4/17・熊本震災復興車列

10:40~16:03柳ヶ崎ヨットハーバー300円。
合宿所に戻り、鍋で夕食です。
先週に続き僕がカメラマンをしたので、部員のPCにデータを移し替え、TVでエンドレスに写真を流す。

新入生の自己紹介がまた盛り上がった。
部員のヤジが面白すぎて、大笑いの連続だ。
最初に部員が見本を見せるのだが、本日指名の部員が背の低い部員だったので、立ってるのに「立って~」。
「所属学部名は」と言いかけた時に、「霊長類!学部」なんて野次が飛びます。
「学名は」なんて野次が飛び、「ホモサピエンスに最も似た・・」なんて自己紹介部員もヤジに乗っています。

2名が入部宣言してくれました。
先週も来てくれた関東のジュニア出身の子も入部してくれました。

次男に続いて、2人目のジュニア出身部員です。
これで3名入部してくれました。
部員が僕のとこに時々やってきて、適当に鍋を味わせてくれます。
「うどん投入しました。食べてください」なんて、嬉しいな。

再び食べだし、司会者が「キャプテン挨拶の後にお話をお願いします」と依頼されたので、18:30キャプテン挨拶、2分の後に僕が指名されました。
ヨット部のその後のこと、「スポーツ指導員」資格で得たスポーツと脳内記憶のこと、「自分のことのために生きる」より、「他人の喜びのために生きる」方が幸せを多く感じ
るように人間は出来ていることなどを話した。
20分話したようで18:50。

再び食べだして、19時になりました。
ここでさっき散々自己紹介の見本でこき下ろされたM君が中心になってエールを切ります。
部歌「琵琶湖周航の歌」を合唱して終了。

僕は第1陣として、新入生を乗せ、19:14に出発。
「山中越」で比叡山を越え、19:41大学正門着。
これでお仕事終了です。

東大路通~九条通~R1~名神に乗ります。
京都南ICから名神本線に合流したら、自衛隊トラック車列の中央に合流しました。
3車線の中央車線に出てゆっくり抜いていきます。
自衛隊の緊急支援舞台です。
「災害派遣・普通科連隊・秋田」と書かれた横断幕がサイドに下がっています。
前も後ろも車列が連なっています。

東日本震災の時も、何度か自衛隊の車列に会いました。
思わず、「行け~、頑張ってくれ~!」と車内から叫んじゃいました。
阪神淡路の時も東日本の時も、我が家の近所の自衛隊基地からも、続々と応援車列が出て行きました。

20:41自宅着。
家内が起きてきて、「食べる?」夕食を作ってくれました。
翌朝ニュースで、米軍オスプレイ4機が沖縄基地から岩国基地に移動し、熊本支援に向かうそうです。
更に4機追加応援されるそうです。
自衛隊や米軍基地に反対する勢力がいますが、同じ日本人部隊を信用せず、最も親しく具体的に現在の国防の一部を担ってくれている米軍を敵視する姿勢に、どうも同意できません。

自衛隊車列を見て、「頼もしい」と思うし、米軍には「感謝」の気持ちしか湧きません。
自衛隊員や米兵にも犯罪を起こす者がいます。
でも、犯罪率から言えば、一般日本国民の犯罪率の方が高い現実をきちんと見て、しっかり考えてもらいたと思います。
基地の近所に住むので、隊員を毎日見るし、近所に住んでる隊員とも交流があります。
二十歳前後の若年兵でも、礼儀正しく話し、やんちゃな服装なんて皆無で、どちらかと言うと素朴な若者です。

---
今朝、家内から、「すずらんが咲いたよ」と報告を受けた。
僕は雑草を刈るだけなのに、家内は、庭の木に水をやったりしてくれます。
毎朝見回っているので、すずらんを見つけたようです。

このすずらんは、家内の実家から持ってきたものです。
僕が雑草を刈る時、抜いてしまったようで、ここ数年姿を見せずとても残念でしたが、どうやら生き残っていたようです。

GWに子供たちが帰ってきていたので、それに合わせ雑草を刈る時、知らずにすずらんも抜いてしまっていたようです。
今年は、長男がアメリカに転勤し、2人目の子が4月に生まれたばかりなので動けず、次男もお嫁さんの出産が8月なので帰省しませんでした。
そんなこんなで、五月人形も飾らず、鯉のぼりも上げず、雑草も刈りませんでした。

ジャングル状態の中に、すずらんが復活しており、来年以降抜いてしまわないように注意しようと、しっかり葉っぱの形を目に焼き付けました。
アセビもそうですが、小さな花が並んで咲く姿は、とてもかわいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR