12/18・ぼくは明日、昨日のきみとデートする

帰宅すると、「もう、お父さんは~」と家内に笑われました。
「でも、目上の人に、一方的にお喋りを切り上げるのは・・・」と言い訳しました。

更に10個柚子を収穫し、「通勤リード110」にタンデムし、柚子好きのご近所さんにピンポーン。
料理好きで、柚子ジャムなどを作られるので、少し多めです。
数軒隣なのにバイクで乗り付けたから、「どこかに行って来たの?」
「いえ、これから映画を観に行こうと思って」
「いいわねえ」

バイクに乗り、映画館に急ぎます。
後ろの家内が「映画は何を観に行ったの?」ってきっと聞きに来るわと笑っています。
年末に向かうので、いつもより映画館併設のショッピングセンター周辺の道路が混んでいます。
車なんかで乗り付けられません。

映画館に上がり、チケットを買い終わったら、15:40を回っています。
ちびっこが多いので上映映画を見ると、「妖怪ウォッチ」がありました。
子供映画は親も来るから、流行るね。

「海賊とよばれた男」「ローグワン(スターウォーズ)」も上映中ですが、女子力の高い僕は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」をチョイスします。
ラブストーリー好きですが、1人では観れません。

先々週「君の名は。」を観た時、予告編で伏見稲荷や鴨川がロケ地だと分かり、必ず観ようと思っていました。
福士蒼汰くんと小松菜奈さん主演で、小松さんの可愛らしさも良かったが、その15才の少女時代として清原果耶さんが出演していました。
NHK朝ドラ「あさが来た」で、「可愛い~」と注目していましたが、久しぶりに観ました。
まだ中学生ぐらいだろうから、学業をどれぐらいまでなさるかわかりませんが、20才ぐらいになってからグイグイ来そうです。

クリスマス映画は、当たりのラブストーリーが多いです。
去年は、「レインツリーの国」を観ました。

今回の映画は、時間が逆に流れるパラレルワールドにいる2人が、5年毎に1ヶ月だけ出合うという設定です。
時間が逆に流れているので、福士くんの将来が、小松さんが既に経験した過去という少し複雑な流れです。

真面目な家内は、入れ替わりとか時間系列が過去未来に飛ぶ設定が苦手です。
女性は多分にこういう面がありますね。
理解出来ているのか心配でしたが、「君の名は。」よりずっとついていけたようです。

予告編で出て来る電車は、京福電鉄嵐山線だと思っていたら、出町柳から八瀬・鞍馬に向かう叡山電鉄でした。
鴨川の加茂川・高野川合流部の鴨川デルタの飛び石、白河疎水、柳小路など、歩いたことのある風景がふんだんに登場し、素敵なストーリーと相まって、とても楽しめました。
感動屋の僕は、当然涙が・・・。



お客さんは多めで、中央より後部の席は1/3ぐらい埋まっています。
エンディングになっても誰も立とうとせず余韻を楽しまれています。
上映中でも女の子のすすり泣く音が聞こえて来る時があり、若い子が多そうだと思っていましたが、劇場内が明るくなると、女の子が予想以上に多く、8割女子でした。
そそくさと出ていく男子中学生2人組もいました。
男2人では恥ずかしかったのかな?
これからの人生、異性抜きでは考えられないから、色んな情報を映画から仕入れたらいいね。
でも、クラスの女の子でいいから誘って一緒に来ると、もっと楽しいぞ。

学生時代、付き合ってもいない話をするだけの女の子から、映画に誘われたことがあります。
「エマニュエル夫人」というフランス映画で、成人指定されており、「観たいけど女1人では観に行けないから付き合って」と懇願されました。
とても美しい映画でしたが、隣の席の女の子が興奮してしまい、僕の手を膝に掛けたコートの下に導き・・・
「女の子ってこうなるんだ」と衝撃でした。
映画館から出ても主人公の夫人の奔放さが乗り移ったままで、神戸の繁華なセンター街のど真ん中で「キスして」と言われてしまいました。
「え~、ホンマに~」と思いましたが、特定の人と付き合っていなかった時期だったので、ご要望に応えました。

とっくに時効を迎えていますが、家内に内緒にしておかなければ、夕食のおかずが減らされそうです。
結婚したての頃、「前の彼女の話を聞かせて」なんてせがむので、当たり障りのないことを話したらにわかに不機嫌になり、機嫌を取るのに難儀したことがあります。
それ以来、甘い言葉に乗せられないようにしています。

ルンルンでお喋りしながらバイクに戻りました。
「・・ちゃんと、一緒の世界で良かった~」なんて、素直に話せました。
毎朝、家内にせがまれ、家内の前で僕が戸締まりと火の元を点検することもありますが、一緒に家を出ます。
しばらく、手をつなぎお喋りしながら、家内の職場へのエスコートをします。
息子たちにも呆れられる「家内バカ」です。

帰宅後、今年の夏巡った出雲大社や境港ロケの「モヤモヤさま~ず」を見て、大河ドラマ「真田丸」最終回を見て1日が終わりました。
ラブストーリーを観ると、家内との会話がラブラブになっていいわ。

翌朝、母校KGが早稲田を破り、「甲子園ボウル」を制し大学日本一になったことを知りました。
次は来年1/3、社会人王者・富士通相手に「ライスボウル」で日本一に挑みます。
甲子園では、チアリーダー中心に、両校の応援団が盛り上がっていただろう。

4年間で選手全員が入れ替わる大学スポーツはとても面白い。
僕も大学ヨット部で選手として日本一に挑み、現在もコーチとして大学ヨット部コーチとして、現役選手たちのサポートをさせてもらっている。
チーム一丸となってレースに臨む若者の姿を見ながら、何度経験しても熱いものが込み上がってくる。
大学スポーツは最高です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR