4/30・福知山サイクリング 阿陀岡神社~鴨神社~愛宕神社~出雲二宮神社

20170430FukuS028s.jpg 10:16、第2休憩場所の「阿陀岡神社」
延喜式内社と書かれていたので、平安時代には既にあった古社です。

『主神:木花咲耶姫 欽明天皇即位3年(583)春日部乙身、勅命により幣物を奉ったとあるので、1400年以上昔から鎮座されていた古社です。主祭神は、天孫・ニニギノミコトの后で、海彦・山彦の母で、火中で安産したことから、安産の神として崇敬されている』

彫刻が立派です。
20170430FukuS040s.jpg 金色の神輿が置かれた社殿があります。
遥拝所もある。
本殿裏手に稲荷神社があったが、その参道脇に大岩が数個かたまってあり、岩座信仰ではないかと想像された。

沖縄米軍基地・城巡り・名所巡りツーリングした時、日本本土と同じ磐座信仰を数ヶ所で見ました。
沖縄を作った神が降り立ったという小島を向いて岩座があり、今でもシャーマンがそこに座り祈りをしているのだとか。
周囲は原生林とまでいかなくても自然が意図的に残されており、鳥居さえあれば古代神道と同じだと感じました。
というより、古代神道が沖縄に残っていると感じました。
日本本土の神域同様、神聖な場所として立入禁止の禁足地まであった。

氷河時代が終わり、アフリカから出た人類は、中東~インド亜大陸~東南アジアに移動し、中国大陸は大陸性気候であったため人が暮らせない寒さだったので、フィリピン~台湾~沖縄列島~日本本土と北上したそうだ。
だから、朝鮮半島より日本の遺跡の方が古い。
日本列島から朝鮮半島に渡り、更に温暖化し中東から中国大陸経由で朝鮮半島に入った民族と出会ったという説がある。

以降、中国文明の方が発達し、日中相互に影響し合うようになった。
そう考える気候・気温から見た世界史派の方が説得力があり、神功皇后の三韓征伐、親日本の百済と朝鮮の日本傀儡国家・任那の時代を経て、天智天皇の時代唐・新羅連合軍と対戦した百済・任那連合軍に加担した日本軍が大敗し、朝鮮半島で利権を失った白村江の戦いへの流れが、クリアになる感じがする。

阿陀岡神社と摂社・稲荷神社の間の大岩を見ながら、目は岩座を探していた。
20170430FukuS060s.jpg 竹田川が作ったであろう田園地帯を走ります。
風が強いですが、追い風なので平地なのにこがずに長く進んだり楽でした。

20170430FukuS087s.jpg 10:41、第3休憩ポイント「鴨神社」
渡来系民族・賀茂族を想像させる社名です。
『御祭神:賀茂別雷命 創建は不明。応永28年(1421)「再造鴨大明神社殿」の棟札があり、禰宜賀茂縣主経良の名が記されている。天正7年(1579)明智光秀の丹波攻めの兵火で、社殿一切焼失。現在の本殿は永宝28年(1680)、拝殿は文化8年(1811)に再建された。江戸時代、鴨郷9ヶ村総社として尊崇を集め、4社(鴨神社・貴船神社・八幡神社・春日神社)を合祀したことから鴨四座大明神と称し、氏子640戸を擁した。時の領主・旗本川勝氏も崇敬の念篤く、神社の繁栄維持に勤めた。大正13年郷社に列せられる。境内面積2400坪、本殿両脇に2社と1社を配し、祝詞殿に続く東西10間南北2間の広さの拝殿、それを三方塀で囲んだ社殿は壮観である。戦後、宗教法人・鴨神社となる。一の鳥居(大正3年再建)の脇に御神木の天然記念物大公孫樹(樹齢数百年・高さ20m・幹周6m)がある』

20170430FukuS071s.jpg 拝殿彫刻が立派で、拝殿内に年代物の絵馬がかかりかっこいい。
ここにも遥拝所があった。
20170430FukuS077s.jpg 「伊勢神宮・宮中三殿・橿原神宮・明治神宮、遥拝所」と書かれている。
20170430FukuS090s.jpg 小さな池の中央に厳島神社の摂社があり、厳島神社だから水に囲まれていると喜んでいます。

樹周6mの御神木が見当たらないなと思いながら自転車で走り出すと、境内の外100mぐらい離れた外鳥居の近くにその樹があった。
20170430FukuS099s.jpg 『古く平安の昔から乳の木として崇敬されてきた名木が、樹勢衰弱し見過ごすことができなくなりました。推定1200年生き続けてきた名木を蘇らせたいと有志が集い「大公孫樹を守る会」を結成し、日本樹木保護協会代表樹医・山野忠彦氏に診断を依頼した。早急に根本的手術と治療を施す必要があると診断され、浄財を募り、大規模な蘇生手術治療が施された』

11:06、第4休憩ポイント「愛宕神社」
ここで行程の半分です。
境内に舞殿があった。
お洒落だな。
神輿殿という建物があり、中は見れなかったが、神輿というより山車が収まっていそう。
20170430FukuS110s.jpg ここも、本殿の彫刻が立派です。
20170430FukuS115s.jpg 脇障子の彫刻もいい。

境内の隅に、壊れて引退した狛犬が置かれていた。
「お父さん、狛犬を作ったら」と言われた。
1才になる2人目の孫・こうくん誕生記念がまだなんです。
最初の孫・りょうくんには記念勧請して小さな屋敷祠を建てた。
3人目のすみれちゃんは、僕らの子孫初めての女の子なのでアセビを植樹した。
鳥居を手作りしようと思っているが、何かないかなあと言ってるので、アイデアをくれたようだ。

11:48第5休憩ポイント「出雲二宮神社」
成願寺がポイントだったが、通り過ぎてしまったようです。
三五桐紋でした。
山車が入っていそうな社殿がある。
神社や寺院は、鎮守の森があるので、遠目でも見当をつけやすい。

ここは電波塔が立ってる「高谷山」の北側で、高谷山にはスカイスポーツのテイクオフバーンがある。
早朝バイクで高速道路を使って、そのバーンに上がった事がある。
舗装林道があり簡単に上がれた。
出勤に間に合うよう朝8時帰宅でも来れる。
最遠早朝バイク記録は、和田山の竹田城で、朝霧を撮りに何度か夜中走り、夜明け前に山城に上がってカメラを構えていた。
今はもう早朝でも上がれなくなったので、懐かしい記憶です。

20170430FukuS128s.jpg 11:57、兵庫県が終わり、京都府・福知山市に突入。
20170430FukuS153s.jpg 暫く走ると、小川の上を鯉のぼりが勢い良く泳いでいます。
ここまで幾つもの鯉のぼりを見てきました。
我が家の鯉のぼりは、孫達がアメリカに行っちゃったので、今年は出番なしです。

20170430FukuS154s.jpg 12:08、「元内閣総理大臣・芦田均先生・生誕の地」の看板が目に入りました。
戦後の混乱期、吉田茂らとともに日本の再生への舵取りをした首相です。
憲法9条に修正を加えたことが有名で、この修正が入ったお陰で、自衛のための戦力なら現憲法上でも持てると解釈され、自衛隊が創設され現在に至っている。
この芦田均が福知山出身だったとは、知りませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR