11/6・R425・千尋滝・不動滝・銚子滝・かくれ滝

「ありがとうございました」と言って退散。
R425を今度は東に向かい、11:08橋を渡るところで、景色を激写タイムしようと止まってパシャパシャし始めると、そこに止まっていた車から男性が降りてこられ、「写真取るなら、素晴らしい滝があるよ。ゆっくり歩いて20分だけど、道が整備されてるから迷わないよ・・・」
と声を掛けてくれました。

この方は、R425を西に走っている時、鎌を持って歩いていた方で、「シダ取りかな?」と思った方です。
小屋の横に、「これより上流、全面禁猟区」と書かれた看板が出ており、案内されるままそこを入ると、木の階段があり、「千尋滝 これより300m・徒歩20分」と書かれた看板が立っています。
20161106TochiS113s.jpg 国道から見えないので、これに気づく方は無さそうです。

「往復1時間か・・・」と計算し、せっかくの縁なので行くことに決定。
前述の「上北山村の滝」に載っています。
ダムで会った方には、こちらに滝はないと聞いていたので、あっても大したことないと思っていたのですが、このご主人は押してくれます。
更に、ダムで会った方に紹介された2つの滝も勧めてくれました。

「観に行きますわ、ありがとうございます」と言い、バイクに戻りヘルメットを脱いで帽子を被ります。
この帽子はバイクに常備しており、内蔵の網を下ろせば、顔・首を網が蚊やハチの襲撃から守ってくれます。
園芸用ですが、山城探索の必需品です。

11:15、いざ入山。
20161106TochiS117s.jpg 階段を登り、人一人しか通れない山を削った獣道を進み、雑木を組んだだけの橋で地面のないところを渡り、スリル満点です。
落ちても木が生えてるので、どこかに引っかかりそうで意外に安心。
獣道なので道がわかりにくいところもあるが、木の階段や橋が目印で、見渡せば見つかります。
一旦沢に降りて、また登り返し、まだまだ先だろうなと思っていると、突然木々の間から滝が見えました。

20161106TochiS126s.jpg 11:24、「千尋滝・落差82m」到着。
見事な滝です。
滝の下には、巨岩がゴロゴロしており、滝壺が出来る前に、岩が崩れ落ちるようです。
大満足し、帰路につきます。
R425に戻ったのが、11:31。
看板の「徒歩20分」は、片道ではなく往復だったようです。

R425を東進し、坂本ダムを通過して更に東に向かっていると、先程の鎌おじさんが何か探しています。
「ありがとうございました。良かったですわ」
「そやろ、次の滝は道路から見えんけど、案内板が立ってるよ。徒歩1分だから、見てみな」

次の滝に期待を膨らませていた11:54、カーブを曲がると、目の前に鹿。
緊急ストップしましたが、鹿は逃げません。
バイクを置いて、カメラを構えて間合いを詰めます。
キジに続き、この日2度目の野生との遭遇です。
結局、その後またキジに出会い、この日は3度野生と遭遇しました。

ダム湖の方を見ると、先程の「備後橋」と同様な構造の赤い「出合橋」が見えています。
20161106TochiS135s.jpg 道なりに、「出合橋」を対岸に渡り、12:03「不動滝・落差70m」が目の前に見えてきました。
20161106TochiS138s.jpg ダム湖に直接落ちる滝で、ダム湖がなければもっと落差があるでしょう。

不動滝は双子滝になっており、不動滝の上に「銚子滝・落差40m」があります。
赤橋の上が展望スポットで、僕が写真を写していると神戸ナンバーの車が止まり、カップルが降りて来られました。
もっと滝に近づこうと、少し山に入りましたが、やはり橋の上が一番です。

旦那さんに会釈し、スマホで写真を撮っていた奥さんと「上にも滝がありますね」と話し、坂本ダムで会った方に勧めてもらった滝に向かいます。
「ロッククライミング滝登りをまだしてるかな?」
目当ては、「クライマーの車が停まってる」です。

12:22、小さな谷筋に車発見。
小さな案内板が立っています。
20161106TochiS147s.jpg 「ならクル・上北山ルート かくれ滝」
これまで何度も見たサイクリングロードの道案内で、自転車のスピードなら見えるけど、車なら見過ごしそう。

山に入り、雑木で作った簡易の木の橋を渡ると、滝の横顔が見えてきました。
巨岩ごろごろで、これ以上整備されたルートはなく、適当に岩を歩きます。
20161106TochiS157s.jpg 滑るので、両手も使い近づくと、12:26ドカーンと「かくれ滝・落差103m」
残念ながら滝登りをしているお二人の姿はなく、きっと更に上流に沢登りをしているのでしょう。
坂本ダムの方の話では、1人が登り、もう1人がザイルを持ってサポートしていたそうです。
交互に登って行くのでしょう。

全ての滝共通ですが、最近雨があまり降っていないので、水量が少なめです。
梅雨時などに来れば、大迫力でしょう。
20161106TochiS158s.jpg 12:28、バイクに戻りました。

ここで思案です。ナビに帰宅ルートを訪ねると、R425を東進し、三重県の海岸に出ると、250km・4時間。R425で尾鷲に出て、紀勢道~伊勢道~第二名神~名神~中国道という大回り・高速道路ルートです。
多気町からR166で奈良県・櫻井に抜けるルートだとショートカットだけど、時間的にはもっと必要です。

対して、R425を西に向かい、R169を北上するルートだと、170km・4時間半。
あいにく「備後橋」が通行できないので、再度「サンギリ峠」経由出ないと無理だけど、高速道路より楽しいに決まってます。
よって、往路走れなかった「橡谷西ノ谷林道」を走ることにしました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは(^-^)
突然のご挨拶失礼します。
わたくし、11月6日にかくれ滝を登攀していたクライマーです。

昨日に備後橋の工事状況を調べていて、ブログに辿りつきました。
私達を見に来た方がいたとは、ただただ驚いてます笑
時間から見ますに、滝の下に来られた頃には、ちょうど落ち口まで完登した頃かと思います(^-^)

当日は何色の服でしたか?
私達が滝の上から撮影した写真に観光客の方が写ってますんで、もしや?
と思いコメントしました(^-^)

No title

yoriさん
コメントありがとうございます。
見ることが出来ず残念だったクライマーさんからメッセージを頂くなんて、こちらこそ驚きです。
僕の到着は、タッチの差で遅かったのですね。

僕のその日の服装は、上下ともダイワの釣りスーツ(防水カッパ)だったと思います。色はパンツが黒でジャケットが赤です。
写真の観光客がそれなら、僕が写っています。

No title

こんにちは(^-^)
こちらからお尋ねしましたのに、お返事遅くなりすみませんm(_ _)m
写真を見てみたら、緑色の方が写っておりました。
もしや!と思いましたが、私達もニアミスでした笑
もうすぐ一年になりますが、あの滝は私達なりに非常に達成感のあるクライミングでした。
詳細な紀行文と動画を拝見させていただきまして、あの日の気候とか道中の雰囲気が思いだせて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
素晴らしい旅の記録をこれからも続けてください。
次こそは、どこかの滝下でお会いできるのを楽しみにしております!
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR