3/26・車修理と稀勢の里

映画館に、4月上映開始予定映画のポスターが張ってありました。
アニメですが森見登美彦原作「夜は短し歩けよ乙女」が映画で登場します。
家内と、「実写版だったらもっといいのに・・・」と話しながらも、僕の小説の概念をゴロンと変えた言葉遣いの素晴らしさで大感動した小説の映画化なので、楽しみです。
主演の京都の腐れ大学生を星野源が声優します。
大学ヨット部新人勧誘時期の4/7上映開始なのが、微妙です。

劇場を出ると、子供が多くなっていました。
「ドラえもん」のようです。
子供映画は、必ず親も来るので収入が良いです。
春休みは、子供映画の多い時期ですね。

11時に帰宅し、僕だけ車に乗り換えて市内の日産に向かいました。
日産車だけど、今はトヨタに整備・点検・車検をお願いしていますが、今回は久しぶりに日産ディーラーです。
親父のスカイラインに始まって、僕のホーミー・キャラバンとずっとこのお店で買っていました。

メンテさんに見てもらうと、簡単に直らないようで、併設工場に車が入って行きました。展示されているティアナ・マーチ・ノート・セレナと次々に乗っていると、直って出てきました。
15分ぐらいで終了で、無料でした。

12時前に自宅に戻り、お昼ごはんを食べ、カメラや隣の家や我が家の掃除などしました。
その後地上波TVも見ましたが、民放は宣伝が多く嫌になり消しちゃいます。
これじゃ、若者がTV離れを起こすのも当たり前です。
家内とアマゾンプライムで「福岡恋愛白書10」を、PCとTVをHDMIで繋いで観ました。

大相撲中継を見ました。
金曜日に日馬富士に負け全勝に土がついた稀勢の里は、その時の怪我で土曜日も負け、2連続優勝が風前の灯になっていました。
肩に痛々しくテーピングされていましたが、9連続勝利中の得意様・照ノ富士に対し、本割で土俵際の逆転勝利し2敗同率になり、優勝決定戦でも再び土俵際での逆転勝利で優勝しました。

解説者によると、土曜日の照ノ富士の勝利があまりいただけない勝ち方で、場内を敵に回してのも、稀勢の里逆転勝利に導いたということです。
どんな取り組みだったのだろう・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR