10/20・孫くん・プリスクールに通い出す

長男のお嫁さんから、アメリカ便りが届きました。
嫡孫・遼くん(3才)のプリスクール通いが始まりました。
IMG_0031s.jpg お弁当と水筒を持って、朝パパの車で出かけて行きます。
自宅と会社は車で10分で、プリスクールと会社も5分だそうです。

IMG_0011s.jpg 僕は、息子たちの幼稚園送り迎え当番だったから、入園当時の園での別れ際の一悶着が想像できます。
同じように朝ぐずってるようですが、しばらくすれば慣れてしまうでしょう。

IMG_0032s.jpg 幼稚園からは、毎日写真付きでレポートがメールで送られてきて、「ご飯はどのくらい食べたか」「お昼寝の時間」「遊びやお勉強」など、細かな報告が来るので安心だそうです。
20人クラスで先生が3人だそうで、日本の保育園の3才児クラスと同じぐらいじゃないかな。

今週のテーマは「E」で、皆でEにまつわるものを作ったり学んだりしているようです。
外遊びや、室内ジムでの遊び、塗り絵、絵本の読み聞かせ、アルファベットや単語の勉強、と毎日色々なプログラムを組んでくれているそうです。
たった数日なのに、もうアルファベットと単語をいくつか覚えて帰ってきまようです。
お母さんに、喜々として覚えてきた単語を披露しているのでしょう。

15時過ぎにお迎えに行っているようですが、18時半まで何時お迎えに行ってもいいシステムのようで、日本の保育園と同じようです。
午前中で終わっちゃう日本の幼稚園より、時間が長くてずっと良いように思います。
人は集団の中で学ぶものなので、小さな頃から集団に慣れておく方が良いです。

前回もそうでしたが、お友達との写真がないのが残念だなと思ったら、幼稚園のウェブサイトから、複数名が写る写真はダウンロードできないようになっているからだそうです。
親はウェブサイトで見れるけど、プライバシーの関係で拡散できなようになってるようです。

IMG_0166s.jpg プリンストン大学・アメリカンフットボール部の試合の応援に行ったようです。
プリンストンは、僕の母校アメリカンフットボール部と交流があり、行き来して試合をやっていました。
大学ヨット部では、京都のD社大ヨット部がイギリスのオックスフォード大ヨット部と交流があり、こちらもイギリスに行ったり京都に来たりを交互に行い、試合をしています。
教育機関のクラブなのだから、社会に出た後につながるこういう交流は、素晴らしいと思います。

アメリカンフットボールは、母校の校技で、中学・高校と授業でタッチフットボールをやていました。
体格や身体能力ごとに適したポジションがあり、ワンプレーごとの様々な作戦がオフェンス側・ディフェンス側両方にあり、オフェンスで相手の裏をかき、見事にタッチダウンにつながると、痛快そのものです。
僕は体重はないけど足が速かったので、タイトエンドのポジションを良くしました。

長男の通った中高にもアメリカンフットボール部があり、関西で時々優勝するような実力を持っています。
あの変形ボールの投げ方を伝授したこともある。
お嫁さんにルールを教えながら、楽しい休日を過ごしている様子が伺える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR