車検と、6/5・京都寺社巡り3 六波羅蜜寺・宝物館~六道珍皇寺

6/10
キャラバンワゴンの車検でした。
総額122000円(法定費用・重量税32800円+自賠責保険27840円+印紙1100円、整備代金51080円+検査手続き代行料9180円)。
整備代は、消耗品交換などグッドコンディションで乗るために必要な経費だけど、重量税をこれだけ払ってるし、加えてガソリン税もあるのだから、高速道路は無料でいいんじゃないかと思うんだけどなあ。
人や物が動くので経済が上向き、国の所得税が増えるだろうに・・・

バッテリーが、そろそろ限界と言われました。
寿命の2~3年を遥かに超えて使っているので、なかなか壊れないなと思っていました。
今まで同様、GSユアサだと思ってたら、パナソニックと言われたので、ディーラー交換しませんでした。

そこで、近所のオートバックスに行ってきました。
店頭に、ボッシュとオートバックスオリジナルと日立が並んでいました。
GSユアサはないのか聞いたら、取り寄せだとのこと。

仕方なく、日本製がいいかと思い日立にしました。
11800円+工賃540円。
ボッシュとオリジナル品は、25000円~30000円と高く聞いたら、長寿命だとのことでした。
「日本製の普通」が好きなので日立にしたけど、最も安かった。
寿命はどれくらいなのかな?

バッテリー交換中に、2Fのバイクワールドに上がり、通勤リード110のボディカバー・3980円を買いました。
このバイクは野天置きなので、ボディカバーが必要です。
前カゴとGIVIリアボックスベースを付けた上から使うので、リード110用Mサイズの一回り大きなLサイズにしました。
PCX用サイズです。

-----6/5 続き
12:42、「六波羅蜜寺」
20160605KyotoS065s.jpg 『951年、疫病平癒のため空也上人が開創された真言宗智山派寺院。空也上人自刻の十一面観音立像(国宝)を本尊とする。空也上人は醍醐天皇・第2皇子で、若くして出家し、歓喜踊躍しつつ念仏を唱える六斎念仏の始祖である。
往時は寺域も広く、平家の館や鎌倉幕府の探題が置かれるなど、源平盛衰の史跡の中心でもある。空也上人立像・平清盛坐像・弘法大師像など、数多く重要文化財を安置する。境内の十輪院が、仏師運慶一族の菩提寺であったことから、本尊脇に祀られていたという運慶・湛慶坐像も所蔵している』

20160605KyotoS071s.jpg 拝観料600円×2で宝物館に入り、上記の仏像を拝ませてもらった。
部分修理を続けてきたのであろうが、ずらりと平安時代製作の仏像が、大きな痛みなく見事な姿を見せていた。
清盛は読書する姿の像で、珍しいなと思った。
運慶像は、頭頂部がとんがっており、このような頭の赤ちゃんを見たら、「運慶みたいだね」と言ってあげよう。
ひょっとしたら、それに悩んでるかもしれないから・・・

家内実家の法要で、お寺さんから「六波羅蜜」の話を聞かせてもらった事があり、ずっと訪問してみたいと思っていたお寺です。
曹洞宗開祖・永平寺開山の道元禅師(1200~1253)が、1243年ここで説法されたそうです。

20160605KyotoS077s.jpg 13:08、「六道珍皇寺」
『建仁寺塔頭で、六道さんとして親しまれている。この地は、かつて死者を鳥辺野へ送葬する野辺送りの場所で、「六道の辻」と呼ばれ、この世とあの世との境と言われていた。六道とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の6つの冥界のことで、本堂裏の井戸は、昼は嵯峨天皇・夜は閻魔大王に仕えた小野篁(たかむら)が、冥土に通った入口だった。
創建は定かでないが、平安・鎌倉時代は東寺に属して隆盛し、そのご衰退した。室町年間に、建仁寺の僧・良聡によって再興され、臨済宗に改められた。薬師堂に、本尊薬師如来像(重文)、閻魔堂に小野篁作・閻魔大王像と等身大・小野篁像が祀られている。
8/6~10まで、「六道まいり」が行われ、先祖の精霊をこの世へ呼び戻す「迎え鐘」を衝く参拝者で賑わう』

20160605KyotoS078s.jpg まだまだ、祟り・呪詛などが信じられ、それを生業にした密教僧や修験道山伏などがたくさんいた時代に、死者を葬る地に近接して住んだ小野篁という人物は、それなりの雰囲気を漂わせていたのだと思う。
数年前、隠岐の島ツーリングに行った時、偶然「小野篁流刑地」と書かれた道標が現れ、緊急停止して探索したのを思い出します。
流刑されたことを、知りませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR