4/2・京都西山・大原野

バイクの乗り、r67・旧西国街道まで下ります。
しばらくr67を走り、このまま県道を進もうかと思いましたが、R171に降りて、国道速度で一気に京都を目指します。
r67は確か島本町あたりで、一方通行で下りのみになって迂回しないといけないことを思い出しました。

「久世橋」まで出て、r201で西山の丘陵地をゆるく登っていきます。
JR「桂川」高架下をくぐり、阪急「洛西口」をくぐり、r67と交差し、「京都縦貫道・大原野IC」手前を左折し、r140に乗ります。
ナビにセットした「勝持寺」に従ってr141に乗ります。
「勝持寺」「願徳寺」駐車場に着きましたが、門が閉まっています。
事前調べて8:30開門で、まだ20分前です。待ってても仕方ないので、24Hオープンな神社「大原野神社」先に訪問しましょう。

20170402AkutaS158s.jpg 8:14、r141と勝持寺との分岐で停車。
r141は「淳和天皇陵」のある小塩山で山頂まで続いていますが、通行止めです。
ここから300m先で、通行止めのようです。

下から小塩山をジグザグに登る道が見えていました。
絶景は確実で登ってみたいけど、歩きや自転車ではなあ。
下から想像していたのとは違い、舗装されていますが、四輪のすれ違いが厳しい細い道です。
ここでこれだから、夜景などを見に四輪が上がり事故を起こすのを防ぐ目的での通行止めでしょう。

r140まで下り、「大原野神社」は南ですが、反対に曲がり「森神社」に行ってみます。
鎮守の森が見えていますが、目視で選択した道が行き止まりUターン。

8:23「森大明神」と彫られた石柱がお宮の前に立っていました。
藤棚があり、その季節になると喜ばせてくれそう。
こじんまりとしたお宮で、祠程度のものが3基建っています。
でも全てにきれいな柄の縁取りがされた御簾が下がっており、「おお~」と思いました。
20170402AkutaS168s.jpg 御簾が下がった奥を目を凝らして覗き込むと・・・期待したのですが、祠が鎮座しており、小さいのに覆屋を持っているのだとわかりました。
寂れて汚れ、見る影もないですが、見ようによっては高貴なものを感じるので、謂われ板を探しましたが、設置されていませんでした。

バイクに乗り、r140を南下し、8:33「大原野神社」
道案内板が設置されており、迷わず到着出来ました。
トイレ完備の地道の駐車場に入れようとしたら、横の売店のお母さんが出てこられ、「そこはダメ、バイクはこっちへ」と、お店横の椅子の前を指示されました。

売店が2店舗あり、更に奥に向かう道には、先程断念した「勝持寺」と書かれています。
ここからも行けそう。
案内板には、「大原野神社・徒歩2分、正法寺・徒歩4分、勝持寺・徒歩8分・願徳寺・徒歩8分、第53代淳和天皇御陵・徒歩1時間30分」
ジグザグの道を上がっていく電波塔が並ぶ小塩山山頂に、徒歩1時間半で行けるとはびっくりです。
京都盆地を一望できそうです。

淳和天皇は、小塩山御陵でしか知らない天皇ですが、50代が794年平安遷都した桓武天皇だから、平安時代初期の天皇なんだと知りました。
景色の良い所にお休みになられていますね。

20170402AkutaS179s.jpg 「大原野神社」に参拝しようと、鳥居横の謂れ板を読んでいると、ワンちゃんのお散歩お母さんが来られたので、「おはようございます」と挨拶しました。
よそ者は、地元の方に謙虚でなくてはなりません。

「どちらに行かれるの?正法寺さんは花の寺さんに対し石の寺と呼ばれており、あまり参らないお寺だけどいいですよ。願徳寺さんも門は閉まってるけど、呼び鈴を押せば参拝でき、国宝の仏像が見れますよ」と耳寄り情報を教えてくれました。
「ありがとうございました、寄ってみます」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR