4/2・京都西山・「大原野神社」「勝持寺」

もう大満足なので、市街地に向かっても良いですが、まだ時間があるので、大原野神社も参拝して行きましょう。
9:29、鳥居まで戻り、謂れ板を読みます。

『源氏物語ゆかりの地 大原野神社 桓武天皇は長岡京遷都に際し、藤原氏出身の皇后のため、大和の春日社の分霊を、この地(平安京西郊・小塩山東麓)に勧請したことに始まる。平安時代に入り、文徳天皇が外祖父・藤原冬嗣の念願を受けて神殿を建立、地名に因み「大原野神社」とした。当社は藤原氏の氏宮として、斎王にならい藤原氏の子女を斎女として置いた。藤原氏の皇后や中宮の参詣が多く、紫式部も中宮彰子について参詣しており、父・藤原為時の任国・越前で、冬の日野山を見ながら小塩山を思い出し「ここにかく日野の杉むら埋む雪、小塩の松に今日やまがへる」と詠っている。源氏物語「行幸」では、冷泉帝が大原野行幸を行い、京の人々が見物に訪れるなか、玉鬘や六条院の人々も車を寄せて行幸を見物している。物忘で同行しなかった光源氏は、帝からの歌に応え「小塩山みゆきつもれる松原に、今日ばかりなる跡やなからむ」と寿(ことば)いだ』

20170402AkutaS318s.jpg 鳥居をくぐり、長い参道を歩くと茶屋があった。
時間があるのなら一服なのだが・・・。
20170402AkutaS324s.jpg もう1つの謂れ板に書かれていた、奈良春日大社と猿沢の池に因んで掘られたという池もあった。
朱色の太鼓橋がいい雰囲気を醸している。
ここにも藤棚がある。

20170402AkutaS327s.jpg 『瀬和井(せがい) 清和天皇産湯の清水とも伝えられ、古来歌枕にあがり、数々の和歌に詠まれて名高い。「大原やせがいの水を手にむすび 鳥は鳴くとも遊びてゆかん 大伴家持』

井戸を覗くと、わりあい綺麗な水が満ちていた。
井戸というより、湧水が自然に溜まっているのだろう。
水面は、直接手水出来る深さです。
手水場は、藤原氏の氏神だけあって、鹿が加える巻物から水が流れ出していた。

20170402AkutaS334s.jpg 本殿は、玉垣塀を巡らす立派なもので、朱色が鮮やかです。
20170402AkutaS340s.jpg 参拝して玉垣内の神域を覗くと、三社並立のようです。
檜皮葺に鮮やかな朱の本殿が並び、目に美しい。
謂れ板を読むと、『本殿は、同規模・同形式の4棟の一間社春日造社殿であ
り、各社殿間は板塀で連結されている』となっている。

絵馬掛けを見に行くと、藤原氏の家紋「下り藤」に鹿が描かれていた。
「これは要らんな」と思いながら社務所に足を運ぶと、この絵馬は500円で、1000円のいい感じの絵馬があったので、授かった。

20170402AkutaS344s.jpg 鳥居の方に戻って行くと、土俵があった。
立入禁止になっているので、工事中のようです。
20170402AkutaS321s.jpg 9:44、鳥居を出たところにお店があり、お焼きと草餅を売っていた。
甘酒やコーヒーもあります。
時間があれば・・・

「勝持寺」まで歩きます。
20170402AkutaS348s.jpg 淳和天皇御陵道が左に別れ、石段を上がると仁王門がありました。

『勝持寺(花の寺) 小塩山と号する天台宗の古刹で、西行がこの寺で出家したと伝えられ、西行自ら植えた八重桜「西行桜」があることから、「花の寺」として親しまれるようになった。白凰8年(679)、役小角が天武天皇の勅により創建し、延暦10年(791)伝教大師(最澄)が、桓武天皇の勅により再建した。当初「大原寺」と呼ばれていたが、仁寿年間(851~854)に仏陀上人が文徳天皇の帰依を得て伽藍を建立し、「大原院勝持寺」と改めた。瑠璃光殿には、本尊・薬師如来坐像(重文)の他、弘安8年(1285)慶秀らが造立した銘がある金剛力士立像(重文)など、貴重な文化財を蔵している。境内には多くの桜が植えられ、満開時は寺が桜の中に埋もれているように見える。鐘楼脇の西行桜は、現在3代目である』

平安時代末期の怪僧・西行は、この寺で出家したのですね。
青年時代、佐藤義清という名の上皇を守る北面の武士で、平清盛とも同輩だった。
血統・俵藤太秀郷流れも良く、武勇もある将来有望な若者だったが、美貌の妻女に横恋慕して失恋し、妻子を捨て出家してしまった。

各地で草庵と営み、鎌倉では源頼朝とも交流があった。
平清盛が武士として初めて昇殿を許され、娘・建礼門院徳子を高倉天皇の中宮に入れ、その最盛期である時も、タメ口で清盛に説教したと言われている。
終焉の地である紀州・弘川寺に訪問したことがあり、西行庵も訪問した。
弘川寺にも花を愛した西行を師と仰ぐ歌人僧が入り、西行を偲んで桜を植え続けた。

コンクリート舗装されたゆるい上り坂を歩く。
「勝持寺子院跡の石塁」があったので寄り道。
20170402AkutaS360s.jpg 9:53「勝持寺」到着。
20170402AkutaS375s.jpg 拝観料400円を収め、境内を見て回るが、全く桜は咲いておらず、期待はずれの観光客が「残念ね、来週は最高かもね」と話していた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR