7/30・映画「君の膵臓を食べたい」

お盆が2週間後に迫り、家内は隣の実家の掃除をする日だという。
法事でお寺さんややってくるので、弟一家がやってくるのが恒例です。
長男一家はアメリカ在住なので帰省しませんが、その分次男一家が長い帰省期間を取ってくれています。
僕は、恒例の法事後みんなで行く場所の選定など遊び担当ですが、主婦はお三どんや家のクリーニングで大変です。

でもまあ、次の日曜日もあるので、午前中は映画に行く予定にしました。
土曜の朝、家内が新聞を見ながら「君の膵臓を食べたい」と言う映画が面白いんだって・・・と映画紹介記事を伝えてくれた。
「じゃあ、明日行く?」「うん」。

この映画は、本屋大賞上位だった小説の映画化です。
本屋大賞をチェックしてて、変な名前の小説だなあと頭に残っていました。
インターネットの上映映画紹介は常にチェックしているので、予告編を見て気になっていました。
でも題名があれなので、家内に引かれるかなあと思い誘っていませんでした。
渡りに船です。

4時に目覚め、ゴソゴソ。
7時過ぎに帰宅し、風呂に入り朝食を食べながらTVを見ていると、「用意できた!」と家内がやってきました。
「え、もう行くの?」
映画上映開始は8:40なのに、まだ7:30です。
8:15出発で良いと思っていました。
駅前に出て用事をしたいということなので、8時出発に変更。
慌てて着替えました。

朝は雨が降っていましたが、うまい具合に上がりました。
通勤リード110にタンデムし、駅前に走り、そしてショッピングモール内の映画館へ。
8時開店のスーパーを覗いていたから、8:35になっていました。

この映画、母校の高校に教師として勤務する主人公・小栗旬が、図書館の建て替えのための図書移動担当に指名されます。
元図書係だったからです。
久しぶりの図書館は、懐かしい姿のままで、同じ図書係だった同級生少女Aがいるように感じます。

自分が十数年前に整理した蔵書ノートがそのまま使われています。
図書係達が蔵書の場所を探しているのに、的確に場所を伝える主人公。
それに驚き、この蔵書ノートの作成者だと見破るBくん。

そのBくんとの会話から、高校生時代のAさんとのことを思い出し、場面は高校生時代にタイムスリップする。
病院の待合室で待っていた時、廊下に1冊の本が落ちているのを見つけた。
拾って開くと「共病文庫」と言う題名。
ブックカバーでわからなかったが、日記だった。
1ページ目には、「私は腎臓の病気でもうすぐ死ぬ」と書かれていた。

そこに「見たでしょ」と持ち主の少女Aが明るい声でやってきた。
彼女は同じクラスの人気者で気になっている存在。
対して主人公は、できるだけ他人との接触を持ちたくない根暗な存在。
ここからAさんからのアプローチが始まる。
日記を見た罰として、あちこち引き回される。
図書係に立候補してやってくるし・・・。
ミステリーツアーで、新幹線で福岡への一泊旅行にも同行させられた。
Aさんといつも一緒の美少女Cさんから、ライバルとして敵視されるし・・・。

体調悪化で入院したAさんから退院の連絡が入り、Aさんが見たがっていた桜を、主人公は北海道に観に行こうと誘う。
思い出のカフェで待つが、ついに彼女は現れなかった。
彼女とはそれきりになった。
そんな思い出が展開される。

図書館の図書移動がそろそろ終わる頃、Bくんから「落書きされている」と見せられた図書カードには、懐かしいAさんの書いた絵が遺されていた。
そのカードの図書を探す主人公。
そこで見つけた彼女からのメッセージ。

1通は自分に、そしてもう1通はライバル視していたCさんへのもの。
その日は、Cさん(北川景子)の結婚式の日で、彼女から招待状が届いていた。
行くつもりなく無視していたけど、一目散に結婚式会場へ。

Aさんは、みんなの中で生きていきたいと言っていた。
そして、Cさんと仲良くして欲しいと言っていた。
Cさんの結婚する相手は、同じ同級生で根暗な自分に唯一声を掛けてくれていたDくん。

新婦の控室で、Aさんへのメッセージを読んだAさんは泣き崩れる・・・。
Dくんは相変わらずいつもの表現方法で主人公と接する・・・「ガム、いる?」。

自分への最後のメッセージに、いろんな疑問に答える彼女の主人公に対する心境が綴られていた。
それから根暗な自分が少し変わった。
若い図書係のBくんは自分に似て根暗。
でも彼に時々ちょっかいを出してくる少女がいる。

またちょっかいを出してきた。
「彼女は君に気があるんじゃないのかな?」
それを聞き振り返り「また明日」と彼女に言う彼。

素晴らしい映画で、またいっぱい泣いちゃった。
いつものように、ゆっくり気づかれないように隣の席の家内を時々盗み見ると、いつものようにスクリーンを一心に見つめていました。

僕も中学時代、ドクターストップでサッカー部を辞めてから図書係だったので、そんなことからもこの映画に共感しました。
僕は好きな人と夫婦になり、一緒に暮らすことが出来てなんて幸せ者なのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

腎臓じゃなくて

腎臓じゃなくて膵臓ですよね。いい映画です。

No title

ご指摘の通り、腎臓ではなくて膵臓でした。
膵臓は、痛みなど感じないので物言わぬ臓器と言われているので、気づいた時には既に手遅れという場合も多いようです。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR