7/9・関蝉丸神社下社

コーチしている大学ヨット部の練習に参加します。
地元伊丹市の天気予報は、14時を中心に一時雨ですが、大津市の天気予報は朝9~20時まで雨です。
バイクで行く予定にしていましたが微妙。

朝4時前に目を覚まし、しばらくあれやこれや。
5時になり行動開始し、5:32出発。

結局4輪で行くことになりました。
まだ雨が降っていないのでバイクでも平気なのですが、ヨット部に寄付する書類棚・コルクボード・マグネット格子ライン入りホワイトボードを4輪に積んだままだったことを思い出したからです。

中央縦貫で吹田まで走り、名神に乗り、6:09桂PA着。
トイレを済ませ、京都東ICで下車し、R1を大津に向けて走ります。
逢坂峠を超え、R161に乗り換え、6:27「関蝉丸神社・下社」着。
先月「上社」を訪問した時、山側の道を探索し、見つけられませんでした。

20170709SemiS003s.jpg 「逢坂1丁目北」と言う住所です。
20170709SemiS004s.jpg 社名とともに「音曲芸道祖神」と彫られた石柱が立っています。
参拝路に京阪電車の踏切があり、京阪電車が横切っています。

その手前に、「関清水大明神」と彫られた灯籠が立ってる。
湧水が湧き、地域の方に利用されていた名残りでしょう。
踏切名はズバリ「蝉丸神社踏切」となっています。

20170709SemiS008s.jpg 踏切を渡ると石鳥居が立ち、境内舞台の向こうに本殿が見えます。
右手の手水舎は、手入れされていないまま放置状態です。
蝉丸神社はよく手入れされている印象でしたのに、関蝉丸神社はイマイチになり、ここは放置。
この差は何なのだろう。
境内の家?元宮司さんの家の屋根にはブルーシートが掛けられ無住の感じがします。

20170709SemiS016s.jpg 参道脇に、「せきの志三川」と彫られた石柱が立ち、石柱玉垣に囲われた井があります。
上に小さな祠が乗っている。
どうやらここが「関清水大明神」のようです。
湧水を大切に守っている感じがします。
現状はと覗くと、石組みが湿っているものの、湧水は貯まっていません。

摂社に「貴舩神社」があり、舞台を見ると、絵馬殿にも利用されていました。
倉庫がある。
蝉丸神社訪問日は、祭り1週間前で、虫干しで倉庫が開かれており、お宝の金ピカ神輿や、琵琶を拝見できましたが、この中にもお宝が眠っていそう。

20170709SemiS030s.jpg 本殿の屋根にも築地塀にもブルーシートが掛かり、とても残念な状態です。
きっと地元の氏子方は資金集めに奔走しておられるでしょう。
我が家も地元氏宮本殿修理に寄進し、玉垣に名前を刻んでもらいました。
阪神淡路大震災修復にも寄進したような覚えがあります。
蝉丸神社は3社あるので、維持管理に多額の費用が必要でしょう。

教科書に載るような有名な盲目の琵琶法師・蝉丸を祀る全国区の神社ですから、行政の支援があっても良さそうなのに・・・大津市にとっても貴重な観光資源でしょうに。

因みに、蝉丸神社が蝉丸が住んだ所で、蝉丸さんを祀っています。
関蝉丸神社・上社は猿田彦命で、下社は豊玉姫命を祀っています。

『謡曲「蝉丸」と関蝉丸神社 幼少から盲目の延喜帝第4皇子・蝉丸の宮を侍臣に頼み、僧形にして逢坂山にお捨てになった。この世で前世の罪業の償いをすることが、未来への助けになるとあきらめた宮も、孤独の身の上を琵琶で慰めていた。
一方延喜帝第3皇女・逆髪の宮も、前世の業因強く、遠くの果まで歩き回る狂人となって逢坂山まで来てしまった。美しい琵琶の音に引かれ偶然弟の宮・蝉丸と再会し、2人は互いの定めなき運命を宿縁の因果と嘆き合い、姉宮は心を残しながら別れていく。と言う今昔物語を出展とした名曲が謡曲「蝉丸」である。
蝉丸宮を関明神祠と合祀のことは定かでないが、冷泉天皇の頃、日本国中の音曲諸芸道の神と勅し、当神社の免許を受けることにされた。 /謡曲史跡保存会』

延喜帝は、延喜式で有名な延喜年号の帝・醍醐天皇のことです。
本殿横に、石灯籠があります。

20170709SemiS037s.jpg 『重要文化財 工芸品・石灯籠(時雨灯籠) 六角形の基礎に単弁の蓮華座を彫り、その上に立つ竿の中ほどに蓮華と珠紋帯を作り、六角形の中台には花入単弁の蓮華が彫られている。六角形の火袋は簡素なもので、火口1ヶ所と小さな丸窓を設け、壁面も上部だけ連子を彫っている。六角形の笠も薄く、蕨手はよく古式をとどめている。最上部の宝珠と請花は後補。
作成年代を示す銘文はないが、様式上鎌倉時代の特色を持った良い石灯籠』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR