4/24・京都三条通・歴史探索5 吉田神社~怪しい大学

20160424KyotoS139s.jpg 拝殿で去年から続く定番のお願いをし、中の本殿を覗く。
本殿は四社横並びのようです。
拝殿前の砂利境内も、竹箒で筋が付けられ、踏むのさえ勿体無い感じがする。

20160424KyotoS145s.jpg 檜皮の奉納料300円、護摩木300円、割絵馬300円。
護摩木に願い事を書き奉納。
割絵馬にも願い事を書いた。
割絵馬は、簡単に半分に割れ、願い事を書いた半分を絵馬飾り所に下げて、社名が書かれた半分を持ち帰ります。

階段を上がり、「神楽岡社」
祭神は、大雷(おおいかづち)神・大山祇(おおやまづみ)神・高おかみの神。
雷の神様と山の神・水の神・・・農業関係の神様で関係づけられる。
雷が鳴ると雨が降るので、怖いけど歓迎される。
そして夏に雷が鳴り出す事によって、稲が妊娠し、稲穂に米の実が入ると信じられていたそうです。
よって雷は、「稲妻」と呼ばれるようになった。

玉垣の向こうの木に、「ご神域につき立入禁止」の札が下がっていた。
古代からのこの神域立入禁止の信仰が、日本の自然を守り、そこに暮らす人々の暮らしのライフラインを守り、ずっとそこに暮らせる土地を守ってきた。
飲める水・稲が育つ水の供給源である山に神が宿るとして神域にし乱開発を防ぎ、いつまでも同じ水が使える環境を守った。

湧水があると、そこに鳥居が立ち神域になる。
京都は、それが実に多い。
だから、回りを住宅地に囲まれ孤立した小山である吉田山に一歩入ればウグイスのさえずりが聞こえる。
哲学の道にホタルが飛ぶ。
嵐山の観光地にある農地に、獣避け電気柵が必要なほど、鹿が身近にいる。
吉田神社が吉田山の自然を今に伝え、学生の街でここで産声を上げた最先端世界企業本社と、古来からの自然を共存させている。
これが京都の魅力のように思う。

吉田神社横の京都大学の校舎を見ながら、「若宮社」
祭神は、天忍雲根(あまのぬしくもね)命。水の神です。横に「さざれ石」と鹿の像があった。

国歌「君が代は、千代に八千代に、さざれ石の巌となりて、苔のむすまで」
「君(天皇)の代が、小石砂まじりの石が固まって岩となり、更に苔がつくまで続きますように」という願望の歌。

20160424KyotoS156s.jpg 「天皇崇拝だ」とマイナスイメージで捉える方もいますが、今生きている日本人の大部分は、先祖を遡れば「源平藤橘」4つの姓につながっている。
その他、清原・菅原・・・みんな最初は天皇家に生まれた孫が「臣籍降下」により、姓を頂いて皇族を離れた者です。
つまり殆どの日本人のルーツは、天皇家に繋がるとうこと。

天皇を中心にまとまっている部族・人種が日本人。
君が代は、つまり「日本人がまとまって平和に暮らす世の中が永遠に続きますように」との願い。
僕らが、親世代から受け継いだものを、次の世代にそれをバトンタッチしていかなきゃ。

20160424KyotoS164s.jpg 更に階段を上がり、「菓祖神社」
「吉田神社・斎場所大元宮」
下って行くと、朱鳥居に「京都八ツ橋商工業協同組合」と書かれていた。

『菓祖神社 祭神:田道間守(たじまもり)命・林浄因(はやしじょういん)命 田道間守命は、11代・垂仁天皇の命を受け常世国の非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を日本にもたらした。林浄因命は、初めて飴入りの饅頭を作り広めた。古来、二神は菓子の祖神として、また文化の神として崇められ、京都菓子業界の総意により菓祖神社創建奉賛会を結成』

『山陰神社 祭神:藤原山蔭卿・恵比寿神 山陰卿は、清和天皇貞観元年(859)奈良春日の大神を勧請し平安京鎮護の神として、吉田神社を創建された。また、我が国においてあらゆる食物を調理調味づけられた始祖であり、古来包丁の粗料理飲食の祖神にして崇敬厚き神である』

玉垣に、「京都川端料理飲食業組合・京都七條料理飲食業組合」と彫られ、個別店名が彫られた玉垣が並んでいた。
吉田神社横に「吉田幼稚園」がある。
こういう歴史ある神社で育った子は、大人になって何を感じるのだろう。

参道の玉垣に、「三高同窓会奉納」と書かれ、個人名玉垣が並んでいる。
三高は京都大学の前身ですね。

9:10に、大学正門時計台前の集合場所に着く。
20160424KyotoS171s.jpg この学校名物の怪しい寮の住人が、寮生募集の勧誘テントを出していた。
テントが張られ、その下に畳&こたつ。

『5日間ぶっ通しコンパ開催中!本日まで。メシあります。いつでも誰でも何度でも。総長どの一緒に食おう!』
怪しい、実に怪しい。

20160424KyotoS174s.jpg 正門の方から、ヒーヒーと聞こえてくる。
そっちを見ると、ロバ・・・腰の左右に編みカゴをぶら下げて・・・アンデスの高地をインカ人と歩いている風です。
綱を引いている学生風男子も服装が決まっている。
なんじゃこりゃ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR