7/9・ヨット部ミーティング

シャワーを浴びてさっぱりしたメンバーが2Fに集まり、ミーティング開始。
来週の遠征のことを確認し、僕の話。
いつものように腹を空かした若者には申し訳ないが、2週間前のレースで起こった他大学の重大なルール違反「スポーツマンシップ」について話した。
ミスに腹を立てたトップ艇上級生スキッパーが下級生クルーを蹴ってしまいました。
この行為は、スキッパーの腹の虫を収めるだけの益で、クルーやクラブ全体に対する不利益は計り知れません。
これで、今年のこの大学の全国制覇はないでしょう。

まずルールブックの該当箇所を、3回生Y君に読んでもらいました。
競技ルールに先行する違反で、最もきつい罰則を伴います。
この艇は失格になり、全日本への道が絶たれました。
それ以上に、人生に大きなマイナスをもたらします。
大学の体育会クラブは、勝利至上主義のプロ競技の世界ではなく、あくまでも教育の一環です。
腹をたてることは誰にでもあることで、それを咎めるつもりはありません。
しかし手を出したり罵声を浴びせたりしてはいけません。

スポーツは、同じルールのもと、切磋琢磨して自分を磨く術です。
ちょっと上手いからって奢ってはいけません。
ある一分野だけ上手なだけで、人にはそれぞれの天分があるので、別の分野では素直に学ぶ姿勢を持っていないと大きな人物にはなれません。
それを学ぶ場だと思っています。

僕の経験を話し、僕にヨットレースの勝ち方を教えてくれた僕のスキッパー、更にそのスキッパーの事を話しました。
僕のスキッパーは西日本No1スキッパーで、僕と組んで全日本で、全レーストップフィニッシュしました。

僕はこの先輩と組んだ2年間、一度も怒られたことがありませんでした。
ミスをしても、休憩時間やレース後に、温和のゆっくりした言葉で、しっかり教えてもらいました。
この先輩がクルーの時組んだスキッパーも温和な方で、怒った顔を一度も見たことがありません。
この2人はモントリオール・プレオリンピック日本代表ペアになりました。

僕は、2・3回生の時クルーでみっちり教えられ、先輩が引退した秋からスキッパーになり、その秋の一般全日本に出場しました。
先輩も出場し、スキッパー同士で師弟対決になりました。
先輩は1度トップフィニッシュしましたが、総合では僕の方が上になり、ナショナルチームに選出されました。
先輩は、我が事のように喜んでくれました。
恩を結果で返せたと思っています。

文部科学省のスポーツコーチプログラムを受講し、僕はヨットコーチ資格を有しています。
その時の講義で、脳科学のことも習いました。
痛みや恐怖から、人は最も緊急に逃れようとします。
だから、罵声を浴びせると一時的には結果が出ますが、痛みとその競技が結びついて脳の引き出しにしまわれるので、次にその競技をする時、考える時「痛み」が思い出され、その競技を忌避しようという心理が働き、いずれ止めてしまいます。

歓喜や快楽は、反対の作用があり、長期的に競技力を向上させます。
最近はプロ野球でも、練習での笑いやゲーム性を取り入れた快楽を取り入れています。
これは脳科学の発達でわかってきました。

練習中やレース中に怒りの気持ちになったら、勉強だと思い耐えること。
そして、明るい言葉や穏やかな口調に咀嚼して、ミスを教えるように話しました。
赤ちゃんは、まず「泣く」ことでいろんな感情を親に伝えます。
次に「笑う」ことで、「喜び」や「嬉しい」を表現できるようになり、最後に「怒り」の表情ができるようになります。
つまり、人にとって最も使わない感情が「怒り」です。
怒りは相手にも不快感を与え、人は去っていくので、できるだけ使わないのが良い人生に繋がります。
トップクラスのお笑い芸人さんや落語家さんは、「怒り」と「笑い」で表現したりします。
素晴らしいです。

最後に、僕の人生に大きなプラスになったこの考え方の効力を話しました。
大学同級生の学部一の美人をゲットできたこと。
その時の決め手の1つが「一度も親から怒られたことがない」ということで、4回生の時プロポーズしました。
家内は叱られたことがないので、子供を叱らず、私も叱られたことがない、喧嘩のない家庭になったことを話しました。

部員たちは、恋バナなのでクスクス笑っていました。
暴力事案の話なのでシビアな話になりがちですが、予定通り温和な雰囲気で終えることができました。
最後に、「腹が減ってる時に長話してスマン」と頭を下げました。

Sキャプテンが、「食事出来ていますか?」の問いかけに、マネージャーたちが「はい」、僕は「当たり前だよね、長話だったもの」と声を発し、また大笑いです。

この日の夕食は、ハンバーグとピーマンにハンバーグの具が入ってるおかず、スープもついており美味しい。
美味しくいただき、キッチンに行ってそこにいたマネさんにご馳走様を言い、19:41帰路に着きます。

湖西道路~名神~20:02、「桂PA」に入り、「ジャージー牛乳ソフト183円」で糖分補給しました。
20:18に出発し、中国道経由で20:55帰宅。
家内は既に寝ていましたが、着替えが用意されており、風呂に入りヨーグルト持って自室に上がり就寝。
楽しい1日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR