5/19・ご婚約

昼ご飯を食べながらニュースを見ていたら、秋篠宮家のご長女・眞子内親王さまのご婚約発表が延期されたと伝えていた。
九州の梅雨前線に伴う大雨の被害に考慮されたようです。

延期されても、お目出度いことにかわりはありません。
ご両親同様、大学時代の同級生カップルということで、とても好感を持ちました。
ご両親のご結婚の時も、お兄さんのように皇太子ではなく、少し気軽だし、なんか気さくな感じのするカップルで、いいなと思っていました。

お子さんも3人育てられ、温かい家庭を感じます。
眞子内親王・佳子内親王は、お二人とも可愛く好かれそうな感じで、佳子内親王殿下がお姉さまの後を追うように、学習院大学からICUに転学なさったのを見て、姉妹仲がいいんだろうなと想像しました。

2人共そろそろ結婚だなあ・・・と思っていたら、ご両親同様大学を出て数年での結婚になりました。
僕も家内と同級生で、学生時代から付き合っていたので、大学卒業する前にプロポーズしており、24才で結婚しました。
長男誕生が25才で、次男が28才の時でした。
僕は結婚後、また学校に入り直し、6年学びました。

結婚には勢いというか「大好き」上昇中の流れが必要なので、学業終了後2~3年が勝負です。
ここで男が決断できなければ、いい女は去っていきます。

眞子内親王殿下の婚約者さんもそうですが、学部卒業後更に勉学に励む方も多いです。
それでも、学部卒業後2~3年が勝負です。
家内の姉は、学部同級生でクラブも一緒だった旦那さんと、学部卒業後1年で結婚しました。
お兄さんは、学部卒業の年に入試を受け、学部卒業後すぐ大学に入り直しました。
お姉さんが長女を抱えながら働き、家内の実家からの仕送り・サポートによりお兄さんの学業を支えました。

結婚できない理由をいろいろ上げて、社会に責任転嫁する風潮がありますが、2人のやる気さえあればどんな状況でもやっていけるものです。
今も若い多くの学生と接していますが、学部中に付き合っていても、3年を過ぎてまだグズグズしているカップルは、たいてい破局しています。

以降は腐れ縁になるだけで、結婚への情熱が冷めてしまい、新たなアプローチがあれば、女性はそちらに惹かれてしまいます。
いい女であればあるほど、男からのアプローチが多いのでそうなっちゃいます。
家内は別の学部で、その学部で一番の美女でしたが、学部1回生の時から2年間付き合った僕と同じ学部の子も学部一番の美人さんでした。
すごく羨ましがられましたが、僕がクラブで週末デートできなかったことと、のんびり付き合っていたので、他学部の1年先輩に取られちゃいました。
そして彼女は、学部卒業した翌月、その先輩と結婚しました。

「いい女ほど、先に売れちゃう」
男は、これを頭に置いておかないと・・・
ドラマでは、「勉強は出来るけどスポーツはダメ」「美女ほど性格はダメ」なんて構図が定番だけど、僕の経験では「勉強できるやつはスポーツも出来る」「美女は日頃の食生活バランスがいい、早寝早起き生活の結果。健康で、性格も良いので自然な笑顔になり美女」です。

時に男は、根拠のない自信が必要で、「えいやっ」が必要です。
おめでとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR