3/27・高島 乙女ヶ池~水尾神社~田中城址

201603027TakaS211s.jpg 14:07、琵琶湖がかなり近づいてきました。
落ち葉・落ち枝・落石は、林道の定番ですが、路面の舗装状態はよく、楽しめました。
琵琶湖岸・R161側にも獣避けゲートはありましたが、入ろうとしてる四輪が開けたところで、手招きされたので先に通過させて頂きました。
閉める方は僕がしようかな?と思ったのですが、バイクを止めようと思ったら、ゲートを通過した四輪が閉めるために止まったので、失礼させていただきました。

JR湖西線の下をくぐり、R161。
旧道に入り、14:17「日吉神社」
門前に、R161と平行して走る道があり、「バイコロジー自転車道 自転車・歩行者優先道路」と書かれていました。
201603027TakaS215s.jpg 琵琶湖西岸には、日吉神社が多いです。
明智光秀の城があった坂本に総本社があるからでしょう。

14:23、等身大人形像がたくさん設置された3階建くらいの建物があった。
「ガリバー青少年旅行村」の宣伝オブジェのようです。
201603027TakaS230s.jpg JR列車から見える「乙女ヶ池」でした。
元は琵琶湖の入江で、大構城の外堀。
「大溝城下町」という道路中央に溝が掘られた道を流す。
城跡に寄っても良かったが、低い石垣程度しか遺構が残っていないらしいのでパス。
帰路に着く予定の15~16時が迫っています。
林道を走り過ぎて、高島史跡探索の半分どころか1/4も怪しいよ。

201603027TakaS237s.jpg r296に乗り、音羽古墳群を探したけどわからず、14:44「水尾神社」
『創建は不詳だが、天平神護元年(765)には延喜式内古社・東山道・官幣大社として載っており、神域は現在より相当広大だった。垂仁天皇・皇子・盤衝別宮を祀り、本殿脇小社には継体天皇生母・振姫を祀っている。盤衝別宮は、高島の地を本拠に栄えた三尾君の祖と記紀で明らかである。振姫は、彦主人王(垂仁天皇の末)の妃で、越前三国より迎えられ、当社拝殿を産所に3児を出産された。この皇子の1人が後の継体天皇である。江戸期には、8代将軍吉宗が神輿1基を奉納、9代家重は社殿を再建され、ともに現存している。境内には鎌倉中期の石灯籠や供養塔が数多く残っている。当社背後の杣山(三尾山)は、古来より歌枕として有名で、万葉集はじめ多くの歌が詠まれている』

水尾庭園というのが境内にある。
安産子授けの神なので、しっかりお参りし、お守りを授かろうと社務所を訪問したが誰もいない。
宮司のお宅にも声を掛けたが応答がなく断念。

201603027TakaS250s.jpg r296~r297で、15:12「田中城址」
『田中郷の領主・田中氏の居城で、泰山寺野台地から舌状に伸びる丘の先端に築かれた中世末期の山城。天守台があった曲輪の標高220m・比高60mで、同時期の山城としては低い。それ以前、古代の山岳寺院・松蓋寺があった。信長公記によると、1570年信長の軍勢が越前朝倉義景攻略の途次、この城に逗留した。その中には、豊臣秀吉・徳川家康もいた。その後、浅井長政の勢力下に置かれ、1573年信長の手によって攻略され、明智光秀の支配を受け終焉を迎える。末裔の田中吉政は、秀吉・家康に仕え、三河岡崎城主・筑
後柳川城主となった』

縄張り図・謂れ板も完備されており、登ってみることにする。
201603027TakaS252s.jpg 15:18、獣避けゲートを開閉して山に入る。
正面に階段が設置されていたが、「順路」と書かれた木札はフェンスに沿う道を差している。
順路に沿って山を上がるが、登れそうにない急斜面になり、結局道がなくなった。
途中から階段道の方に野生の勘で移動し、合流出来た。

201603027TakaS295s.jpg 次々に明らかに曲輪とわかる遺構が現れ、それぞれの大きさがかなりのもので、地方の小豪族の域ではない。
中世守護大名は言いすぎだけど、その家老級の規模を持つ山城です。
201603027TakaS292s.jpg 土塁・土橋・切岸・堀切などの遺構も、素人目にすぐわかり、素晴らしい残存度です。

201603027TakaS302s.jpg 石階段が現れ、観音堂が建っていた。
『松蓋寺遺跡 高島7ヶ寺の1つで天台宗寺院』

「この城域は、埋蔵文化財包蔵地指定を受けており、周辺で開発などを行う時は届け出が必要」と書かれていた。
我が家もその指定地なので、家を建て替える時は、埋蔵文化財調査を受けなければならないので同じです。
風致地区・高さ制限地区でもあるので、やたらと開発されず木々が多く落ち着いて暮らしやすいのだけれど。
15:50、ゲートまで降りてきました。ナイスな城でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR