~最明寺滝~阪急山本駅コースを歩いたこともあります。

宝教寺は、沢道・ハイキング道をまたぐようにアーチ門があり、場所も建物も一風変わったお寺で不思議だなと思っていました。
今回調べたら、朝鮮寺ということでした。
子供の頃からの謎が解明されました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR