5/22・家内とセイルクルージング

またタンデムし、R171を西宮へ。
10:47、コープ・マリナパーク店で、「おむすび・100円+寿司詰め合わせ・398円」購入。
ハーバーにバイクを置き、センターハウスに入ります。
ノースショップに、ヘリーハンセンのかわいい子供向けラッシュガードが並んでいます。
かっこいいな。

ハーバークローク横の機械で出艇申告をして、セキュリティーカードでゲートを開け、桟橋へ。
船に乗り込み、お揃いのコミネ・プロテクション・メッシュパーカ・ブラウンを脱ぎます。
家内が、船内から持ってきたライフジャケットを着ます。

ゴソゴソ出艇準備します。
家内と2人なので、全部僕がせねば。
エンジンは一発始動しました。
電源ケーブルを外し、風向を見て必要ないロープから外していきます。

すでに陸風が終わり南からの海風が入っており、船は風で桟橋に押し付けられるので、ロープを外しても桟橋から離れず慌てる必要がありません。
11:20リバースで桟橋を離れます。

20160522KeihukuS033s.jpg ハーバーを出て水路に出ると、11:31午前中の練習を終えたオプティミストディンギー(15才以下レーシングヨット)が、県営芦屋ヨットハーバー方面に帰って来ました。
僕が作ったジュニア・クラブで、次男の後輩達です。
小学生のチビちゃんたちが、大人顔負けの一人前の装束に身を包み、一端のレーサーです。
エンジンを微速にして、家内と眺めていると、レスキュー・インフレータブルボートが近づいてきます。

「あっ、・・さん」「誰?」「・・だよ」「あ~・・さん、また乗せてよ」「奥さん?」「うん、今日は2人で出てくるよ」。

去年末の次男の結婚式に出席してくれた、次男とこのクラブで同期だった子のお父さんが乗っていました。
僕は次男がジュニアを卒業した後、ジュニアの全国理事になり、大学ヨット部のコーチになったけど、このお父さんはずっとジュニアの指導を続けている。

風は、SW・2m/sほどです。
風位に立て、オートパイロットにセットし、ステアリングを離れ、セイルカバーを外し、マスト横に行きハリヤードを点検し、コクピットに戻ってメインセイルを上げます。
最後は僕がマスト横でハリヤードロープをしゃくり、家内がロープを引いてロックします。
僕が指示しなくても、家内はロックしました。
覚えたね。

エンジンを切り、ジェノアセイルをフルセイルに展開し、オートパイロットを切ってマニュアルに戻し、家内にジェノア・テルテイルを見ながらのセイリングテクニックを伝授します。
20160522KeihukuS034s.jpg 「難しいね」「見上げたままだから、首が疲れるわ」なんて言いながら、無難にこなします。
時々ステアリングを逆に動かしているけど、ご愛嬌です。

尼崎・西宮港一文字堤防先端の赤灯台を抜ける時、堤防上の釣り人の竿にヒットしました。
男性が女性に竿を持たせ、タモを構えています。
「大物ですか?」と声をかけると、女性が「わかりませ~ん」と楽しそうです。
通過後、結構な大物を釣り上げていました。

先週は、僕が所属するDクラスのレースでしたが、新潟に先月生まれた孫に会いに行っていたのでパスしました。
この日は、IRCクラスのポイントレースです。
レース艇を北の尼崎沖に見ながら、風上マークを探しますがありません。
関西空港に向けて、オートパイロット任せにして、家内とあ~だこ~だ。
僕はこの人と夫婦になれて、幸せ者だ。
気を使わず、ゆったりした会話をしながら、人生航路を渡ってきました。

20160522KeihukuS039s.jpg 12:42、オートパイロットに操舵を任せ、お昼ごはんにします。
僕は水なしで平気なのですが、家内はダメです。
また喉に詰まらせ、ペットボトルの水を飲んで胸を叩いています。
咳をすると、必ず最後にくしゃみをしないと終わらないし、寝相は子供並みに暴れ回り、一緒に寝ると一晩に何度蹴られるか・・・実に面白い。

レース艇は、なかなか風上に上がって来ず、どうやら昼食中だったようです。
遠目にスタートしたように見え、改めて風上マークを探すと、通りすぎたところに運営艇が走ってきました。
グルリと180度方向転換し、風上マークに、レース観戦に行きます。

20160522KeihukuS049s.jpg レース艇に風の影響を及ぼさない程度に風上マークに近づき、家内にマーク回航を見せます。
レース艇であるIRCクラス艇は、全艇スピネーカー仕様ではなく、ジェノア仕様でした。速いな。

13:23、最終艇が風上マークを回航し、ハーバーに戻ることにしました。
赤灯台横から防波堤内に入ります。
20160522KeihukuS053s.jpg 加山雄三の光進丸のような大型の船が追い越して行きました。
往路もそうでしたが、すれ違う船には手を振ります。
ほぼ100%返してくれます。
ゲストが乗っているのか、小さな子と女性が大きく手を振り、とても喜んでいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR