5/5・洲本から大阪湾を突っ切り西宮へ

10:26、船に戻り、S先輩ドライブで、船を出します。
出艇着岸は、俊敏に岸壁や桟橋に乗り移って船を固定する作業があるので、僕・Hさん・SGさんが、もやいを持って作業する係です。
体育会系なので、年令による上下が暗黙の了解です。

20170504WakaS262s.jpg パラセイルが空を飛んでいます。
相変わらず無風で、午後入ってくるであろう西風に期待です。
20170504WakaS265s.jpg しばらくメインセイル+機走6ノットで走ります。

僕がステアリングを交代します。
ホームポートの西宮は、60度方向なので、コンパスを見ながら60度を走ります。
20170504WakaS274s.jpg ブロー海面が出てきたので、ジェネカーを上げます。
巨大セイルでめんどくさいので、あまり上げないのですが、ヨット乗りが5人いるので、練習のためもあり上げます。
S先輩にステアリングを交代してもらい、僕は作業員となって、3人でセイルアップの準備をし、セイルをあげます。
エンジンを切っても2ノットぐらいで走る快適なセイリングでしたが、風がなくなり、ただ漂っているだけになりました・・・あ~。

海面に目を落とすと、赤潮の名残りで、きれいな海とは言い難い。
20170504WakaS272s.jpg クラゲが大量発生しており、アカクラゲが海面上にもぐらたたきのように頭を出しています。
何してるんだ?

20170504WakaS277s.jpg 淡路の巨大観音像前ぐらいから、ブローが先まで続くようになり、3ノットほどで走ります。
20170504WakaS285s.jpg 13:43、明石海峡大橋からの潮の流れの境か、また赤潮の帯が長く伸びており、突っ切ります。
20170504WakaS288s.jpg 赤潮はプランクトンの集まりで、夜なら、船の刺激で夜光虫プランクトンが輝くはずです。

20170504WakaS292s.jpg Hさんからステアリングを交代し、ここから、優勢なブローが南から下りてきました。
艇速は6ノットに伸び、快調に飛ばします。
本船が僕らの航路とクロスしそうで、僕らに航路優先権はありますが、大型船は小回りがきかないので、暗黙の了解で、それを交わすためにジャイブします。
「ジャイブしますよ」「了解、メインを絞って、準備OK」
「じゃあ行きます、ジャイブ」とステアリングを切ります。
セイルを返し、スターボードタックからポートタックにして本船航路とクロスしないようにします。

大阪ATCタワー目指してスターボードタックで走っていましたが、今度は神戸のビル群を正面にして、また爆走します。
風速は、5~6m/sでしょうか。
更に風が上がり、海面は全面白波になり、8m/sでしょう。
風下舷すぐ下に海面が来るほど、ブローを受けフルスピードで快走です。
僕がステアリングをミスったら、ブローチングして横倒しになります。
「ヨットはこうでなくちゃ」
カメラでビデオを撮りたいが、先輩に「代わってください」なんて言えません。
これ以上になったら、レース艇ではないので、ジェネカーダウンです。

「このまま西宮沖まで突っ走るぞ」と思っていたら、16:15、神戸空港沖まで来て、S先輩から「ジェネカーダウンしよか」の司令。
S先輩にステアリングを交代し、作業員になります。
エンジン始動し、セイルから風を抜いてスピードダウンします。バウ(前)に行って、ソックスを下ろし、ジェネカーから風を抜きます。
下までソックスを下ろし、ジェネカーハリヤードを切って、SGさんと一緒に海に落とさないようにジェネカーをデッキ上に下ろし、ハリヤードシャックルを外します。
Hさんが船内からバウハッチを開け、ジェネカーを船内に入れます。
あとはシートをコイルするだけです。

機帆走(メインセセイルのみ)で西宮を目指します。
神戸からやってきた客船とまた航路がクロスします。
しばらく相手艇のバウを見ていましたが、見え方の角度が変わらないので、このままでは衝突か至近距離でクロスします。

「Sさん、あれヤバイですね」
「お~、しゃあない、かわすぞ」
僕らがバウを客船の後方に向けかわし、客船は僕らの前を通ります。
20170504WakaS299s.jpg メリケン波止場発着の遊覧船「ルミナス2」でした。
僕らの前を横切ったら、すぐに右にUターン気味に舵を切ります。
「だったら、先に切れよ」と、S先輩がブーブー。

20170504WakaS300s.jpg 神戸空港と関西空港に降りる旅客機が、大阪湾のここの上空を飛び交っています。
伊丹空港に降りる機は、生駒の上から侵入するので、関空の南で生駒に向かいます。

16:37、神戸空港東進入路灯に近づきます。
便数の少ない神戸空港ですが、連休の夕方なので、3機連続で降りていきました。
セスナも降りていきました。
Hさんはハワイでセスナの操縦士免許を取ったので、飛行機の動きに詳しいです。
風に流されながらの操縦を教えてくれました。

20170504WakaS307s.jpg 14:47、神戸空港東側滑走路延長線上。
20170504WakaS312s.jpg 17:16、西宮尼崎港の赤白灯台から港内に入ります。
フェンダーを左舷に出し、着艇用意。
17:39新西宮YH防波堤をかわしハーバー内に入ります。
芦屋YHの入口に出来たエクシブが完成間近です。
20170504WakaS313s.jpg 上半分の足場が除かれ、美しい形が半分見えています。

20170504WakaS315s.jpg 18時にバースに戻りました。
陸電をつなぎ、ホースとブラシで、船を洗います。
先輩2人は現場監督的立場で桟橋に下り、下っ端3人でブラッシング・水掛けします。
荷物を外に出し、オーニングを掛け、無事帰着。

16時帰着予定が遅くなり、お疲れ様センターハウスでのコーヒータイムは無しで、「お疲れ様、ではまた」で家路につきます。
電車で来られた先輩2人は、車に乗せてもらいます。
下っ端3人は、船の上ではアルコール無しで来たので、問題なしです。
僕は飲みませんが、HさんとSGさんは、初日も和歌山のハーバーに着いてから飲みました。

これも体育会系の暗黙の了解で、いくらおっさんになっても、下っ端な下働きするためにアルコールなど飲みません。
まあ、海の上なので、ベロンベロンになるまで飲む人は先ずいませんがね。

アドレスV125に乗り、R171を東に走り、19時頃帰宅し、荷物を片付けます。
すぐ風呂に入り、何やかやと船の上でつまんだのでお腹が空いておらず、450gプレーン・ヨーグルトを食べただけで、20時には寝てしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR