7/10・京都流れ橋~嵐山サイクリング2

11:07、「鈴虫寺」駐車場。
「和尚さんの講話を聞かないと参拝できないよ。そのため待ち時間がありますよ、いいですか?」
自転車は無料だそうです。

お寺の階段前に、門前店が2軒あり、「氷」ののれんが下がってる、魅力的。
20160710AraS054s.jpg 参道階段には行列ができています。
どれぐらい並ぶのかな?誘惑に勝てず、家内を列に置いて門前店に降りて行き、勧誘の大攻勢を受ける。
「どれ位並ぶのでしょうか?」
「次の開門で全部入れるよ」
「ソフトクリーム食べる時間ある?」
「列の最後に入ればいいよ」
「じゃあ、ソフトクリーム1つ、250円」

家内の横に戻ろうと思ったら、参拝者が降りてくる。
前回入場者が出てきたんだ。
降りてくる方が途切れないので、列に上がれず、列を見上げながらソフトクリームを食べる。
列が途切れたので登って行くと、列が動き出した。
「拝観料500円です。お釣りが出ないよう、できるだけまとめてお願いします」

クーラーの効いた座敷大部屋に通され、長机に座布団席が200ほどあり、お茶とお菓子が各人1組用意されています。
部屋の前には、鈴虫の飼育器があり、盛大に鳴いています。
1年中鈴虫が音色が楽しめる寺です。
良縁・出産など、女性に徳のあるお寺なので、女性客が8割。
カップルか女性のみのグループです。

『大変暑いですね、今日の京都最高気温は35℃だそうです。でもこの部屋が涼しいでしょう、何故かわかりますか?そう部屋の上を見てください。クーラーが効いているからです。これは皆様のためではなく、鈴虫のためです。
何処から来られました?千葉、遠いですね。鈴虫寺に惹かれて来られた方も多いと思いますが、門前のお地蔵様は大変なご利益があります。このお寺が初めての方、手を上げてください。
お礼参りの方、手を上げてください。多いですね、初めての方見ましたか?こんなにお礼参りの方が多いのは、ご利益を成就されたからです。
帰りにお願いして、また成就してお越しくださいね。
このお地蔵様、珍しいお地蔵様です。わらじを履いておられるんです。何故かと言うと、お願いされたら、ご自宅まで出向いて願いを叶えるんです。だから、御札を手に、名前と住所をはっきり心の中で伝えてくださいね。そうでないとご自宅まで辿りつけません。メールアドレスは要らないですよ・・・』

面白おかしく、でも為になる説法が20分ほど。
とても面白く、冷たいお茶とクーラーでクールダウン出来ました。
順路に従って、庭を巡ります。
20160710AraS059s.jpg 12:03、京都の町を見下ろす場所がありました。
中央に京都タワーが見えています。

20160710AraS064s.jpg 幸福地蔵菩薩様に、手を合わせます。
300円で買った黄色い御札を手に持ち、次男の子の安西をお願いします。
参道階段を降り、門前のさっきソフトクリームを買ったお店に入り、ざるそばを食べました。

4000匹も鈴虫を飼っているそうです。
部屋の温度調節をして、年中鈴虫の音色が聞こえるように、次々に羽化させているそうです。
バックヤードは大変な作業をしているのでしょう。
小ぶりのお寺で、創建も300年前と古くはありません。
幸福地蔵尊がイチオシの何処にでもあるお寺なのに、この人気はすごい。

この日鳴いていた鈴虫だけでも、たぶん数百匹でしょう。
説法のBGMとして、とても素敵でした。
女性受けするのもうなずける。
GWなど、最高2時間待ちが出来るそうです。

20160710AraS069s.jpg 家内が子供の頃、お父さんが鈴虫を飼っていたと、初耳のことを教えてくれました。
通常の日曜日なら、行列は一気に解消されるので、最大待ち時間20分が最大でしょう。

「松尾大社」に向け出発。
「徒歩10分」の案内板があります。

20160710AraS072s.jpg 12:40、2つ目の目的地・松尾大社の摂社・「月読神社」発見。
月読命は、天照大神(太陽神)の弟、素盞鳴尊の兄で、「月の神」です。
月の神様なので、安産にご利益がある。

『延喜式名神大社の1つに数えられる神社で、元は壱岐氏に寄って壱岐の島において、海上の神として奉斎された。487年安閉臣事代が朝鮮半島に遣わされる際、壱岐で月読尊が寄り付いて託宣したので、これを天皇に献上し、山城国・葛野郡・荒す田に創建した。856年、松尾山南麓の現在地に移った。江戸時代に建てられた本殿・拝殿を中心に、御船社・聖徳太子社などがある。月読神社が京都にもたらされるに当たって、渡来系氏族、中でも秦氏が関わった可能性が高く、古都京都の信仰や渡来文化を考える上で、重要な意味を持つ神社だ』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR