5/1・阪堺電鉄沿線・歴史散策4 本願寺堺別院~菅原神社~開口神社~千利休生誕地~南宗寺

20160501HankaiS167s.jpg 10:52「覚応寺」
『浄土真宗・本願寺派。1324年伊予豪族・河野通有の子・通元が覚応と名乗り、創建。住職であった河野鉄南(1874~1940)は、与謝野晶子と和歌を通じて親交があり、与謝野鉄幹とは少年時代からの友人で、晶子を鉄幹に紹介した』

表札を見ると、「河野」さんでした。
伊予河野氏は、天武天皇の時代に伊予大領となって土着した歴史ある豪族です。
戦国時代にも、伊予の雄として、九州北部大友氏・中国西部大内氏・毛利氏・土佐長宗我部氏と抗争していた。
武士は戦死が当たり前なので、兄弟のうちに僧籍に入り、家系の存続を図るのが常套手段だった。

お隣が、「十輪寺」
1391年・板状塔婆、室戸台風で犠牲になった116人の生徒と2人の教員の地蔵が祀られていた。

20160501HankaiS183s.jpg 一帯は寺社町で、最大寺院が「本願寺堺別院」
『1476年、蓮如が、遣明貿易で繁栄し始めた堺に布教するために建立した。鐘楼の梵鐘は、大阪夏の陣後の堺復興を進めた長谷川藤弘が念仏寺に寄進したもので、1617年の銘があり、市内最古の梵鐘です(市指定有形文化財)。1825年に再建された本堂は、現存する堺最大の木造建築物です』

『堺県庁跡 明治4年の廃藩置県後、10年間当寺は堺県庁の庁舎だった。堺県は、
和泉・河内・大和を合わせた大きな県でした』

京都の東西本願寺には敵わないけど、大屋根にビックリする。
浄土真宗は、お金持ちです。
前述の梵鐘もさぞ大きな・・・と思ったが、こちらはごく普通の大きさでした。
戦災で焼けた記述があったが、敷地角に目を引く隅櫓が建ち、戦国時代は他の拠点本願寺寺院同様、要塞寺として機能していたことを想像させる。

11:14、「菅原神社」
20160501HankaiS202s.jpg 石田梅岩坐像が境内にあった。
京都・亀岡生まれで、「石門心学」は、近江の「三方良し」同様、身分制度では下層とされた商人に、商業倫理・道徳を説いた思想で、京商人を中心に信奉者が多くいた。
亀岡山中にある梅岩が思想を練った「石田梅岩・石門心学の道」をバイクで走ったことがある。

「なぜ、堺に?」と疑問に思ったが、商業都市・堺にも多くの信奉者がおり、顕彰像を作ったそうです。
20160501HankaiS208s.jpg 楼門を見ると、嫡孫に贈った五月人形・武者坐像が左右に守っていた。
我が家のは、菅原道真公の武者姿像だけど。
寺院に多い仁王像より、神社に多い武者坐像の方が、僕は好きです。

11:27、「開口(あぐち)神社」
「大阪府立・泉陽高校・発祥の地」の石碑がある。
『祭神:素盞鳴尊・塩土老翁(しおつちおじ)神・生国魂(いくたま)神 創建:神功皇后(1700年前)勅祭による』

神功皇后創建とは古い。
港を守り、最古の国道・竹内街道の西端。
行基建立の「念仏寺」(前述)があったそうで、その通称「お寺さん」とも呼ばれているそうです。
綺麗な和服を着た小学生のお嬢さんが、ご祈祷を受けるのか境内に華を咲かせていた。

家内はお茶・お花を小学生の頃より習い、和服を着慣れていたので、きっとこんなだったろう。
学生時代、初めて家内の実家を訪問した時、見せてもらったアルバムから、小学生時代の和服を着ている家内の写真をもらった。
お茶のお稽古の写真だそうです。
お財布に入れて、今でも毎日持ち歩いています。

おなかが減ったので昼食にします。
「うさぎ宿院店」にてラーメンを食べる。
煮干しダシだそうです。
僕は「梅ラーメン・850円」、家内は「煮干しラーメン・750円」、かなり美味しかった。

20160501HankaiS224s.jpg 12:07、「千利休生誕地」
『室町時代後期・1522年、納屋衆・田中与兵衛の長男として堺今市町のこの地で誕生。幼名・与四郎、後に宗易と号す。8代将軍・足利義政の同朋衆であった祖父・千阿弥は、里見義親の血統を引く。はじめ堺の長老・北向道陳について茶を学び、ついで武野紹鴎につく。織田信長の時は、今井宗久・津田宗及とともに茶堂として仕え、「三宗室」と称される。豊臣秀吉の時代になると、天下一の茶人として賞賛され、草庵茶をわび茶として大成させる。
天正13年(1585年)秀吉の禁中茶会において、正親町天皇より利休居士号を勅賜される。しかし、大徳寺山門に寄進した金毛閣に木像を掲げたことや、朝鮮出兵に際し秀吉の怒りに触れ、天正19年2月28日、自刃にて果てた。享年70才』

語り部さんがおられ、詳しく説明してくれた。
20160501HankaiS227s.jpg 敷地隅に井戸があり、その覆いは、利休が寄進した大徳寺山門を解体修理した時に出た当時の部材を譲り受け、それで組まれていた。
当時の斧型カンナで削られた木材なので、波打つカンナ跡がそのまま遺っていた。
裏千家茶道免許皆伝者の家内は、感慨深く聞き入っていた。

12:28、「南宗寺」
それほど大きな門ではなかったが、境内は広かった。
堺市内随一の広さだそうです。
20160501HankaiS241s.jpg 歴史を刻んでいそうな「甘露門」
20160501HankaiS240s.jpg 信長が畿内に入るまで、畿内・京を勢力下に置き、幕府に大きな影響力を持っていた三好長慶(1522~1564)坐像がある。
「徳泉庵」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の記事を読んで気になったので

先日「うさぎ宿院店」に行きました


で、のりまきさんと同じ「梅ラーメン」をいただきました

確かにかなり美味しかった!また食べに行きたいですわ


良い情報ありがとうございました

No title

かぶずきんさん
「うさぎ」さんで食べられましたか。
たまたま見つけたお店でしたが、美味しいなと思いました。
ラーメン屋さんも、昔と違い出汁の具の違いで、いろんな味がありますよね。
「とびうお出汁」のお店に入ったこともあります。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR