4/3・奈良サイクリング 六地蔵~九品寺~近鉄・御所駅

『役行者は名を小角、姓を役公と言い、欽明天皇6年(537)この山の麓・御所市茅原の里で生まれた。父は加茂間賀介麿またの名・大領、母は渡都岐比売またの名・白専女と伝わる。幼少より天性聡敏、7才にして仏道を志し、当時乱れた人心を救済しようとした。17才で発願し、葛城の深山幽谷で荒修行を重ね、蔵王権現を感得し、修験道を開創した。その足跡は山岳修行の先駆者として、日本全国の霊山に残されているが、とりわけここ葛城山は役行者が四方の山々を眺め、吉野大峰の如何に岩橋を掛け、客僧たちの通い路にされようとした伝説とともに、山岳宗教修験道発祥の霊地として、崇敬されている』

20160403KatsuraS241s.jpg 「葛城の自然研究路」「葛城山の動植物たち」「ブナとヤドリギ」「野鳥のさえずり」「かたくり」などの案内板を見て、東屋で時折やってくる野鳥をカメラで追います。
山上駅の上の展望台に登ります。
ここは絶景でした。
20160403KatsuraS248s.jpg 大和盆地に留まらず、竹内街道が通る生駒山系との間のたわの向こうに大阪市街地のビル群が見えます。
更に京都の方角にも家々が見えます。
宇治なのかな?

20160403KatsuraS249s.jpg 14:00発のロープウェイに乗り下山します。
5分の空中散歩。
歩いて自転車まで下山しました。
途中に「乗馬クラブ・クレイン奈良」がありました。

20160403KatsuraS262s.jpg 「猿目橋バス停」から道をそれ、14:33「六地蔵」
20160403KatsuraS268s.jpg 14:41「駒形大重神社」
参道のソメイヨシノが綺麗で、アマチュアカメラマン数人が、三脚で撮っていた。
農耕に使役した馬を祀ったのが、名の謂れだそうです。

20160403KatsuraS269s.jpg 14:46、「九品寺」
ここもソメイヨシノと枝垂れ桜が満開で、そのピンクがアクセントになって美しい。
ここで、空からポツポツ来ちゃいました。
本降りに成る空模様ではありませんが、ここでサイクリングを切り上げることにしました。

PCからプリントした地図には、ロープウェイからの下り道を真っ直ぐ行くと、
「近鉄・御所駅」がある。
ここを目指そう。
ロープウェイを見上げながら、野生の勘で適当にあぜ道などを北東に走っていると、広い道に出たのでそれを東に下って行ったら、ビンゴ!15:29着。

前輪を外し、輪行袋に入れます。
前回輪行したのが2014/9だから、1年半振りの輪行袋で、忘れていたことがあり、少々手間取りました。
御所駅は、近鉄南大阪線・尺土駅から出ている支線・御所線の終着駅です。
「初芝橋本中高」は、ここが最寄りの駅のようで、スクールバス運行と書かれています。

ワンマン車だったので、車掌スペース前に置きます。
単線でした。
尺土駅に着いたら大阪阿倍野行準急が入ってきたので慌てて乗り換えました。
ツーマン車だったけど車掌スペース前の方が、すっと場所を譲ってくれました。
「ありがとうございます」「大変ですね」
「遊びなので、大変なんて言ったら罰が当たります」

車内路線図を見ながら「次は何処で下りるの?この電車停まるのかな?」と家内。
「二上山」「二山神社」もあるよ。
場所を譲ってくれた方が、「準急は各駅停車だから大丈夫ですよ」と教えてくれた。

16:01、「二上山駅」
20160403KatsuraS290s.jpg 黄色いディーゼル車が停まっている。
新幹線で言えば、ドクターイエロー?
「Plasser & Theurer 08-275UM型」「近鉄軌道エンジニアリング株式会社」と書かれていた。
帰宅後調べると、オーストリア本社の線路工事用銃器メーカーだそうです。

雨は上がっていましたが、家内はここで待ち、僕だけ車に戻りピックアップすることにしました。
これが後で大笑いにつながります。
20160403KatsuraS293s.jpg 僕の自転車だけ前輪をセットし、後片付けは家内に頼みます。

R165に出て、「道の駅ふたかみパーク當麻」に向かいますが、途中に「二上神社駅」があるじゃないか・・・こっちのほうが近かった。
道の駅に着いて、ササッと前輪を外し、車に載せます。
総走行時間1:35:03・総走行距離17.24km・平均速度10.8km/h・最高速度43.9km/h。16:33、お迎え出発。
16:38二上山駅。
輪行袋から出されていた家内の自転車をササッと積み込み、16:41帰路に着きます。

往路同様の道で、17:37自宅着。
車から荷物を下ろしていると、「あ~車輪忘れた~」
家内の自転車の前輪を駅に忘れました。
自転車本体を先に積み、固縛している間に前輪を載せるのを忘れちゃった~、ガックリ。

「駅に電話してくれる?」と家内にお願いすると、「え~大丈夫?、無理しないで」
「大丈夫、往復2時間だから」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR