7/24・吉野~大峯奥駈道~洞川~みたらい渓谷~東吉野ツーリング8 天誅組終焉の地

20160724YoshinoS325s.jpg 13:35、『維新のさきがけ・天誅組 東吉野村天誅組顕彰会』の幟に惹かれ停止。
『天誅義士墓所』の石碑が立っている。
隊長・吉村寅太郎他10名の名が書かれている。
明治谷墓所と言うらしい。

倒幕・尊王の魁となった天誅組は、旧土佐藩士・吉村寅太郎が、公家中山忠光卿を主将に担いで旗揚げし、大坂から大和に侵入し、代官所襲撃には成功したが、呼応するはずだった京都の情勢が急変し、孤軍奮闘となってしまった。
大和高取城址襲撃に失敗し、吉野大塔に後退したが、陣容を増す幕府軍と雌雄を決するため東吉野に侵入してきた。
多勢に無勢で敗退し、散り散りに討ち取られて行った。

勝敗は時の運・神のみぞ知る世界だから、武運尽きただけのこと。
この行動力が素晴らしい。
時代を動かす人も、人生で大成する人も、限られた時間を大切に、急ぎすぎるぐらいの人だ。
維新成って、賊軍と散った志士も蘇り、後世に伝えられている。

階段を上がって行くと、玉垣された敷地内に吉村寅太郎はじめ隊士の墓石が、整然と並んでいた。
吉村寅太郎の上に、「贈従四位」と彫られていたので、明治維新後、官位を贈られたようだ。
県道からの階段も箒の跡が残り、蜘蛛の巣も張っていない。
地元の方の気持ちが伝わってくる。

20160724YoshinoS338s.jpg r16に入り、13:46「ニホンオオカミの像」
天皇陛下行幸所の石碑が立っている。
天誅組の史跡にも寄られたのだろうか?

『ニホンオオカミは、明治の初めまで、本州・四国などにかなりの数生息していた。その後急減し、明治38年(1905年)東吉野村で捕られられた若雄が日本で最後の捕獲の記録となりました。当時、ここ鷲家口の宿屋・芳月楼で、地元の猟師から、英国より派遣された東亜動物学探検隊員・米人マルコム・アンダーソンに、8円50銭で買い取られ、大英博物館の標本と成っています。「採集地ニホン・ホンド・ワシカグチ」と記録され、動物学
上貴重な資料となっています。かつて山野を咆哮したニホンオオカミの勇姿を、奈良教育大学教授・久保田忠和氏の手により、等身大のブロンズ像として再現しました。緑と水のふるさと・東吉野村の自然愛護を願うシンボルとしていきたいものです』

13:52「天誅組遺跡」
『文久3年9月24日宵、出店坂より敵陣に突入の途中、敵弾を受けた天誅組前勢の鍋島米之助は、之に屈せず次々にある彦根陣所を突破して、ここまで進み、辰巳家の納屋に潜入、休息した。翌朝、発見密告され駆けつけた藤堂勢の銃弾にあえない最期を遂げた』
20160724YoshinoS343s.jpg 『島村省吾捕縛地・徒歩20分』

『文久3年9月26日払暁、吉村寅太郎の命を受け、主将及び本隊の様子を確認するため、木津川より山越えして鷲家口に下ってきた森下儀之助・幾馬、山下佐吉・山崎吉之助4名。森下兄弟はこの市ノ谷を登りましたが、頂上近く紀州街道(赤谷口)に取り付いた時、兄・儀之助は左へ進み小名峠を越え脱出しましたが、弟・幾馬は右に進み、首吊り峠を越して鷲家赤谷を下る途中、山狩り中の藤堂藩・西庄源左衛門の隊に遭遇し、その銃弾で戦死しました』
その谷を見上げ、周囲の地形を見て、想像の翼を広げました。

R166に合流し、13:58「天誅組終焉の地」
天誅組の軌跡が地図で表わされている。
林道も走ってきたので、地図の位置関係がよく分かる。
やはり現地に来なくちゃ。
刑事は足で稼ぐという旧タイプの刑事のセリフが思い浮かぶ。

『天誅組総裁・吉村寅太郎・遺詠 吉野山、風にみだるるもみじ葉は、我が打つ太刀の血煙と見よ』

『東吉野村は、幕末当時、憂国の志士が幕藩体制を廃して国家行政の抜本的改革を目指し、その思想と行動に殉じた地である。文久3年(1863)8月、孝明天皇の神武山陵参詣を機に、統幕の先鋒と称して、中山忠光卿を主将とし、藤本鉄石・松本圭堂・吉村寅太郎の3士を総裁とした「天誅組」が五条に旗揚げしたが、「七卿の都落ち」に象徴される政変により、事、志に違い幕軍の追討を受けて吉野山山間を転戦、9月24~27日にかけて、当村内において、3総裁以下15志士が戦死、「天誅組」は終焉を見る。しかし時を経ずして展開された明治維新大業の魁となり、現代日本繁栄の原動力となった事は、その後の歴史が物語っている』

20160724YoshinoS359s.jpg 橋を渡り、敷地内に入ると、巨岩の前に玉垣が組まれ、顕彰碑が立っている。
R166を「道の駅・宇陀路大宇陀」に向かって走る。
「ひだる地蔵」というのがあった。
「ひだる」は空腹を表す方言のようです。
20160724YoshinoS367s.jpg 「山村留学・東吉野小学校」という看板もあった。

道の駅で、かき氷300円でクールダウンしながら休憩。
道の駅の前のバイカーズカフェがあった。
R166で桜井に出て、R165にチェンジ。

15:07「桜井市大字吉備エクスプレス桜井CS」で給油。
229km/10.16L=22.5km/L。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR