11/6・林道サンギリ線・R425「坂本ダム」・備後橋

R169に戻り、更に南下。
大台ケ原への登るr40分岐を過ぎ、R309分岐も過ぎます。
7月に走破したR309は、一部通行止めのようです。
また土砂崩れを起こしたのでしょう。
現在R425の一部が長期通行止めですが、紀伊半島中央部は、国道でもしょっちゅう通行止めになります。

8:53、「道の駅・吉野路上北山」
20161106TochiS059s.jpg 売店は開店前ですが、トイレ休憩します。
駐車場では、車からロードバイクを下ろしたり、走り出す姿がチラホラ。
ここを起点に、大台ケ原などにヒルクライムされるのでしょう。
僕にはとても無理です。

ここから本日のメインイベント・高所林道「林道・サンギリ線」に入ります。
r226・から「林道・橡谷西ノ谷線」に分岐する道が定かではないので、まず前回確認済みの「サンギリトンネル」に登る道にアプローチします。

北山川を渡り、「ここかな?」と思いながら野生の勘で入っていくと、どうやらビンゴのようです。
20161106TochiS061s.jpg 順調に標高を稼ぎ、木々の切れ間から山並みが見え始めました。
晴れていますが雲が多く、コンデションはイマイチですが、高所感が素晴らしい。
20161106TochiS067s.jpg 道は舗装され、幅も広いので、四輪の離合も問題ないです。

20161106TochiS072s.jpg 9:34「サンギリトンネル」
標高850m。
20161106TochiS076s.jpg R169が走る谷を隔てて大峰山脈が見えていますが、クリアに視認とまでは行きません。
ここまで、対向車1台と写真を撮っている間に抜いていった3台の年配者グループ車のみで、都会を離れた絶景を自由に気の向くまま楽しめるのが良い。
舗装林道は最高です。

トンネルを抜け、東側に出ます。
20161106TochiS081s.jpg 『これより18km先・備後橋通行不可』、ここまでに『R425まで・・km』と書かれた案内板を何度か見てきましたが、備後橋はR425の通行止め橋です。
TVニュースでは、紅葉の名所紹介されていますが、関西の紅葉はまだのようです。



西ノ谷をR425に向けて下ります。
9:49、抜いていった年配者3台グループが停車しており、なんとお爺さんがロープを垂らしています。
下を見ると、滝が見えます。

緊急停止し、「野草取りですか?」と聞いてみました。
よく聞き取れませんでしたが、ロープを伝って鎌を持ったお爺さんが上がってこられます。
メンバーにはお婆さんも混じっており、幼馴染~悪ガキ一味~そして現在もダイナミックな山遊び仲間って感じで、たくましさを感じます。
「ヤマメ取り」と聞こえたのですが、まさかこんな山奥の高所の滝つぼで、ヤマメ取りはないわな~と思いました。

20161106TochiS087s.jpg 更に下っていくと、木々の切れ間から眼下の湖が見えてきました。
「坂本ダム湖」のようです。
10:15、「坂本ダム」
慰霊碑があります。
ダム建設で落命した殉職者の名前が刻まれています。
昭和37年完成のようです。
ダム堤上が道路になっており、そこを渡ったところが、R425との合流部でした。

20161106TochiS091s.jpg ダムの川下も湖になっており、「池原ダム」のダム湖と連結している形になっています。
巨大ダムを見下ろし、次の訪問地や帰路ルートを考えていると、R425三重県側から軽四がやってきて止まりました。

良いタイミングです。
20161106TochiS098s.jpg 「R425で海岸線まで抜けられるか」聞こうと思って会釈したら、先に「どちらから来られました?」と聞かれたので、山の方を指差すと、「サンギリ峠」越えですかと聞かれました。
「ここから三重県海岸まで、R425は通れ、良い道だ」という情報を仕入れ、サンギリ峠の情報を伝えました。
どうやら、「国道より県道、県道より林道が好き」という同じ嗜好の方のようで、話が弾みました。

近隣の滝のことを聞くと、少し三重県側に走ったとこに良いのがあるらしい。
以前、「上北山村」ウェブサイトから仕入れ、プリントアウトした滝の地図がTMのページに挟まっており、「不動滝」と「かくれ滝」のようです。
「かくれ滝」では、ロッククライミングで滝登りをされていたようで、聞いたら6時間掛けて登るのだとか。
車が停まっているとのこと。

お爺さんがロープを垂らして「山菜採り?」をしていたことを話すと、「それは、シダ取りでしょう」と、三重県在住の方なので詳しく教えてくれました。
三重県では、年中玄関にしめ縄を張る風習があるらしく、しめ縄にシダを挟むのだとか。
裏白のシダが良いのだそうです。

三重県のジジババは元気で、お勤めの会社の社長さんが消防団団長をされており、行方不明が出ると、駆り出されるそうです。
行方不明になった爺さん本人も慣れており、日没したら動かず体力を温存し命をつなぐそうです。

「かくれ滝」でロッククライミングを見て、坂本ダム湖・出合橋からr228を北上し、廃墟を見てきたそうですが、かなり怖かったそうです。
r228の探索も考えていましたが、亡霊に取り憑かれてそうで止めることにしました。



風が強く、グローブがバイクから落ちました。
三重県に出て、帰宅することに決め、「じゃあ、R425通行止めの備後橋を見に行きます」と言って別れました。
軽四さんは、「サンギリ峠」方面に上がっていかれました。
せっかくの縁なので、遊びの名刺を渡しておきました。

僕は、R425を西進します。
20161106TochiS103s.jpg 一旦下り基調で、また登って、また下り、11:02「備後橋」到着。
少し手前から赤い橋が見えており、「災害で落ちた」と想像していたので、「あれっ」って感じでした。
「鋭意再建中の工事現場が見れる」と思っていたのですが、拍子抜けです。
橋手前の車の前に作業員さんがおり、これから仕事を始めるようでした。

「通れないよ」と笑顔で言われましたが、バイクを置いて見に行きます。
見た感じは通れそうで、老朽化しているのだろうが、このような橋はたくさんありそう。
場違いに「養蜂箱」があり、不思議に思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR