6/14・ホタル観賞

梅雨に入り、どんよりした曇り空の日が続きます。
月曜の天気予報をチェックし、火曜日の今朝も・・・。
ホタルは、お化けが出そうなムシムシした、そして風がなく、月が雲に隠れた日に、最も多く飛びます。
「18時以降曇り、風は1m/s」が火曜日夜の予報です。
決定!

職場から家内に連絡し、「ホタルを観に行きませんか?20時出発」を伝えました。
「OK」の返事。
一目散に帰宅し、家内を乗せて北に向かいます。
僕らの毎年の定番のホタル観賞場所は、羽束川です。

r12を北上し、「後川」交差点を、r309「籠坊温泉」の方に右折します。
21時に、ゆっくりといつもの場所に車を停めます。
四輪は、離合に気を使う細い県道ですが、数年前に整備され、路肩を広くした所が数ヶ所あります。

日曜日の20時頃は、それなりに車が駐車していますが、停められない時はない、いい感じのホタル観賞ポイントです。
ここから上流下流数キロに渡って、何処にでもホタルが飛ぶので、「混雑」とは無縁です。

この日はウィークデイなので、車は僕らだけ。
r12「西峠」に上がるとこでもホタルが飛んでたので、期待大です。
車のライトを消すと、走行中チラチラ見えていたホタルが、群と数を増しました。
羽束川の草むらにも、周りの山林にも優しい点滅がゆっくり飛んでいます。

「あそこにいっぱいいるよ」と家内。
小さくお喋りしながら、毎年恒例のホタル鑑賞会が始まります。
上流に歩いて行くと、次の駐車スペースに車が1台停まっており、30mほど離れたとこに黒い人影が2つ、川面を見つめています。
「ここも多いね」「うん」

上流・「篭坊温泉」の方に行くこともあるけど、今回は「小柿渓谷」の方に下ることにしました。
r12を渡り、r37羽束川沿いをゆっくり下ります。
もう一つの好スポットに車を停め、ライトを消すと川面の上の木々に、点滅が浮かび上がります。
ここも僕らだけしかいません。

「後川奥」の永澤寺への分岐を過ぎ、「小柿渓谷」に入ると、道が細くなることもあり、更にゆっくり走りながら、車の前を飛ぶホタルを見つけると、ヘッドライトを消してみる。
すぐに右に並走する羽束川にホタルの点滅が浮かび、窓を開けているので吹きこむ涼風とともに、素敵な時間に早変わり。

対向車数台と、ホタル観賞中の車2台を見ただけの、素敵な2人だけの時間を持てました。
「小柿」の「三田市青少年野外センター」からは、r37で一気に南下しました。
羽束川沿いの道を選択すれば、まだまだ好スポットがあるのですが、夜に弱い夫婦ですし、家内の欠伸も出てきたので、家路を急ぎます。

r323にチェンジし、僕の早朝定点観測スポット「八坂神社」から「波豆川」沿いを南下します。
この日は波豆川にもたくさん飛んでおり、良い日に当たったようです。
r68を渡り、「西谷農協・大池」~r33~r325~長尾山トンネルの早朝バイク定番コースで、10:45帰宅しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR