コピーフェイス・ロケ地

NHK朝ドラ「べっぴんさん」を見ていたら、既知の場所が出てきました。
その場所は、主人公すみれちゃんの娘・さくらちゃんが通う保育園です。
キリスト教会が運営している設定で、洋館風の建物です。
「ここは、どっかで見たような」、すぐに、10月に家内とタンデムで見て回った塩屋・須磨・神戸ツーリングで見た「塩屋グッゲンハイム邸」だとピンときました。

NHKドラマ10「コピーフェイス」のロケ地が気になり調べると、僕の生まれた西宮市にロケ地が点在していました。
夙川・甲子園、そして神戸東灘の六甲アイランド。
特に主人公が住む洋館が気になっていましたが、僕の生まれたJR甲子園口駅に近い「松山大学・温山記念会館」でした。
邸宅内に入ったことなかったのでわかりませんでしたが、何度も前を走り見知っている家でした。

僕が生まれた家から200mほどで、親父が亡くなった終末医療病院からも200mほどでした。
僕は幼児の頃、母に連れられて甲子園球場を通り越して南にある「鳴尾浜」まで散歩していました。
その散歩コースにあった洋館のようです。

母の言うには、2ヶ所動かなくなる場所があり、1つは「甲子園口駅」で、SLの横から吹き出す白い水蒸気に大喜びしていたそうです。
もう1つは鳴尾浜で、沖を走る白いヨットの帆を目で追い、凝視していたそうです。

4才で保育園に入園した時、自分のマークを1つ選びます。
その時、僕が選んだのが機関車でした。
それを選ぶ僕を見て、「やっぱりな」と思ったそうです。
通園カバンに機関車のアップリカが縫い付けられ、園での引き出しや物入れ、持ち物皆に機関車のシールが貼られました。

そして、高校生になった僕が選んだクラブがヨット部で、その報告をした時、幼児の僕が鳴尾浜で沖の白い帆を見て動くなくなったことを教えてくれました。
「三つ子の魂、百までも」を、僕自身で実感しました。

僕がよく本を読む少年になり、勉強で困ることなく、特に読解力があるのを見て、「私がよく本を読んであげたからねえ」と母が自慢をしていました。
僕も我が子達の子育てをする時、母に習ってということもあるが、僕自身本を読むのが好きなので、「本の読み聞かせ」は僕の担当で、毎日飽きるほど読み聞かせました。
僕と同じように、息子たちも本好きになり、勉強で困ることなく楽な子育てになりました。
それを我が家の伝統にすべく、孫へのプレゼントは、毎回絵本にしています。

そこを通る度に気になって、何度訪問しているかわからないR2と武庫川の交差する場所に立つ「旧甲子園ホテル」(現・武庫川女子大)。
ここも、僕の散歩コースにあります。
これは、僕の「三つ子の魂」の記憶故なのかもしれません。
僕の三つ子の魂を作ってくれた「甲子園口」を、じっくり巡りたくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR