3/4・樋屋奇応丸

次男の娘・すみれちゃん(7ヶ月)が、夜泣きを始めたそうです。
2時間ごとに大泣きするようです。

余計なお世話とは思いながら、樋屋奇応丸を飲むことを教えました。
息子たちに「夜泣き・疳の虫には樋屋奇応丸」を飲ませると、1週間ほどで楽になり、随分お世話になりました。

長男が生まれ新米お父さんになり張り切っていましたが、夜泣きすると、家内が一瞬で起きて世話をするのに驚きました。
夢の中で、「なんか泣いてるかな~」なんて感じて目を覚ますと、既に世話をしている家内がいます。
僕は眠くてすぐ寝ちゃうのに、家内は平気のようです。

「これは完敗だ」と男の育児遺伝子の貧弱さを思い知りました。
育児・子育て・親子のつながりに関しては、男は女性の1/100ぐらいではないでしょうか?

雨などで、乳母車お散歩出来ない日もぐずりやすく、お部屋の快適な環境がいくらあっても、自然は人間に必要なんだなと実感しました。

長男のお嫁さんから、アメリカの赤ちゃん事情のメールも届きました。
「アメリカの赤ちゃんは、夜泣きをしない」に驚きました。
「生まれて数ヶ月で別部屋で1人で寝かされるから、泣いても意味ないと学習する」のだって。

アメリカの小児科に、こうくん(10ヶ月)の6ヶ月検診に行った時、「夜何度も起きる」と言ったら、「一緒に寝てるでしょ、しかも日本人だから同じ部屋で、同じ布団で寝てるでしょ、ベビーベッドを買って他の部屋で寝かせた方がいいよ。そんなに夜起きて、あなたは大丈夫なの?」と言われたそうです。

アドバイスを受けても、生粋の日本人なので、お嫁さんは子供たちと同じ部屋に寝ていますが、別部屋で寝れば夜泣きは収まると知っただけで楽になったそうです。

お嫁さんたちの情報交換を読んでいると、「母は強し」を感じます。
僕は、長男を挟んで川の字で寝ていた時期もありましたが、長男から夜中に何度も蹴られるのに悲鳴を上げ、自室に退散しました。

長男も、りょうくん4才の夜泣きが激しかった時、「翌日の仕事に差し支える」という理由で、別部屋に退散していたそうです。
次男もきっとお嫁さんから、「向こうの部屋で寝たらいいよ」と言われているはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR