4/4・100分で名著・歎異抄

NHK・ETV・「100分で名著」という番組で、「歎異抄」が始まりました。
読み解くのは、釈徹宗くんでした、ビックリ。
彼は弟の中高の仲の良い友達で、電車で通う遠い私立学校だったのに、何度もうちに遊びに来ていました。

彼の実家はお寺で、彼の父親から弟に「子のない寺の養子になって、寺を継がないか」との養子縁組の紹介まで受けました。
お互いの家を行き来する仲なので、釈くんのお父さんが弟に、お寺の住職としての資質を見つけたのかもしれません。
最近、釈くんを時々TVで見るようになりましたが、中高生の時我が家で遊んでいた子、大学生の僕が車で彼の家まで送っていったこともあった子を、TVで見るのが不思議な感じです。

歎異抄は、浄土真宗の開祖・親鸞の弟子が書いた本と言われており、多くの異説を生んだ親鸞の教えを整理したと言われている。
浄土真宗の本尊は「阿弥陀仏」です。
「南無阿弥陀仏」を一心に唱えることで、誰でも極楽浄土に導かれるという教えです。
厳しい修行を積まなくてもいいので、天台宗その他の宗派から、異端児扱いされ迫害されました。

「南無」というのは「お任せします」という意味です。
「阿弥陀」は梵名「アミターユス」あるいは「アミターバ」で、アミターユスは「無限命」「寿限無」「命限りなし」という意味で、アミターバは「無限の光」という意味です。

我が家は、親鸞を教えた法然が開いた「浄土宗」です。
三男である父が分家した我が家には、仏壇がありませんでした。
父が亡くなった時、数ヶ所の仏壇屋さんを巡りました。
結局近いお店が良いと思い、同じ市内の「お仏壇の浜屋」で、畳半畳ほどの大きさの中程度の仏壇を購入しました。

その時感じたのが、浄土宗に比べ浄土真宗の仏壇の方が、仏壇の内張りの金箔部分が多いことでした。
阿弥陀の梵名「無限の光」を表現するために金箔が多く施されているんだと、今更ながら知りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR