8/15・出雲・ベタ踏み坂~水木しげる妖怪ロード~美保神社~美保関灯台

「ベタ踏み坂」のCMのことを話すと、家内も知っていた。
「江島大橋」手前から、「うわ~すご~い」と大はしゃぎです。
橋の袂で車を止め見に行くと、バイクや四輪から降りた方が数組、カメラを楽しんでいた。
前回来た時、橋の袂にあったファミリーマートが、少し移動し駐車場が数倍に大きくなっていた。
売上を伸ばしているようだ。

「この車で登れるの?」と家内は心配そうだったが、難なく江島大橋をクリアし、r47で、12:45「境港」。
水木しげる妖怪ロードを巡りながら、JR境港駅&境港フェリーターミナル。
20160815IzumoS413s.jpg 正面に妖怪達の壁画があった。
20160815IzumoS414s.jpg 鬼太郎やねずみ男オブジェをカメラに収め、かき氷を食べクールダウンした。
20160815IzumoS415s.jpg 12:42~13:19「境港大正町P・200円」

r47~R431で境港水道大橋を渡り、r2。
13:43「美保神社」
20160815IzumoS418s.jpg 全国の美保神社の総本宮です。
やっと来れました。
祭神は、「三穂津姫命」「事代主命」

三穂津姫命は、高天原から稲穂を持って天降り、葦原中津国を切り開き良く収めた大国主
命の妻になります。
「五穀豊穣・夫婦和合・安産・子孫繁栄」の神様です。
事代主命は、大国主命の長男で、「葦原中国の支配権を天孫に返上せよ」との高天原からの使者に返答に困った大国主命が、「息子たちに聞いてくれ」と責任を丸投げされた神様です。
釣りをしていた事代主命は、「いいよ」と返事し、弟の大力・建御名方(タケミナカタ)神は、それに反対し使者・建御雷(タケミカヅチ)神と勝負した。
結局負けて、諏訪まで逃げてゆき、「ここから決して出ませんから許して」と命乞いし、諏訪大社の主祭神として祀られています。

事代主命は、別名・恵比寿様「えべっさん」として有名で、釣り竿を肩に鯛など豊漁を腰に差しています。
この記紀の故事から来た風体です。
出雲式の大注連縄が立派で、海の神様なので「諸手船神事絵馬」を撤饌していただきました。

r2を更に東に進みます。
14:03「美保関灯台」
20160815IzumoS420s.jpg 半島の先の灯台は、青い空に白く輝き、絵になります。

しかし、駐車場の残念なお知らせを家内が見つけました。
「美保関灯台ビッフェ・臨時休業」、ガーン。
R431に、何度もビッフェの宣伝看板が出ていたので、すっかりここで昼食のお腹になっていました。
20160815IzumoS423s.jpg ビッフェは、元灯台施設棟で、とても素敵な外観です。
景色だって最高なので、実に残念。

『島根半島海岸部の地形 島根県東部・鳥取県西部地域の地形は、南から中国山地、沈降地帯の宍道湖・中海地域、隆起地帯の島根半島と特徴的な分布を有する地形です。中でも島根半島は、半島中央部を断層が横断し、半島東部は沈降海岸、半島西部は隆起海岸と別れています。島根半島の海岸線は、広範囲に岬と湾が交互に鋸歯のように並ぶリアス式海岸で、加賀潜戸(かがのくけど)・多古(たこ)の7つ穴のような断崖・洞門・洞窟等の優れた景観を見ることが出来ます』

『美保之綺の由来。 島根半島の最東端に位置するこの岬は、古くから「美保之碕」と呼ぱれています。
出雪国風土記の国引きの伝説では、この「美保之碕」は、北陸地方から、日御碕は朝鮮半島から引いてきたものと伝えられています。
この鳥居の中央約4km先の海上に浮ぶ島を「沖ノ御前・おきのごぜん」、眼下に横たわる島を「地之御前」といい、共に事代主神(美保神社の御祭神、俗にえびす様)の魚釣りの島として伝えられているところから、現在も美保神社の境内となっており、毎年5月5日には美保神社で事代主神とその御后の御神霊をこの島から迎える神迎神事が続けられています。
夏期には、沖之御前の海上に雄大な日の出き拝むことができます。沖之御前は日によってその島影が様々に変化し、漁師はその島影により海上の天候を知って出漁を決したといわれます。又、この島の海底には常に神楽の音の様な響びあリ、神異奇瑞の島として今に伝えられています。
この遥拝所は、美保神社の古文書に記載のあった古事に基づき、昭和48年12月設置したものです』

しめ縄の下がった鳥居から海を見ると、中央に沖ノ御前島が見えています。
船に乗ったえべっさんの定番の絵が頭に浮かびますが、ここだったのですね。

r2を戻ります。
境港の対岸から、R431。14:56「ファミリーマート・道の駅本庄店」内で、「味付け海苔海老マヨ・120円」で遅い昼食。
家内は、「梅おむすび・120円」
僕は、「ガルガリ君フォンダン140円」を食後のデザートに。
家内は、「ヨーグルト・168円」




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR