2/19・琵琶湖

家内が仕事関係の婦人会で、劇団四季ミュージカル京都公演「美女と野獣」を観に行きます。
「観劇後、役員会があるから帰りが遅くなると思うの。うどんぐらいだったら出来るけど、どこかで夕食食べてきてね」と言われました。

ツーリンググループの淡路島ツーリングがありましたが、参加人数が多いし、終日バイクツーリングはまだ寒いかなと思いパス。
コーチしてる大学ヨット部の練習に参加することにしました。
8時出艇です。

バイクで行く予定でいました。
4時過ぎに目を覚まし、あれこれゴソゴソして、用意して5:30に階下に降り、着替えだしていると、「お餅、食べていく?」と家内から。
「うん」、途中でバナナでも買い、いつものようにハーバーで朝食と思っていましたが出鼻をくじかれました。
ゆったりモードになってしまい、TV見ながら焼き餅醤油と海苔で食べました。

6時になってしまった。
まだ十分間に合うけど、バイク装束に着替えて、バイク出して・・・と考えていると面倒になり、自然にカッパを着ていました。
「楽な車で行こっと」

中国道に豊中ICから乗り、名神にチェンジし、桂PAでおトイレ。
女子マネさんにお菓子のお土産と思っていたら、売店は開店前でした。
京都東ICで下車し、湖西道路に乗り「皇子山ランプ」下車。
JR大津京駅横を通り、ハーバに着きました。

艇庫前で、部員が艤装しています。
キャプテンと状況を話します。
課題として上げていた強風セイリングへの取り組みを聞き、毎朝10分のトレーニング方法を伝えることにしました。

女子マネさん達も全員揃い、良い雰囲気です。
コーチボートに荷物を起き準備していると、女子マネさんがウォータークーラーを持ってやってきて、「温かいお茶です」とコップに注いでくれました。
夏の冷たい麦茶にくわえ、寒い時期も暖かいものを積むようになったようです。

8時になリ、出艇前ブリーフィング。
学生時代にやっていた腕立て伏せ・腹筋・サーキットトレーニング・握力増強トレーニングを伝えました。
必ず、いつもやってるストレッチング・柔軟運動後にするように言う。

ストレッチ係の1回生N君に先に教えていたので、見本をしてもらいました。
時間のある時は、もも上げ・スクワット・背筋も加えます。
短縮バージョン5分、ロングバージョンでも10分ですが、毎日やっていると相当筋力がつきます。

20170219BiwaS005s.jpg
出艇すると、気持の良い湖面が広がり、大津プリンスホテル・大津港・比叡山・・・と見渡せます。
20170219BiwaS011s.jpg 白く見えるはずの比良山系は雲で隠れ残念です。

スナイプ級を追いかけ、いろいろアドバイスします。
スタート練習やショートコースのレース練習で成績をつけます。
途中で、先週買ったまま車に入れっぱなしのアンカーのことを思い出し、コーチボートに乗っていた1回生・M君に「忘れると思うから、言ってね」と伝えます。

12時にハーバーバックし、午前中気付いたことをブリーフィングした後、合宿所に戻り、お昼ごはんです。
とても美味い。
再びハーバーに戻り、Mくんから「アンカーを・・・」と教えてもらい、車に取りに行きます。
出艇前ブリーフィングで、新しいレスキューアンカーのことを話します。

昨年の琵琶湖周航で、北湖で使った時根掛かりして、どうしても外せず、あえなく湖底の露と消えました。
それから、緊急用のでかいアンカーを使っているのですが、重すぎて女子マネ1人では上がりません。
コーチング活動が低下するので気になっていました。
あ~また持ち出しだ。
まあ、学生が貧乏が通り相場なので、僕もOBから「ゴチ」していたので順繰りです。

午後の練習は、風速が上がり、N・6~8m/sで楽しそう。
20170219BiwaS023s.jpg
20170219BiwaS025s.jpg比良山系も白い山容を見せ、湖東の向こうに見える鈴鹿山系も白い。
琵琶湖大橋の右向こうに見えるのは伊吹山かも知れない。
20170219BiwaS034s.jpg 澄んだ冬の空気なので、遠くまで見通せ、琵琶湖大橋のはるか向こうに湖北の山までかすかに見えます。
みんな白くて、素敵です。

午後は、470チームを追いかけます。
次男に続きクラブ2人目のジュニアヨット出身者の1回生・I君のセイルセッティングが、ナイスでした。
20170219BiwaS022s.jpg 僕の強風セイリング・セッティングに似ています。
きっと速いだろうと見ていると、3回生エースを凌駕するスピードと登り角度で、集団から抜け出ていきます。
でも、彼の足元を見ると、なんと「裸足」・・・2月の屋外、しかも水がバンバン掛かるヨットの上で・・・ありえないバカです。
因みに、室内の艇庫では靴下を履いています・・・感覚がわからないわ。

ドライブする女子マネさんをもっと接近するよう促し、別の女子マネさんにビデオに撮るよう言います。
バウ(舳先)に行き、ビデオの横でセッティングポイントと、ハンドリングポイントを解説します。

合宿所でゆっくり見てもらおう。明らかにメインセイルのリーチをきつく張り、他艇とシルエットが違います。
何度も口酸っぱく「強風はバングをきつく」とアドバイスしているのに、みんな甘かったです。

 しかし、バングがキツイままランニングレグに入ったので、風が抜けていません。
ボートからマイクで「バング抜いた?」
ランニングでバングを緩め、クローズで入れることをアドバイスする。

この風ではパンピングOKフラッグが上がるのに、みんな何もせずに走っている。
ボートから「パンピングせよ」とアドバイスし、俄然やり始める。
今は闇雲にやって、効果的なパンピングのタイミングを掴んでもらおう。
これは感覚なので、自分で体得する以外に方法がありません。

強風のクローズホールドは、ブームセンターとメインセイルリーチをきつく張ることです。
あとはマストプラーのコントロール。
フルセイル・フルハイクアウトで走れる間は、マストプラーを極限まで入れ、マスト下部が曲がらないようにします。
バングのテンションがマストトップに集中し、メインセイル上部だけ、リーチが開きます。

次々にターゲットを変え、真後ろについてアドバイスします。
1艇強風セッティング出来ない艇があり、腕の問題ではなくマテリアルの問題でスピードについていけません。

後半は、じっくり経験するだけなので、ただ後ろについてプッシュするだけで、無言の圧力を掛けます。
僕は飛沫の掛からないドライバーの横に入り見ているだけです。
ドライブする1回生女子マネさんは、最初怖くて近づけなかったのですが、慣れてきたのか果敢に接近戦に挑んでいます。

16:30にハーバーバックします。
470各艇ペアにアドバイスします。
強風セッティングできない船に、システム変更した方が良いとアドバイスし、上回生にも伝えます。

「早稲田が強風下でも、メインリーチの上だけを開いて楽にセイリングしているのは何故か?」の質問がありました。
マストのプリベンド・バング・ブライダル・マストプラーの話をしました。

車に戻ります。
柳ヶ崎ヨットハーバー7:18~17:18・650円-ハーバー利用値引き350円=300円。
合宿所に戻り、ミーティングで出すポイントをプレートに書きます。
船を片付けて戻ってくる部員達とどうでも良い話で笑い合い、18時からミーティング。
いろいろ気付いたことを話し、部員に共有させます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR