6/25・ヨットレース・コーチングで若狭へ

コーチしている大学ヨット部の全日本学生個人選手権予選です。
8:40若狭和田マリーナ出艇です。
前日に続き、バイクで行きたかったのですが、天気予報は雨です。
この日から梅雨らしいぐずついた天気が続くそうです。

仕方なく四輪で行くことにして、前日に用意をします。
中国道~舞鶴道で2時間、R173~京都縦貫道~舞鶴道で3時間、全線下道で4時間です。
3時台に目を覚ましたので、全線下道も考えましたが、しっかりした雨音で心がめげ、少々ゴソゴソし雨音が収まった4時過ぎに家を出ました。

まずは4:22「伊丹産業セルフ川西SS」で給油し、R173を北上します。
交通量が少なく、「一庫ダム」を過ぎると信号もなくなり、快適に走ります。
「道の駅・瑞穂の里さらびき」を通過し、5:26よく立ち寄るR9との交差点にある「ローソン京丹波和田店」で、「助六寿司・399円」を購入。

R9を渡り、「京丹波みずほIC」から京都縦貫道に乗ります。
相変わらず霧雨が続いているので、制限速度70km/h規制されていました。
しばらく1車線でたまに追い越し車線が現れる高速道路なので、後ろを気にしながら+10で走る。
後続車に追いつかれますが、交通量が少なく僕の後ろに1台だけで気持ちが楽でした。

「綾部JCT」で舞鶴道に乗り換え、東進します。
「大飯高浜IC」で下車し、r16で海岸線に出てR27を少し東進します。
懐かしい「若狭和田海水浴場」の松原が見えてきたので、枝道に入ります。
もう雨は上がっています。

6:26「若狭和田キャンプ場」
子供たちがチビの時、何度も海水浴・キャンプしに来ました。
中学生になった長男に頼まれ、キャンプ用品と友達3人を乗せ、キャンプの送り迎えをしたこともあります。
浜に出て、懐かしい風景を写真に収めます。

20170625IndS004s.jpg 砂浜の海水浴場を挟んで、キャンプ場と漁港があり、漁港の隣に「若狭和田マリーナ」があります。
漁港裏をマリーナに向けて走ると、鳥居を発見し立ち寄ります。

20170625IndS009s.jpg 6:34「新宮神社」
『創立:康治2年・紀元1803年(西暦1143)紀州熊野より勧請 祭神:伊佐那美神(殖産興業・子安)・速玉男の神(漁船安全守護神)・事解男(コトトゲヲ)の神(和平楽土守護神)』

伊耶那岐命が黄泉の国に行ってしまった伊耶那美命を追いかけて、「見てはならないと」言われたのに見てしまった伊耶那美命の変わり果てた姿が怖くて、逃げ帰った時生まれた神です。
3柱を祀っているようですが、生んだ伊耶那岐命がおらず、ちょっと変な組み合わせだと感じました。

境内に大きな神輿庫があり、本殿前に巨大御神木が鎮座しています。
『高浜町天然記念物・ムクロジ、樹高21.4m・幹周り2.8m』
『高浜町天然記念物・イチョウ、樹高28.7m・幹周り3.8m』
秋になると、見事な黄葉を見せそうなイチョウです。

20170625IndS019s.jpg 本殿裏の岩盤下部に洞窟がありました。
謂われ板がなく、詳細は不明ですが、戦中は防空壕になっただろうし、子供の遊び場になっていた事が想像されます。
板格子で塞がれています。
岩盤に神を感じ勧請されたのでしょうか?

20170625IndS023s.jpg 脇社として一段高い所に「諏訪神社」が鎮座されており、そこに行くと長い階段が登っています。
更に脇に「稲荷神社」が鎮座されていました。
ハーハー息切れしながら220段を上がると、「愛宕神社」がありました。

レース海面を見下ろす絶好の観戦場所を思い登ってきましたが、レース海面側への眺望が木々で塞がれ無駄足でした。
20170625IndS027s.jpg 漁港・海水浴場側の眺望は良かったのですが・・・

車に戻り、神社脇から「安土山公園」に上がりました。
ここには一度来たことがありますが、以前同様展望台前まで木々が伸び展望台の用を成していません。
ここも観戦場所としてアウトです。

7:05、ヨットハーバー着。
学生たちが艤装しています。
偶然監督が歩いてきて挨拶します。
トイレに走って行きました。
マリーナ事務塔に入り、係留費などを見て、大会本部で前日の成績表などをチェックします。

他大学の選手などが挨拶してくれます。
「目上の人見たら、とにかく挨拶」こういう体育会系が好きです。
もちろんこちらからも「おはよう」と声を掛けます。
各クラストップ6が全日本出場権を得ますが、当方は各1艇が該当しています。
昨日の3レースの中の1レースが半分DNFになっており、レース中に風が落ちたようです。
5レースあれば最悪の1レースがカットされるので、復活しそうな艇もあり楽しみです。
1週間前のレース結果では各クラス2艇が出場権を取れそうなので、当方に味方してくれるといいが・・・

艇置き場に行き、みんなと挨拶します。
笑顔が溢れておりリラックスしているようです。
女子マネさんが、駐車許可証を持ってきてくれたので、車に戻りフロントガラス内側に置きました。

防波堤に座って、助六寿司で朝食にします。
まず本部船など運営艇が出艇して行きますが、風が無いようで陸上待機のアナウンスが有
りました。
マネさんたちとお喋りしていると出艇案内が出ました。
20170625IndS037s.jpg 9:26出艇。
スロープは2本ありますが、1本しか使えないようで、指定された順に出艇して行きます。
インフレータブルボートに荷物を積み込み、僕はマネさん2人・監督とともにレンタルしている漁船に乗りに、漁港に歩いて行きます。

海水浴場では、大音量でアナウンスが流れており、何かイベントをしているようです。
20170625IndS041s.jpg わかめを取るような小型平船漁船に乗り込み、漁港を後にします。
20170625IndS045s.jpg かもめが数羽海面に浮かび、トビが20羽近く屋根に乗っており、おこぼれに預かろうと大漁船の帰りを待っているようです。

20170625IndP083s.jpg 沖では、カヌーやサーフィンボードの上に立ってパドルを漕いで、島廻りレースをしているようです。
このアナウンスだったようです。
後でここに住むOBさんから、「ライフセーバー大会」だと知りました。

20170625IndP087s.jpg ハーバーの方に目を向けると、レース艇が続々とハーバーから出てきます。
インフレータブルボートがやってきて、大きな荷物をこちらに載せ替えます。
監督もインフラの方に乗り移りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR