8/8・長男一家が帰っていく

お嫁さんと子どもたちが、新潟に帰る日です。
朝6時半から、次男の要望でゴソゴソ動き、帰宅したら僕らの家に遼くんがやって来て、レゴブロックとトランプで遊びました。

「帰るよ」とパパがやって来て、「新潟に帰らない」と駄々をこねています。
「トランプやってるの~」と言いながら、トランプを片付け始めているのが可愛い。
3才なのに、おもちゃを片付ける習慣がついています。

僕らに対して「おはようございます」とか、レゴの人形さんに「お兄さん」と名前をつけ、やたらと丁寧に喋りかけています。
敬語なんて何処で覚えたんだ?
お嫁さんに聞くと、特に教えていないのだけど、こういう言葉遣いが好きなようです。
それと、玄関に上がると靴を揃えます。
同年代の子がいる元同僚に、驚かれるそうです。
これも、親の真似で始め、好きなようです。

長男がみんなを車で空港まで送ります。
僕はバイクで、後ろを少し走りましたが、右のストップランプが切れています。
すぐにトヨタに電話し、在庫があるか確認しました。
この手のものは、常時在庫のようです。

長男は、明日伊丹から成田に飛び、そのままニューヨーク便で帰るそうです。
でも今夜は友達と飲み会だそうな。
長男と子どもたちの洗濯物は、家内が洗っていました。
長男のパンツとシャツは、「TOMMY HILFIGER」というブランドでした。
航くんのヨット柄ロンパースはユニクロでした。
ユニクロってロンパースも作ってるのですね。

初宮参りの時、家内が長男のことを、お嫁さんから聞いたようです。
航くんにおっぱいをあげながら、話したそうです。
男の子は、あまり自分のことをしゃべらないから、女同士の会話は重要な情報源です。

他の会社から、ヘッドハンティングを打診されていたそうです。
長男の働きを見てくれていた他社があったようで嬉しい。
一時、会社辞めちゃうんだな~と思ってたらしいですが、ちょうどそんなタイミングで、会社が長男に新たなチャレンジ「海外勤務」を打診したそうです。
長男はチャレンジャーなので、これに食指が動いて、海外勤務に決めたそうです。

親の知らない間に、大きな動きがあったんだ。
僕らは、チビの頃から、子供の希望に反対したことはないので、みんな自分で決めて事後報告でした。
もし会社を移っていても、事後報告だったのでしょう。
そして、旦那の自由に任せたお嫁さんの度胸に感心しました。
素晴らしくできた女性と縁がったようです。
こういう男の決断を見守れるお嫁さんは、男を大成させます。

与えられたポジションは、アメリカ・ブランチのリーダー。
接客中以外はドアを閉めてはいけないそうだが、個室持ちになりました。
20人ぐらいの事務所と思っていましたが、少数の日本人を含め200人もいるそうです。

長男が紹介されている社内報を、持って帰ってくれました。
会社の社内報だと思ったら、グループ会社統括のホールディング会社社内雑誌でした。
特集された長男の会社の新プロジェクト3つ(日本・アメリカ・スコットランド)のトップに紹介されており、仕事内容が語っています。
アメリカは3年ぐらいだけど、その後スコットランド勤務するかもしれないと言ってたので、スコットランドの方にも親近感を覚えました。

長男の会社の海外で売上を上げていく将来方針が載っていたけど、34才でグローバルに発展していこうとする開拓最前線トップとは凄い。
長男の頑張りが会社の利益に直結しそうで、やり甲斐を感じているでしょう。

コーチとして傍で見ることが出来た次男が、大学ヨット部で、先輩部員に意見し、引っ張っていた光景を思い出します。
親は、我が子をいつまでも頼りない子供だと思っているけど、幼稚園からの同年代社会に揉まれて、ぐんぐん成長しているものです。

そして、会社幹部登用試験を受けてみないかとの打診があり、受けたそうです。
子供の頃から、常にリーダーだった子なので、そういう部門が性格に合っているはずです。
この4月までの東京本社時代は、最若手で、担当部門の他に、経営室に入り仕事をしており、会社の将来方針を考えるメンバーになっていました。
取締役から社長~経団連会長への道を、順調に歩んでいるようです。

学級委員長はもとより、クラブのキャプテンから、修学旅行の実行委員長まで、バンバン立候補して、失敗もあったけどそつなくこなしていました。
我が子を面白く見ながら、楽しく親ができました。
僕の仕事の段取りがつかず残念だったけど、長男の男振りが気に入られ、中高の学校からPTA会長を打診されたこともあります。

アメリカ赴任して、アリゾナを旅したそうです。
次はマチュピチュを旅するそうです。
アメリカ勤務中に、南米・北米のいろんな場所を見ておきたいようです。
人生を謳歌してるね。
子どもたちが、いきいきと前向きに生活している姿を見せてくれることは、親へのご褒美ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR