4/16・京都「平野神社」

枝道を西に走り、千本通を南下して「今出川通」に出て更に西進すると、先月「福家堂本舗ロケ地巡り」した「上七軒交差点」から「北野天満宮」前を通ると、京福電鉄北野線終点の「北野白梅町駅」が正面に見えます。
北野白梅町・・・なんて素敵な地名なんでしょう。

西大路通を北上すると平野神社の裏・西になってしまい、北側を迂回して東側の正面駐車場に来ました。
20170416RokuS096s.jpg 7:14「平野神社」

僕の中では、京都の桜ナンバーワンスポットです。
朱鳥居前ににしだれ桜が下がり、良いじゃないですか。
流石にここはこれまでの寺社と違い、桜目当てのcamera小僧が多くいます。
枝垂れが満開で、今が旬です。

「庭桜」という品種の小ぶりの桜が綺麗に咲いていました。
家内が、これ可愛いから庭に植えたら?と言いますが、桜は毛虫が発生し、長男が刺された時、父が怒って切り倒した因縁があります。
これは大丈夫なんだろうか?要チェックです。

20170416RokuS099s.jpg 『沿革 奈良時代末期の延暦元年(782)『続日本紀』に「田村後宮の今木大神に従四位を授ける」とあり、平城京の内に祀られていました。ここは桓武天皇の父・光仁天皇の御所でした。この地には延暦13年(794)平安遷都と同時に御遷座されました。当初境内地は方八町余(1.2km四方)で、京都御所とほほ同じでしたが、時の変遷と共に現在の200m弱四方となりました。
御神階 平安時代になると御祭神は急に位が上がり、貞観6年(864)には今木皇大神が正一位の位を授けられました。その前年貞観5年には久度・古開両大神に正三位、比賣大神は従四位上に叙させられています。
社格と称号 『延喜式』(律令の施行細目、平安時代初期の延喜年間に着手され延長五年(927完成)によれば、全国唯一の「皇太子御親祭」が定められた神社です。同式の「神祇官式・祝詞」には「皇大御神・皇大神」と称され、また「東宿坊式」には「神院」と言う宮中神と同様の扱いを受けております。『文徳天皇実録』仁寿元年(851)には勅使を「平野神宮」に遣わすとあります。全国でも数社に限られる「皇天御神・皇大神」「神宮」。宮中神である「神院」これらの尊称から宮中外の宮中神であったことが窺えます。このようなことから当社は皇城鎮護の神を定めた「二十二社」の五位に列せられました。また明治4年には官幣大社に列格しております。
20170416RokuS115s.jpg 宮中・平野御竃 『延喜式』の『内膳司式』によれば、天皇の食を饗する御竃には「平野・庭火・忌火」の3竃があり、庭火御竃は平時の食膳、忌火御竃は祭時の食膳を饗し、平野御竃は健康・吉祥を司る御竃であるとされています。これは平野四神の御神徳が一体となり常に宮中と関わりを持ち、天皇をお守りしていた事にほかなりません。
ハ姓の氏神と伝奏家 奈良時代末期から「臣籍降下(皇族が源氏・平氏などの姓を賜り臣下になること)」の制度が定まり、臣籍降下した源氏・平氏はじめ高階・大江・中原・清原・菅原・秋篠各氏氏他天皇外戚の氏神であるとされ、臣籍降下の流れを汲む公武に尊崇されました。当社が宮中外に祀られたのは、この臣籍降下と深く関わっているようです、『源氏物詣』の光源氏は臣籍降下した一族の繁栄を願った平野大神の顕現であるとの説も一理あるようです。江戸期には平氏嫡流の公卿、西利腕家が当社の伝奏家(天皇に取次言上する役)を勤め、現社殿の復興をいたしました。東大鳥居の「平野皇大神」の御神号額は、当代の西測院文昭氏の揮毫です。
20170416RokuS119s.jpg 異説 中世期、仁徳天皇が平野の神であると言う説が広く信じられていました。
これは仁徳天皇が民家に煙が立たないのを御覧になり、免税したと言う逸話を当社の竈神に付加した説です。江戸時代に国学者の伴信友が著作『蕃神考』で、「今木神は百済王なり」にとの説を、根拠となる史料を改宣(自説に都合よく変える)して唱えました。今でもこの説を敷桁した説が時折出されますが、学問上では否定されています。
名所・桜苑 江戸時代には「平野の夜桜」として桜の名所として全国に知られ、特に珍種が多く現在も約50種約400本の桜が植栽されています』

20170416RokuS129s.jpg 種類が多いので、春は長く桜を楽しめる神社でしょう。
枝垂れ桜が満開ですし、「衣笠」という品種も綺麗に咲いています。
本殿内から塀玉垣を越えて枝を張る「白雲桜」の真っ白な花が満開で、板塀とのコントラストが素敵です。
20170416RokuS134s.jpg 背が低い「一葉桜」が地面近く満開になっており、八重に咲いて綺麗です。
境内の一部は、散った桜の花弁で敷き詰められている感じになっており、地面さえ綺麗です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR