9/25・インカレ予選3・祝勝会

最終レースは、両クラスのリーダー艇がしっかり走り、好成績でフィニッシュしました。
点数計算するまでもなく、両クラス全日本へ駒を進めることが出来ました。

自分の代わりに出た同じ2回生を「頼む、やってくれ」と祈るように見ていたクルー君に、「良かったな、やってくれたな。でもお前が2回生クルーのリーダーとして引っ張ってきたからだぞ、ありがとう。おめでとう」と肩を抱くと、「ありがとうございます」と思いっきり涙が溢れてきました。

フィニッシュ後、両手を突き上げているレースメンバーに向かって、コーチボートから自然に拍手が湧きます。
ハーバーに戻りキャプテンに、「おめでとう」と握手を求めると、「ありがとうございます。最終レースは、どうしても両クラス全員で全日本に行きたくて、470のレース展開ばかり見ていました」なんて言っています。
選手やマネージャー、応援にやってきた多くのOB・OGと握手しながら、「青春してるなあ」と羨ましくなりました。
感動屋の僕なのに、次のことにばかり気が行き、学生たちのように今を感動出来なくなっているのかも・・・。

ハーバーに戻り、ブリーフィングです。
まず「おめでとう」と言い、朝話した「25点以内、失格しない」を毎レース余裕でクリアし、おまけまで積んだS級と、達成できなかった470の苦戦のことを、次の全日本への教訓にしようと話しました。

僕がコーチとして関わるようになった10年前は、夏休みに女子マネージャーは帰省してしまい、選手だけで練習していました。
フィニッシュしても、誰もコーチボートに寄って来ず、アドバイスも次のレースに向けて気持ちを切り替えさせることも出来ず、チームはバラバラでした。

毎レース、フィニッシュ後コーチボートに来るようにさせました。
夏のレースには、自宅からキャンプ用のウォータークーラーに冷たい麦茶を満たし持参し、コーチボートに寄ってきた選手に、女子マネージャー達から冷たい麦茶を渡させました。
男なんて単純だから、女の子から手渡される冷たい麦茶目当てにやってきます。
冗談を交えながらアドバイスし、肩をたたいて次のレースに送り出すだけで、気持ちが変わります。

5年目にして、やっと予選上位3位に入り全日本に復活しました。
以降、片クラスか両クラス、全日本出場が普通になってきました。
地区予選優勝には手が届きませんが、2~4位の常連になりました。
この日の最終レースは、「僕らが予選で敗退するわけない」との自信がみんなにありのを感じました。

船を片付け、着替えて閉会式です。
クラス別は2位と3位で、総合は2位。
20160925KinS049s.jpg 艇庫の階段に上り、高い位置から眺めていました。

合宿所に戻り、OB・OGによる祝勝会の準備が始まりました。
20160925KinS050s.jpg 台所には、OGマネばかりで、現役マネはお客さん状態です。
「N写真館」とあだ名された今春学部を卒業したN君が、僕の撮った写真をせがみます。
祝勝会のバックにスライドショーで、彼の撮った写真に加え流すそうです。

20160925KinS057s.jpg 今春卒業OBの司会で、祝勝会が始まりました。
僕の母校も同じ日程で地区予選が行われており、結果を見るまでもなく圧勝しているでしょう。
D社同様、全国制覇常連強豪校なので、文字通り優勝祝勝会をします。
でも本番は全日本なので、地区予選は勝って当たり前と思っています。

コーチしてる学校は、スポーツセレクションはなく、優秀なリクルーターもシステマチックなコーチ人もおらず、手作り感が素敵です。
僕が大学生の頃は、スポーツセレクションなどなく、初心者で入部してくる学生が、4年間でぐんぐん成長していく姿がありました。
僕はそんなアマチュアな学生スポーツが肌に合うので、このクラブに関わる事ができている今がとても楽しい。

結果オーライで、失格を叩いて落ち込んだ3年生エースも立ち直り笑顔です。
20160925KinS058s.jpg キャプテンの挨拶・乾杯の音頭で、お寿司とビール・ソフトドリンクがどんどん消費されて行きます。
僕が帰ると言ってた1時間ほどして、僕にコメントを求められました。

まず「おめでとう」
今日の劇的な再逆転を演出した裏ヒーローの3回生エースを持ち上げ、スーパーサブの役割を果たした2回生を褒めちぎり、そんな感動を身近で味あわせてくれたみんなに感謝しました。
生涯続く仲間を得た幸せはこのクラブからで、延々80年もバトンタッチしながら続けてくれた先輩に感謝です。
このチームは、あと1ヶ月。
更に努力し、自分たちのつけて来た実力を、全日本で見せようとみんなを鼓舞して挨拶を終えました。

みんなの笑顔が弾け、あまりに楽しく、現キャプテン・次期キャプテン・470リーダーなどの話が続き、1時間で帰るのを止めました。
司会者のもとへ行き、「今日のヒーロー2回生たちに喋らせようよ」と提案しました。
下準備が成ったようで、しばらくして司会者から、「では・・君・・君・・・」と2回生が呼ばれ、大笑いのスピーチ。

参加していただいた82才の大先輩・Mさんのスピーチ。
20160925KinS060s.jpg 最後に4回生全員からスピーチ、締めはキャプテンです。
そしてエール。
応援歌とクラブ歌:琵琶湖周航の歌を、円陣になり肩を組み合唱し祝勝会が終わりました。

アルコールの入った部員は、そのままここに泊まるものもいるだろうし、帰っていく者もいるだろう。
僕は、プロテクターメッシュ上下を着込み、みんなに挨拶し、合宿所を後にしました。

湖西道路~名神で、21:00「桂川PA」
毎度の「びっくりソフトバニラ・140円」で糖分補給し、帰宅しました。
既に家内は夢の中で、片付け風呂に入り、1日を終えました。
楽しい日になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR