2/17・家内の本音? & 旦那を転がす女子力? 2/2

就職で東京に発つ新幹線・新大阪駅プラットホームで、「東京には綺麗な人がたくさんいるから、私のことを忘れてもいいよ」と、涙ボロボロの顔で言われたことを思い出した。
当然「そんなことするわけ無いやん」と否定したが、キューンと愛おしくなり抱きしめ、周囲の注目を集めてしまった。

このシーンをTVカメラに捉えられ、家内が許可したからだけど、帰宅する家内をカメラが追いインタビューし、TV放映されてしまうというハプニングに繋がった。

「浮気したら離婚だからね」と数度、冗談半分に言われたことがあるが、今回の「浮気OK」発言には驚いた。
でもきっと、あの新大阪駅同様の裏の気持ちが隠されているように思う。
信頼されると、人は裏切らないものです。
こういうのも女子力と言えるかもしれない。

結婚当初は、それぞれの収入は自分で管理し、生活費を折半していたが、すぐにめんどくさくなって僕の通帳も印鑑も、家内に預けっぱなしになりました。
欧米では、奥さんに家計を渡さないのが普通らしく、「女性議員比率が低い」だの「女性の社会進出が低い」だの、女性蔑視国家とも取られる評価をする国際機関や、それを元に批評する評論家がいるが、日本ほど女性の地位の高い国はないようです。
胃袋も快適な家も家内に抑えられているので、僕なんて手のひらで転がされているだけです。

それまでの上品で毎日電話を掛けてくるBFと違い、ちょっと強引でたまの電話も要件だけの僕に惹かれたのに、自分の気持ちを微妙に隠し、僕を「大学卒業したら誰かに取られちゃう」という気持ちにさせ、僕からプロポーズさせるテクニックは、女子力そのものだなと、今更ながら思った。

最近、「草食系男子」や「肉食系女子」が流行りだが、男子からプロポーズするのが太古らの習わしです。
国産みの神イザナギ・イザナミ夫婦も、イザナミから告白して出来損ないの神様を産んだ。
おかしいなと相談したら、男神のイザナギから告白しなければダメと言われ、そのようにしたら良い神様が次々に生まれた。

バレンタインデーにチョコをもらった経験はあるが、数度の「告白付きチョコ」は全て断っている。
「いいな」と思える素敵な女性もいたが、チャレンジャーな僕は告白を受けてお付き合いが始めようとは思わない。
追いかける方が好きなので、なんか違う感じがするから。

「バレンタインデイの告白は、末永い幸せを2人にもたらすのか?」
女性からの告白で始まるカップルより、男性の告白から始まる方が、長続きするように思
う。
告白も結婚申込みも男からの方が自然。
魚も昆虫も動物も皆、オスがアタックしメスが受け入れているから、きっと自然の摂理に則っているのだろう。
イザナギ・イザナミを諭した神様は、人間もそう作ったはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR