8/15・出雲・須我神社~八重垣神社

20160815IzumoS173s.jpg 「神魂神社」に向かう予定で、r53を北上していましたが、「須我神社」の道標に反応し、r24西進~広域農道~r24南下して、6:32「須我神社」
20160815IzumoS176s.jpg 『和歌発祥之遺跡・日本初之宮』
『出雲国神仏霊場』となっており、隣には、真言宗のお寺があった。
神仏習合の名残りです。

20160815IzumoS183s.jpg 『神詠 八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を』・・・素盞鳴尊が詠んだ日本最初の和歌です。
素盞鳴尊が天下り、泣いている老夫婦に事情を聞く。
ヤマタノオロチに生け贄となる最後の娘・美女・櫛名田姫の不憫を知ると、事成ったあかつきに娘を娶ることを条件に、ヤマタノオロチを退治する。
櫛名田姫を連れて新居を持った地が、ここ須賀だそうです。
20160815IzumoS181s.jpg 20160815IzumoS177s.jpg 小雨が降っていたが、素敵な神話直結の神社でした。

「八重垣神社」に向かって、r24を北上する。
7:08、「ファミリーマート松江乃白店」で、助六寿司420円・たまごサンド198円・小岩井ミルクコーヒー163円・ボスエスプレッソ118円を購入し、車内で朝食にする。


r24~枝道~r249に入り、7:31「八重垣神社」
駐車場から小川を渡ると手水があり、脇に『小泉八雲ゆかりの地・八重垣神社 八岐大蛇退治ゆかりの神社。縁結びで名高いこの神社の「鏡の池」は、稲田姫が飲料水を得、姿を写したと言われている。小泉八雲はこの池に興味を示し、八重垣神社の御札をイギリスオックスフォード大学・ピットリヴァーズ博物館に贈っている』の謂れ板が立っていた。

20160815IzumoS206s.jpg 境内に入ると、『神秘 夫婦椿 乙女椿」があり、幹が二股に別れて、地面に入っていた。
横の山神神社の祠下に大きな木製男根が置かれ、横にも立派なのが立っていた。
素盞鳴尊に見初められた奇稲田姫伝説に肖り、良縁・夫婦円満の象徴となっているのでしょう。

収蔵庫には、日本神社界最古の壁画が収蔵されているようです。
20160815IzumoS214s.jpg 立派な拝殿・本殿です。
20160815IzumoS219s.jpg 『八重垣神社由来記 「早く八雲の八重垣様に縁の結びが願いたい」という歌は、出雲で最も古い民謡です。ご祭神も八岐の大蛇を退治し、高天原第一の英雄・素盞鳴尊と、国の乙女の華と歌われた稲田姫のご夫婦がお祀りしてあります。素盞鳴尊が八岐大蛇を退治になる際、佐久佐女の森(奥の院)が安全な場所であると選び、大杉を中心に八重垣を造って姫をお隠しになった。そして大蛇を退治し、「八雲立つ、八雲八重垣、妻込めに、八重垣造る、その八重垣を」という喜びの歌を歌い、両親の許しを得て、「いざさらば、いざさらば、連れて帰らむ佐草の郷に」という出雲神楽歌にもある通り、この佐草の地に宮造りして、ご夫婦の宮居とされた。縁結びの道を拓き、略奪結婚から正式結婚の範を示し、出雲の縁結びの大神として、また家庭和合、子孫繁栄、安産、難除。和歌の祖神として、古来朝廷・国司・藩主の崇敬が厚く、ご神徳高い神国出雲の古社・名社である』

歯固め用の玉砂利があった。
小さな子にこれを噛ますのは、誤飲事故に繋がりそうで実行する方は少ないでしょう。
「お父さんの10円玉みたいに、飲んじゃうね」と家内から。
僕は、小1の時お年玉の10円玉を飲んじゃった経験があります。

境内をじっくり散策していると、表門から外に出て行った家内が戻ってきて、「いいもの見つけたよ」。
20160815IzumoS229s.jpg 『夫婦椿・連珠玉椿 「八雲八重垣、祈願を込めて、末は連珠の玉椿」。連珠玉椿(夫婦椿)は、稲田姫命が2本の椿の枝をお立てになった。それが芽を吹き一心同体、愛の象徴として神聖視されるようになり、木が枯れても境内には二股の椿が発生すると伝えられ、現在境内に3本の夫婦椿があります。年により二葉の葉も現れることもあります。東京資生堂の花椿会は、この玉椿の銘木を神聖視し、発展されており、ここにも美容調整のご神徳があります』
家内ご愛用の資生堂化粧品謂れの椿を、見つけちゃいました。

ここと、神魂神社を結ぶ道が、「ウォーキングトレイル(古代歴史めぐり)はにわロード」名付けられていました。
お店には、「子宝飴」の幟が上がっている。
『古式結婚式発祥の地』との案内板も出ています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR