2/28・南河内史跡ツーリング7 道明寺天満宮

バイクに乗り、14:17「道明寺天満宮」
道明寺から回ってくる人が多い。
しかも細道なのに交通量が多い。

『菅原道真公ゆかりの神社で、古墳造営など土木技術に長じた土師氏の氏神と成立した。古くは土師神社と称し、菅原道真公・天穂日命・官公の叔母・覚寿尼を祭神としている。官公の遺品として銀層革帯(ベルト)や青白磁円硯など平安時代の美術工芸品が伝えられ、国宝指定されている。
広い境内には80種・800本の梅林があり、梅の名所として知られる。三ツ塚古墳周濠より出土した修羅の復元品がある』

20160228KawachiS253s.jpg
「わくわく南河内」と染め抜かれた幟が立つテントがある。
黄色のスタッフジャンパー着用のスタッフが、テントで受付をしている。
どうやら、朝からたくさん見かけたスタンプラリーのゴールのようです。
完歩者には記念品があるようだ。

20160228KawachiS257s.jpg
ベビーカステラなどのテキ屋が並んでいる。
仕切り屋とか暴力団の資金源とかいろいろ言われているが、僕はこの夜店や祭りでテキ屋が並ぶ光景が好きです。
「フウテンの虎さん」の世界。

大河ドラマ「真田丸」の拝み看板が立っている。
年末のクライマックスは、「道明寺決戦」だろう。
ここで後藤又兵衛・薄田隼人が討死した翌日、真田幸村も討死している。

神前結婚式の宣伝看板がある。
昨年末に次男が神前結婚式を挙げたが、素晴らしかった。
お嫁さんの綿帽子をかぶった姿が美しく、披露宴ではウェディングドレス姿でお父さんとバージンロードを歩くシーンも有った。
和洋折衷のメニューを自由に選択でき、神前結婚式も変わりました。

道真さんの代名詞・なで牛の像もあり、さざれ石もあった。
20160228KawachiS268s.jpg
檜皮葺の立派な拝殿だったが、お参りの方が大勢並んでいたのでパス。
梅が満開の季節だから、参拝者が多いのでしょう。

20160228KawachiS269s.jpg
宝物殿があったので入ってみる。
入館料・300円を巫女さんに渡す。
前述の国宝などが展示されていた。

「わかりやすい天神信仰・学問の神様・800円」「伊勢の神宮・ヤマトヒメノミコト御巡幸のすべて・1800円」を購入。
見本を立ち読みして、写真も多く読みやすいので、知ってることが多いのだろうが読んでみようと思う。
バラバラの知識に縦糸が通りそうです。

倭姫は、古代史のヒーロー・ヤマトタケルの叔母で、垂仁天皇の娘。天照大神の斉宮となり、三種の神器を持って大神を祀る地を探し歩いた。
各地の元伊勢を経て、伊勢神宮に祀った。
古代史のヒロインの一人。
ヤマトタケルが東征する時、素盞鳴尊がヤマタノオロチ退治した時に得た天叢雲の剣を授けた。
ヤマトタケルは焼津で周囲から火を放たれ危機に陥った時、その剣で身近な草を払い、こちらから迎え火して逆襲した。
以降、草薙の剣と呼ばれるようになる。

キリストと同年代を生きた11代・垂仁天皇は、アマテラスとスサノオ兄弟の誓約の時、スサノオがアマテラスの首飾りから産んだ男神・天穂日命の子孫で出雲族の怪力・野見宿禰を朝廷に呼び、怪力・當麻蹴速と相撲で勝負する。
野見宿禰が勝利し、當麻の領地を貰い受け、相撲の神となる。
垂仁天皇の后・日葉酢媛命の葬儀に際し、殉死の風習を改め埴輪を埋葬することを提案し、以降埴輪作り・古墳・埋葬の任につく。
その時職人として出雲より呼び寄せた同族が土師氏(地名として各地に残る鋳物師同様、職業を氏の名とした)と称し、菅原道真に続く。
古市古墳群の造営にも主体的に関わっていただろうから、ここから日々通っていたのでしょう。
僕のルーツを古代史・古事記日本書紀の世界まで遡る逸話なので、これに関係する謂れを読むとワクワクする。
20160228KawachiS254s.jpg
天満宮門前に、「土師窯跡」と説明文が彫られた石碑があった。
「お~、ここで古墳に副葬する埴輪を焼いたのかも」なんて、想像の翼を広げた。

ところで10000円札でお釣りをもらったのだが、800円+1800円=2600円は出来たが、10000円-2600円=7400円の計算に時間がかかりあやしかった。
女性は計算に弱いというが、小学生の計算問題ぐらい暗算で即答しようよ。
外国に出れば、マイナス計算に弱い方も多いけど、日本人なら・・・。
僕はどうも、小中学生の基礎学力の低い方が苦手です。
好き嫌いの多い・箸の持ち方が美しくない・鉛筆の持ち方が変・挨拶できない・・・100年の恋も一瞬で冷めてしまう。
美形の女子高校生・大学生のアルバイト巫女さんの感じがしたが、実に勿体無いよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
おーっ、道明寺、誉田陵いかれたんですか~
幸村本に必ず登場する地名ですね。
道明寺は初めて拝見しました。しかもお寺ではなくて神社なんですね。
大河ドラマのラストにナレーションで紹介されるんでしょうね~

「いまの若い人たちは・・・」と言われているその子たちが
歳とったら同じことばを発するのではないですかね~^^)/

No title

まんとさん
今年の大河ドラマ最終月は、道明寺・誉田が舞台でしょう。
一足先に決戦の地を訪問しました。
道明寺は明治維新までは神仏習合だったようで、お寺と神社が高野街道を挟んで隣接していました。僕が驚いたのは、道明寺は尼寺だったことです。

僕はずっと学生と接してきたので、「今の若い子は・・・」と思うことはあまりありません。
僕らよりずっと人に優しいし、法規もよく守るし、賢い子もずっと多いように思います。
ただ二極化が進んでいるようで、会社のアルバイト面接で、足し算・引き算の暗算が怪しい子(特に女の子)が増えてきています。
綺麗な子が増えてきているのに、小学生の基礎学力が出来ないのが、実に残念です。
優しくなった世の中に甘えて、許してもらっているからのように思います。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR