7/6・係留艇整備~新幹線スポット

5時に目覚めました。
階下では家内の活動する音が聞こえ、早朝ツーリングは断念です。
早朝サイクリングも止めて、新西宮ヨットハーバー(YH)で船の整備~新幹線コースにしました。

身支度を整え、通勤リード110に乗り、R171を西に走ります。
西宮市に入ってから、いつの間にかスクーターが、僕の後ろをついてきます。
R2を渡る時も、すり抜けで僕の背後に来て信号待ち。
R43までの信号でゴーストップしている間に、僕の前に出ます。

「ジブバッグだ、ヨット乗りかな?」
「ん~」・・・KWANSEI・・・ユニフォームの背中に、僕の出身ヨット部のロゴ発見。

次の信号で止まった時、「KGヨット部?」「はい」
「僕、先輩」「あ、はい、失礼しました」と、慌ててヘルメットのスクリーンを上げ、メガネを外し挨拶を返してきました。
「どちらからですか?」「伊丹から。係留艇を見に行こうと思って」
「先輩、お名前はどちら様でしょうか?」「・・」

「元コーチしてました。最近母校には顔を見せてないから知らないよね。A・・さん知ってるでしょ」「はい、OB会の・・・」
「僕はそのA・・さんのクルーのクルーでした。
Aさんと同期のB・・さんも知ってるでしょ、Bさんと組んでレースに出ています。
Aさんチームはライバルチームです」
「ヨットは、いくつになっても楽しめるからいいよ。出勤前に、船を見に行ってる僕はやり過ぎやけどね。じゃあまた・・・」
と、彼女はディンギーヤード、僕はセンターハウスに別れました。
6時集合で、練習なのかな?

20160706ElesinorS003s.jpg 5:59「新西宮YH」着。
風がほとんどありません。
20160706ElesinorS005s.jpg カードキーで、桟橋ゲートを開け係留艇へ。
船内バウに雨水が進入するようで、その侵入経路を探しています。
カメラを持ってきたので、共同オーナーのAさん・Bさん他の先輩方に現状をお知らせするつもりです。

バウ・アンカーハッチを開け、ボックス内の亀裂部分を探すがない。
水抜き穴から下1cmの深さで水が溜まっています。
日曜日の朝も同じ状態だったので、ここから侵入していないようです。
ボックス内を触って確認するが、亀裂はなさそう。
ドッグハウスドアを開け、船内バウを確認するが、日曜日同様水が流れた跡があるだけで、濡れています。

「お手上げだ~」、プロに見てもらった方が良さそう。
気軽に頼める僕がコーチ時代の選手は、ヨット屋さんから転職したので困ったものだ。
同じ会社にメンテナンスは頼んでいるが、やはり後輩には何でも言えるから便利だった。

6:08、船を離れる。
桟橋から出ると、ハーバーマスターの三輪くんが、ダンボールを整理していた。
「おはようございます、早いですね」「あ~おはよう御座います」
大学時代、僕と同期のKDヨット部員で、何度もレースをした。
大抵僕の勝ちだったけど、OBになればそんなの関係ありません。

ヨットの世界はとても小さい。
お隣の関西最高級YHのハーバーマスターも先輩だし、神戸のハーバーマスターもAさんBさんと同期の方です。

バイクに戻り、R171。
阪急電車・今津線を渡る手前で離脱し、今津線沿いに北上します。
10年通った母校の最寄り駅・甲東園手前で、新幹線の高架下の道へ。
新幹線が六甲山系トンネルに突っ込むとこを見ながら適当に走り、6:29トンネル上の公園の到着。
20160706ElesinorS026s.jpg 全国を走る新幹線の名前を全て覚えてしまった孫くんを、このスポットはどうかな?と思い、下調べです。

下りと上り列車をビデオに収めました。
東海道新幹線と違い、本数が少ないです。
東京・新大阪間なら、5分に1本走っているので、上下線合わせると、2~3分に1本通過します。
帰宅後調べたら、新大阪・新神戸間は、6時台の上り3本・下り5本でした。

「慰霊碑」が立っていました。
『新大阪・岡山間の建設工事は、昭和42年に着工し、5年の歳月を経て、昭和47年に完成しました。建設工事中に従事し、殉職された50有余名の御霊を慰めるため、本工事関係者が相計って設立したものです』

帰路に着きます。
鳥居が目につき、寄り道。
20160706ElesinorS035s.jpg 参道階段を上がると、「神呪厳島神社」がありました。
小さな祠程度の社殿なのに、敷地は広く立派です。
横に墓地があります。
大阪平野を見下ろす段丘上なので、古くからの墓地でしょう。
神式の兵墓が並び、無縁仏になったのであろう墓石が集められた塚もあります。

20160706ElesinorS040s.jpg 6:47、西の甲山の方に黒雲が湧き、山頂が見えません。
雨が降りそうなので、早く帰ろう。
r337に出て、阪神競馬場横を北上し、右折して「武庫川新橋」を渡り伊丹市内へ。
7時過ぎに帰宅すると、次男結婚記念に植樹したヤマボウシに蔓が巻いたとのことで、それを取り除く。
長男結婚記念のハナミズキも上に若枝を伸ばしているので、両方の木を剪定し、あまり大きくならないようにする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR