2/7・息子達家族とおしゃべり 競馬・新婚旅行・海外引越し

室内でもやたら競争しようと声をかけて来て、遼くんは13番で僕は11番と指名されます。
「おばあちゃんは、唐揚げ食べて見てて」なんて言うのがおかしくて聞くと、競馬好きの長男が競馬場に連れて行ったそうです。
長男は中学の時、友達のお父さんの影響で競馬が好きになりました。
自宅の彼の部屋の壁には、定番の美女ポスターではなく、競走馬の写真が貼られています。
その友人と、親抜きで中学生とバレないようにサングラスして競馬場に入ったこともあります。
中学生では馬券を買えないので、ただ馬を見て、血統を読んで予想し、レースを見て喜んでいただけです。
競馬場は、入場料がただとか100円とかで、入るだけなら非常に安いそうです。
僕は、今まで競馬場などに行ったことがありません。

去年、社会人になって初めて競馬場に行ったそうです。
競馬場中央の芝生に誰でも入れ、遼くんが走り回れるので、ピクニック気分で家族で競馬場に行き、1枚だけ馬券を買ったそうです。
それが遼くんの希望で13番で、唐揚げを食べて応援したのが面白かったそうです。

それ以来、遼くんのマイナンバーは13番になりました。
ちなみの僕の誕生日は13日です。
遼くんはあまりに楽しかったらしく、1月に長男と2人で競馬場に行ったそうです。
アメリカには、もっと綺麗な競馬場があるだろうから、きっと家族で行くでしょう。

新たに覚えた11から20まで、披露してくれました。
マイブームの数字が、2桁になりました。

次男夫婦の会社の会長さんは、競争馬を買ったそうです。
牝馬未勝利戦に勝利し、次のレースに勝てば、重賞レースに出れるそうです。
すでに投資額を賞金で回収したそうで、長男によると殆どの馬主が赤字なので、非常にまれなことだそうです。

新幹線や電車の絵本を持ってきて、ビシバシ車輌名を当てていきます。
僕が1年前の誕生日にプレゼントした絵本「きかんしゃやえもん」が、絵本で一番好きなようで、お嫁さんから「お父さん、言われていたように覚えちゃいました」と笑っています。
「読んであげて」と言われ、遼くんが恥ずかしそうに、ページをめくりながらそのページに書かれている物語を、読んでくれました。
当然字は読めないので、丸暗記です。

お嫁さんと2人でいる時、突然「きかんしゃやえもん」の物語を語り始め、ものすごく驚いたそうです。
全ページ一字一句違えず空で語ってしまい、「すごい、私には出来ない」と驚愕したそうです。
僕も長男がそれをやった時、「この子は天才だ」と思いました。
ただ毎日寝る時に読み聞かせしていただけなのに、次々に絵本を丸暗記しだし、ビックリしました。
次男もそうなり、幼児の能力の凄さを確信しました。

そうなることを話していたので、「本当にそうなっちゃいました」とお嫁さんが喜んでいます。
次男のお嫁さんは、絵本を見ながら、「うわぁ、凄い」と目を丸くしています。
「あなたもそうだったの?」と次男に聞いていますが、当然本人は覚えていません。
「遼くん、天才や~」と笑っているだけです。

家内に教えられて見た「NHKスペシャル・ママたちが非常事態・最新科学で迫るニッポンの子育て」が面白かったので、その放送の翌日、息子たち夫婦に再放送日を紹介していました。
再放送を録画して長男のお嫁さんは見たそうで、「ちょうどいまイヤイヤ期で・・・」と面白かったそうです。
次男達の家には録画機器がないそうで、お嫁さんの実家で録画してもらっているそうです。
きっと面白いと思う。

お嫁さんお妊娠でキャンセルしちゃったメキシコへの新婚旅行ですが、ニュースでジカ熱をやってるから、行かなくて良かったねと言っときました・・・ツイてるねって。
「子どもたちが大きくなった時に、両親に新婚旅行をプレゼントしてくれるよ」と言うと、そんないい子に育ったらいいけどと笑っていましたが、親がニコニコ楽しく接していたら、いい子に育つに決まっています。

「熱海でもいいんじゃない。半世紀前は、新婚旅行は熱海が定番だったんだよ」と言うと、「え~熱海~」ってこれも大笑い。
現実問題として、安定期に入れば長男のアメリカの家訪問を兼ねて、ニューヨークやワシントンへの新婚旅行もいいかもしれない。
長男夫婦は、遼くんがお腹にいる時にラスベガス旅行に行き、2人目妊娠中の3ヶ月前は遼くんを連れグアム旅行しました。
長男のお嫁さんが、「安定期に入れば、飛行機も平気だよ」と勧めています。

3時のおやつに、コーヒーと次男たちが持ってきたいちご・バレンタインマカロン、僕らが東京駅で買ったお菓子、そしてお嫁さんが手作りしてくれたチョコ味なお菓子を食べました。
長男のお嫁さんは、料理やお菓子作りのセンスが良いです・・・美味しゅうございました。

結局引っ越し仕事はありませんでした。
日本に置いておく荷物は、全て会社が用意した保管ルームで無料で預かってくれ、引っ越し荷物は業者さんが手続きも含めやってくれるそうです。
海外引越しは、特別な手続きが必要なので、下手に赴任家族がすると余計に手間が掛かっちゃうそうです。

電子レンジと冷蔵庫は、お嫁さんの実家や妹さん宅に行き、次男は50型テレビとチャイルドシートをもらうそうです。
我が家は、FAX兼用プリンターをもらうことになっており、もう要らないというスーツケースにそれを詰めてもらい、持って帰ることになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR