7/24・吉野~大峯奥駈道~洞川~みたらい渓谷~東吉野ツーリング9 帰宅

大和高田バイパス~南阪奈道路で大和を脱出し、15:35「太子IC・料金所」で休憩。
富田林のPL教団の塔が見える。

近畿道に入り、八尾PAで休憩。
東大阪PAのようにコンビニ位あれば、使い勝手がいいのに、トイレと自販機だけです。
数年ぶりにコカ・コーラを自販機で買い、炭酸・糖分補給した。

一気に近畿道を抜け、中国道・吹田ICでまた休憩。
朝が早かったので、眠くなってきた。
一般道は平気なのですが、単調な高速道は眠くなる。
豊中ICで中国道を出て、16:52帰宅。

僕が家に入ると、家内が風呂のスイッチを入れてくれた。
荷物を片付け、風呂に入ってサッパリして出てくると、今度は通勤リード110に乗り換え、タンデムでお買い物です。
仕事でも使える楽なシューズを買うのに付き合いました。

帰宅後、まだ明るいので、今日一日実家内部を掃除してた家内に負けないように、玄関階段など、家の周囲の掃き掃除・拭き掃除をしました。


------
天皇陛下のビデオメッセージが流れた。
「天皇位譲位の希望」を暗に感じさせうメッセージかと思い、PM3時という放送時間に合わせて昼休みを取り、TVの前に座った。
終戦当時より、ずっと身近な存在になられた現在の天皇ですが、「玉音放送」だよねと思い、終戦の玉音放送を聴く市民同様、何故か正座して聴いてしまった。

日本の天皇は、国民にとってあまりに大きな存在なので、法律で明確に政治と切り離されている。
自由に譲位が出来たら、為政者によって意図的な譲位や、天皇自らの気持ちを表すための譲位があった過去の歴史に戻るので、僕は明治以来何度も議論され葬られたように、現行憲法同様に「終身天皇」「摂政」制が良いように思うが、メッセージを聴きながら、平成天皇のお気持ちは十分に伝わってきた。

生前譲位するとして、「定年制」にしてしまうと、新天皇に不測の事態があった時、天皇位に戻る重祚が出来なくならないか・・・
「天皇の希望する任意の時」では、アバウト過ぎるし、将来政治利用されかねない。
平成天皇のお気持ちは、皇室典範を改正し、恒久化法として、天皇崩御の自粛による経済活動の低迷や、それに伴う各種行事の多忙が一時にやってくるのを避けたい旨のようですが、特別措置法で「あくまで例外」とすることはできないかなあと思う。
天皇位を巡るゴタゴタで、過去どれだけ戦争が起こったか。
また南北朝期のように、為政者によって2人の天皇が並び立った時代も、戦争が絶えなかった。

日本史への興味は、天皇制抜きに楽しめない。
氏族の歴史を辿ると、多くは天皇に辿り着き、天皇の子・「皇子」の子・「王」が、臣籍降下したことから始まることが多い。
そこから始まる男の子の家系、女の子の嫁ぎ先との縁から始まる家系・・・現日本人の殆どが源平藤橘の氏に辿り着き、天皇家と親戚であるという現実を思うと、我が家の遠い本家の嫡流として、現天皇家に親しみを感じてしまう。
どうなることやら・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR