11/6・林道サンギリ線を目指して・R169「川上」の「すごい滝の連続」?

コーチしてる大学ヨット部の全日本団体戦最終日です。
会場は愛知県蒲郡。
過去何度も息子のレースのサポートや、ジュニアヨット協会理事時代に全日本や世界選手権最終選考会で、事務局・広報委員長として詰めていた思い出の多いハーバーです。
しかし、日帰りには遠すぎるので、参加出来ないと選手たちに伝えていました。

土曜の夜、「やっぱり行こう」と仕事を早めに切り上げました。
「車に布団を積み込み仕事後走り、眠くなった所で寝て、どうせ夜明け前に起きるのだから、そこからまた走ってハーバー入りすれば、体への負担を減らせるだろう」と。
スキーに行くときのいつものスタイルです。
ところが、お腹の調子は悪くなり、何度もトイレのお世話になってしまい、自重することにしました。

夜中何度トイレに駆け込むかな?と思いながら22時過ぎに床に入ると、朝までぐっすりで体調は一気に回復しました。
4時に目が覚めたので、ツーリングに出ることにしました。
家内は、仕事の勉強会です。

先週時間入れで行けなかった兵庫県福崎町の北・「笠形山・千ヶ峰周辺の林道」も候補でしたが、奈良県南部・大台ケ原の南・R169とR425を結ぶ「栃谷西ノ谷林道」にチャレンジすることにしました。
標高1100m超えの高所舗装林道です。
空気の澄んできた秋なので、晴れていれば大峰山系の高峰の連なりが一望できるでしょう。

1週間前の山岳寺院「日光寺」への細道のようなところはなさそうなので、「招き猫CB400SB」で出かけます。
5時に出発し、阪神高速空港線~東大阪で近畿道に乗り換え、南阪奈道で奈良県入りし、高田バイパスで橿原へ。
R169を南下開始。
GSが殆ど無いエリアに入るので、オープンしてたセルフ店で給油します。
6:01、「セルフ畝傍御陵前」193km/8.27L=23.3km/L。

6:28、今年3度目の高取城址への登り口にあるコンビニで、バナナと麦茶を購入。
店内で、朝食としてバナナを1本食べます。
更にR169を南下し、「道の駅・吉野路大淀センター」前を通過して、r255~r222で広域農道的なワインディングを楽しみ、吉野川に下って再びR169。

7:00、前から気になっていた「大名持神社」に寄り道。
『祭神:大名持御魂神・須勢理姫命・少名彦名命 延喜式神名帳に大和国吉野郷10座の1つとして列せられ。大月次新嘗の官弊にあずかる。貞観元年正一位の神階を授けられた。神社下の吉野川潮生淵に毎年6月30日、海水が湧き上るとの伝えがあり、国中地方から当社に参詣し。この淵で禊する「大汝詣り」が今日も続いている。境内妹山樹叢は、天然記念物指定されている』

「大名持御魂神」は大国主命で、「須勢理姫命」はその妻、「少彦名命」は大国主の国づくりに協力した片腕で、チビだったそうです。
一寸法師民話のモデルです。
神明式のコンクリート鳥居から、30~40段の階段を登って行くと境内があり、何の変哲もない拝殿があります。
板玉垣に囲まれた後の本殿は、茅葺屋根で雰囲気が一気に上がります。
20161106TochiS006s.jpg 謂れ板に書いてあった天然記念物の社叢は、本殿後の大杉がひときわ目立ち、原始からの営みを感じます。
樹齢は如何ほどなのか?

R169を南下します。
「道の駅・杉の湯川上」を過ぎます。
この日は何かあるのか、朝早くからガードマンが出ています。

r258との分岐を過ぎ、TM(ツーリングマップル)に、「このあたりすごい滝が連続」と書かれている「上多古川」上流「上谷」地区探索するために、R169から枝道に入ります。
雰囲気の良い細道が続いており、大石ゴロゴロの上多古川沿いの道が気持ち良く、何度も激写タイムを取ります。
20161106TochiS054s.jpg 四国には負けますが、水が綺麗で少し深いとエメラルドグリーンです。
2つの沢流が合流する合流する所で道が分かれ、それぞれの川に沿って遡っています。
そこに道標が立ち、「上谷」は「Kodani」と発音するようです。

20161106TochiS020s.jpg 「上谷」へゆっくり登っていくと、樹齢何年?と言うような巨杉が時々現れる原生林という雰囲気になってきました。
鹿が出そうです。
7:59、前方の枯れ葉が道路を前面に覆う状態になり、倒木が道路を塞いでいます。
ここまで意外に舗装路が続いており、問題なく進んできましたが、ここでジ・エンドのようです。

20161106TochiS027s.jpg バイクを降りて見に行くと、倒木ではなくゲートでした。
開閉して進めるかな?
と思ったのですがビクともせず、退却することにしました。
ゲートを過ぎれば、また道路を覆う枯れ葉が少なくなっているので、林業関係者の交通量はありそうです。

20161106TochiS033s.jpg 『火元じゃと 7代たっても 人が言い /北村林業』俳句で火の用心しています。
『作業道及び岩石の崩壊を招くため、沢登りを固く禁ず /山主』
20161106TochiS049s.jpg 「ちぐさモノレール」と座席に書かれた真新しいモノレールが、斜面を上がっていました。
林業関係者が敷設したのでしょう。
簡単な構造で、容易に敷設撤去でき、原付エンジンでぐんぐん登るモノレールは素晴らしい。

20161106TochiS055s.jpg TMに載ってる「すごい滝の連続」はありませんでした。
更に奥にありそうですが、トレッキングでチャレンジしないと無理です。
「すごい滝の連続」は拝めませんでしたが、気になる道を消せたし、原生林に迷い込んだような体験ができ楽しかった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR