7/2・サイクリング 猪名川~USJ

家内とサイクリングです。
今回のお題は、「大坂城に行こう」で、メインディッシュは「渡船に乗る」です。

「用意出来次第出発」といういつものパターンです。
6時前に自転車を2台、玄関から出して、規定の7気圧に空気を入れます。
作業してたらポツポツと降ってきて空を見上げます。
晴れ間も見え、六甲山にも雨雲が掛かっていないので、しばらくは大丈夫だがサイクリングを止めるかな?
そう思いながら、「バイクで京都に行こうか?」と第2案を家内に提案する。

「どっちでもいいよ~、服装が変わるから早めに決めてね」との返事。
京都の本を読み、行き先を考えていると天気予報が始まり、雨雲予想が出て、なんか大丈夫そうでした。
「雨が降るなら夕方のようだから、やっぱりサイクリングしよう」と家内へ。

トイレで朝のお勤めを終え出てくると、家内の用意が整っていました。
黒ランニングストレッチタイツにピンク系ミニスカート、同じくピンク系のサイクルジャージが可愛い。
慌てて僕も黒サイクルカーゴパンツ+ブルーのサイクルジャージを着て出発です。

20170702USJS003s.jpg 河岸段丘を下り猪名川を渡り、6:52伊丹空港北端で朝の飛行場を撮ります。
猪名川左岸土手道を下ります。
自転車歩行者道に白線表示されています。

『ここは神崎川の合流点から5km・猪名川橋まで500m』の道標が横に立っています。
国土交通省・猪名川河川事務所・園田出張所が今年立てました。
20170702USJS010s.jpg 河川敷でヘリコプターを飛ばしている方がいます。
ラジコン飛行機が飛んでいることもあり、楽しい道です。

千里川との合流部に、鴨が数羽休憩しています。
カイツムリが長い潜水から水面に出て来ます。
7:33名神高速道路下で休憩です。
20170702USJS011s.jpg 日差しが差し、日陰が恋しい7月になりました。

7:42、土手道が阪急電車に突き当たり終わり、一旦河川敷に降りてくぐり、再び土手道に上がります。
7:43、『神崎川まで1km・戸ノ内橋まで270m』
土手から降りる道をミスり、土手道で戸ノ内橋まで行ってしまい1km以上余計に走ってし
まいました。

戸ノ内橋を渡り、ここから地図を見ながら適当に走ります。
7:56『香具波志(かぐはし)神社 平安時代・天徳3年ご奉斎申し上げた宇迦之御魂(うかのみたま)神(穀物の神)・保食(うけもち)神(食物の神)が当社の始まり。後に天照大神(日照の神)・稚産霊(わかみむすび)神(結実と生産の神)・埴山姫(はにやまひめ)神(土地の神)をご奉斎申し上げ、香具波志稲荷大神として尊崇された。淀川水系・猪名川水系の川の港、中国街道の要衝として氏子地域が繁栄し始めた鎌倉時代には、住吉大神(海や河川の神)・八幡大神(海運の神)を併せてご奉斎申し上げるようになった。平成7年1月17日の大震災は、文政以来の拝殿・大鳥居はじめ境内社・神輿蔵・裏門・石灯籠全てが全壊し、倒壊を免れた表門・手水舎も大破するなど、甚大な被害をもたらした。一面が瓦礫の山になった境内を前に、何から手を付ければ良いか方途が見えない状態でした。氏子・崇敬者自身も被害を受けながらも、復興活動に尽力いただき、主要建物の復興を成し遂げた』

本殿が鉄筋コンクリート製になっていた。
木造での再建は、費用面・材料面で無理だったのでしょう。
20170702USJS020s.jpg 『上田秋成寓居跡・加島鋳銭所跡』の石碑が立っていた。

上田秋成は聞いたことがあるようなないような人物なので調べたら、「雨月物語」の作者でした。小説でも映画?ドラマ?でも見た妖怪物語です。「西行が保元の乱で崇徳上皇が流された白峯で、上皇の亡霊と会う物語」など数作品をオムニバスされた小説です。

自転車で来ると地理感が違いますが、「加島の交差点」に近いことと、鋳銭所があったんだということを知りました。
大阪湾に近いことを考えると、渡来系の技術者が暮らし、銭を作っていたのでしょう。

20170702USJS021s.jpg 境内に白いお狐さん像が数匹置かれています。
『藤沢薬品工業(現アステラス製薬)大阪工場内の神社に置かれていた二対の守護狐です。当時・藤沢友吉商店は、明治時代に加島2丁目に大阪工場を設け、樟脳を生産していた。藤沢家は敬神の念篤く、御神木として祀られることの多いクスノキを材料にして製品を作っている等から、工場内神社を設け、天然記念物の大楠のあった当社の御祭神・伏見稲荷の御祭神・購入地の神様を合わせ「楠稲荷」として祀った。当社から毎年祭典に伺っていたことから、平成28年の工場閉鎖に際し、神狐を引き取った。守護神社名に因んで楠の枯木の傍らにお祀りしました』

20170702USJS026s.jpg 神門前の楠の大木横に腰掛けた家内の所に戻り、藤沢薬品のこと、鋳銭所のことを話します。
20170702USJS029s.jpg 勝手に写真を写していると、「正面からは駄目よ、足が短く見えるじゃない。斜め上から写さなきゃ」と指導されました。

20170702USJS030s.jpg 8:35、川を渡る橋だと思ったら、下を自転車道が走っていた。
元河川であることは地形的に明白です。
この下に川が流れているのかな?
流路改修されて川がなくなったのかな?
結果的にはこの道を走った方が楽しかったかもしれないが、8:47、R43伝法大橋で淀川を渡りました。

20170702USJS032s.jpg R43を西にくぐってしまい、再び土手に上がり東に戻る時、屈んで自転車を斜めにしないとR43をくぐれませんでした。

20170702USJS037s.jpg 「春日出商店街」を走り、「JRゆめ咲線」に出ました。
この線路沿いに走ったら、目的地のUSJです。
住友化学の工場があり、線路の向こうも住友化学で、両工場を結ぶ踏切もありました。
この線が引かれる前から工場があったのかな?

9:10「JR安治川口駅」
駅前に「新大阪郵便局」があり大郵便集積局のようです。
20170702USJS042s.jpg ちょうど派手なJRラッピング車両が駅に着きました。
集客力を高めているUSJアクセス線なので、ラッピングが似合います。

20170702USJS050s.jpg 大きな貨物車両基地があり、ディーゼル貨物気動車「桃太郎」が長大なコンテナ貨車を引っ張っていた。
9:17、「ユニバーサルシティ駅」
USJ直結道路をたくさんのお客さんが歩いていた。
20170702USJS055s.jpg 絶叫が聞こえてきて、見ると「フライング・ダイナソー」がループを走行していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR