2/7・東京より帰宅

機内のディスプレイを見ていたら、「北朝鮮がミサイルを発射した。沖縄上空を通過して太平洋に落下した」とニュースが流れていました。
でも撃ち落としたとのニュースはありませんでした。
前回同様、防衛大臣からミサイル撃墜命令が出ており、撃墜を期待していたのですが残念です。
アメリカとの合同演習で、マッハ2のミサイルを10/10の100%の確率で、自衛隊迎撃ミサイル部隊が成果を挙げたとのことだったので、迎撃成功失敗にかかわらずチャレンジして欲しかった。
成功すれば自信になるし、失敗しても失敗の原因を探ることで、次の精度が上がります。

ジュニアヨットを教えていた時も、入部2ヶ月のなんとか真っ直ぐ走らせる事ができるようになった子でも、どんどんレースにチャレンジさせていました。
成績はボロボロに決まっていますが、上手な子と自分との差をしっかり認識できるので、その後の練習姿勢が違ってきます。
草レースでも、「1レースは1日の練習に匹敵する」と感じていたので、積極的にチャレンジしました。
レースを経験すればするほど、ぐんぐん実力を上げて行きました。

模試も受けずに大学受験本番に臨んでも、ダメに決まっています。
何度も模試にチャレンジし、自分の学力の位置を把握し続けていないと、本番で結果は出ません。

そんなこと百も承知の自衛隊が、迎撃ミサイルを発射しなかったということは、「人工衛星を打ち上げます」の北朝鮮の発表があったからでしょう。
「北朝鮮の屁理屈だ」とニュースでは言っていましたが、そうであっても撃ち落とさないという他国に対する節度を保ったようです。

同じ日本人である拉致事件被害者を、有無を言わせず実力で取り戻そうとしない日本政府の姿勢と同じ論理が垣間見えます。
自国民を拉致されたのだから、人工衛星だとしても撃ち落として良かったように思います。
日本の本気度を示すチャンスだったのに残念です。

機材は、ボーイング777で、B747の国内運行がなくなった今は、国内最大級の旅客機です。
往路と違い満席でした。
伊丹空港に着陸し、預けた荷物をピックアップする家内をターンテーブルに残し、僕だけスーツケースを持ってバイクに急ぎます。
スーツケース2つは、バイクに積めません。
一旦帰宅し、車でとんぼ返りします。
往復20分ぐらいなので、夜の到着ラッシュなので、家内が出てくる前に戻れるかもしれません。

帰宅し、スーツケースを自宅に置き、車で空港に向かいます。
JAL前の降車レーンに車を停め、家内に電話します。
すでに家内はこのレーンの前の方におり、こちらに来てもらいます。
スーツケースと家内を乗せ、帰宅しました。
「あ~楽しかった。ありがとうね」と言うと、「こちらこそ」
ささっと夕食を作ってもらい、お風呂に入って楽しい1日が終わりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR