4/9・京都西山「善峰寺」

7:28、「善峯寺」の開門は8:00で、時間つぶしがてら寄り道しましたが、良い時間になりました。
r10をまた少し北上します。
r208に入り、西山を登ります。

7:38「小塩」バス停のところにいい感じのお寺があり、寄り道します。
20170409YoshiS173s.jpg 「腹帯地蔵尊・草分観世音 十輪寺」
『十輪寺 小塩山と号する天台宗の寺院。平安時代の六歌人の1人「伊勢物語」でも知られる在原業平が晩年陰棲した。嘉笑3年(850)文徳天皇の后・染殿皇后の安産祈願のため、比叡山の恵亮和尚を開山に招じて創建した。以降勅願所として栄えたが、応仁の乱の兵火により堂宇焼亡し、江戸時代・寛文年間(1661~73)に公家・藤原定好により再建された。鳳輦形(ほうれんがた)という珍しい屋根をした本堂に、皇后の安産祈願に霊験があった本尊の地蔵菩薩(腹帯地蔵)や、花山天皇が西国巡礼の際背負った十一面観音(禅衣観音)を安置している。本堂の裏山には、業平の墓と伝わる宝篋印塔や、業平が塩を焼いて、その塩にかつての恋人・二条后(藤原高子)への思いを託したと言われる塩釜跡がある』

20170409YoshiS177s.jpg 『業平卿旧跡墳墓』

『なりひらでら十輪寺 1安産・子授・腹帯授与 1恋愛・結婚成就・秘法 1三弦説法・なりひら御膳 1三方普感庭(藤原常稚公作) 王朝の襖絵を復刻』

魅力的な謂れが書かれています。
20170409YoshiS183s.jpg 石段を見上げると、緩やかな放物線を描いた独特の屋根を持ったお堂が見えます。
境内の枝垂れ桜が満開です。

門に上がると閉ざされており、「拝観の方、御用のある方のみご入山ください。
拝観料400円」と書かれています。
「なりひら桜 樹齢150~200年 3方向から違う桜が見られます」
ますます興味をそそられましたが、「只今の時間は拝観していません」により、仕方なく撤退しました。
帰宅後調べたら、9~17時が拝観時間のようです。

20170409YoshiS193s.jpg 車を置いた隣のお宅が花好きのようで、チューリップ・水仙・ムスカリー(グレープヒヤシンス)・白椿が綺麗に咲いています。
20170409YoshiS194s.jpg ムスカリーは紫色の花で、ラベンダーにしては早いなとその時は思いました。
でも花の形がどうも違いアセビのように筒状なので、帰宅後調べたらムスカリーという花でした。

7:51「善峯寺」、駐車場代500円。
山の中にこんない大きなお寺があったとは・・・駐車場も大きく、そこから見える僧坊も大規模寺院を思わせる。
写真を撮りながら山門に着くが、まだ8時前です。

「日本一の松」と彫られた石柱が立っている。
数分待っていると、作務衣姿の女性がやってきて「おはようございます。よく降りますね」
拝観料は500円でした。

20170409YoshiS216s.jpg 『天台宗に属し、西国33ヶ所22番札所として、本尊・千手観音菩薩をまもる。長元2年(1029)恵心僧都(えしんそうず)の弟子・源算の開基で、白河法皇の時(1073~86年)諸堂が建立された。その後、高僧、青連院の宮が相次いで入室したので、西山宮門跡と呼ばれた。往時は僧坊50余りに及んだが、応仁の乱で大きな被害を受けた。元禄年間(1688~1704)徳川綱吉の母・桂昌院の寄進によって諸堂が復興され現在に至る。広大な境内地は、重要文化財の多宝塔をはじめ、多くの堂宇が立ち並び、池泉や四季の花々で彩られており、眺望が優れている。多宝塔の前の「五葉の松」は天然記念物で波に泳ぐ竜のように見えるので、「遊竜の松」と呼ばれる。神経痛・腰痛の祈願所でもある』

まだ梅が満開で、枝垂れ桜が咲き始めている。
京都西山の寺院に多い竹を使ったパイプの手水です。
20170409YoshiS231s.jpg 「特別寺宝展・無料」の看板に惹かれて行ってみるが、展示館の門が閉まっていた。
少し遅く開館するのだろう。

20170409YoshiS230s.jpg 本堂内に上がり、本尊・千手観音さまを拝む。
本堂内は撮影禁止です。
天台宗のお寺だけど、「南無弘法大師」の像があった。

日本一の松は、どれほど大きいのかと見に行くと、高さはなく、枝ぶりが長く長く伸びていた。
20170409YoshiS256s.jpg 当然自力で支えることは出来ず、藤棚のような造作の上に載り、緑の松葉をつけていた。

周遊コース(30~40分)というのがあり、触りだけと思って突っ込んだらまず鐘楼。
20170409YoshiS252s.jpg 続いて護摩堂、天然記念物の松がまだ伸びている。
20170409YoshiS259s.jpg 他のお堂を見ると、しだれのピンクがアクセントになっていたりして、ナイスな景色です。
20170409YoshiS263s.jpg 開山堂に向かうと、下界の絶景が飛び込んできた。
20170409YoshiS264s.jpg 開山堂は、絶景に向かって正面があり、贅沢なお堂です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR